仕事始め

 昨日は、大学の授業だったので、実質、昨日から仕事始めとなりました。

 授業のテーマは、年始らしく”ヴィジョンの設定”です。

 理想を生きるとはなんと大切なことなんでしょうか。人は、心ひとつで仏にも鬼にもなれる存在。どちらも自分で選べるのならば、私は自信と誇りを持って生きれる生き方を選びたい。

 人生の過程で、幾度か哲学を忘れて理想から離れたことがありましたが、ヴィジョンが枯渇した生き方は、どんなにお金が入ってきても、みじめで暗い。

 もちろん完璧になんてなれるはずがないけれども、例え現実が理想とかけ離れていたとしても、自らの絶望に立ち向かい、克服することならできる。大きな志を胸に持って希望に燃えることならできる。哲学を基軸に背筋を伸ばして生きることならできる。自分を愛し人を愛し、分かり合い、分かち合うことならできる。 

 いわゆる成功者と言われる人たちは、こうしたヴィジョンをしっかりと胸に抱いていない人なんていなんじゃないでしょうか。私の知っているリーダーたちは、驚くほど情熱的です。どんなに歳を取っていてもまさに青春を生きているんです。

 以前、アフラックの創業者の大竹さんとお会いする機会があって、私にとって大竹さんはヒーローでもありお会いする前は緊張して、どんな話をしようかと一生懸命作戦を練ってお会いしたのですが、実際に会ってみると大竹さんの第一声は、「手塚さん、あなたのこころざしはなんですか!」でした。用意していた天気の話や景気の話は全部吹っ飛んでしまい、一瞬真っ白になってしまいましたね。だっていきなりこころざしなんですもの。でも、いろいろお話して、本当にこの人は理想を生きているんだということ、それも命がけで生きているんだということがわかってきた。まさにその本気さが人生を切り開いてきたんだろうと感じました。

 私は、教育の仕事を通して、こうした志の重要性を提案していきたいと思っています。自分も人も心豊かに自分らしく力強く生きていく応援をしていきたいと思っています。

 そんなヴィジョンをもとに、今年は、いろんなことに挑戦していきたいな。なんて思っています、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

明けましておめでとうござます(2013)

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

DSCF1489.jpg

写真は、新年元日の富士山です。私の実家の横須賀からとりました。

空気が澄んでいてとってもきれいにとれましたよ。

それから、今日、近所の御嶽神社さんに初詣に行き、ご祈祷をしていただいたのですが、その時に神社からなんと彩雲が見れました。なんという縁起の良さ!

DSCF1506.jpg

ことしも、家族、友人たち、会社、みなさんにとって、素敵な年でありますように!

 

 

仕事納め

 昨日は、大学での今年最後の授業で、あとは、年内の仕事は大掃除を残すのみとなりました。年内の当ブログの更新も、今日で仕事納めとさせていただきます。

 今年は、世界的な政権交代、異常気象、社会と景気の不安定、など激動の一年でしたが、弊社は、ありがたいことに、平穏に穏やかに充実した一年を過ごすことができました。これも、ひとえにお客さんや友人たち、家族やご縁をいただけているすべての方々のおかげと、心から感謝したいと思います。

 今年一年本当にありがとうございました。

 来年からも、元気で明るく頑張っていきたいと思っております。来年からも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

2012年12月21日

 今日は、ずいぶん昔から世紀末であるといわれていた日ですね。

 私も、この日が一体どんな日になるのかをずいぶん前から不安と期待を持ちながら想像していました。実際に迎えてみると、なんと平和なことか。普段と何も変わらない佳き日です。

 古代のマヤの暦が今日で終わることで、ずいぶんいろんな説が騒がれているようですが、マヤの暦の意味は、「古い時代が終わり、新しい時代が始まる」ということだそうです。そのような意味であれば、私は、大歓迎ですね。

 古い時代の暴力、酷薄、飢餓、うそ、強欲、自然破壊、分離、孤独、狂気の時代は終わって、分かり合える時代、優しさと真の強さの時代、平和とつつましい幸せの時代、自然であることを喜べる時代。きっとそんな時代へと変わっていくターニングポイントとなる日なんだろうと私は勝手に思っているのです。

 偶然にも今日は冬至の日。厳しい冬の時代は今日で終わり、明日からはゆっくりと雪解けに向かっていく日。春のこない冬が存在しないように、朝が来ない夜もありません。きっと時代は、私たちにはわからないほどゆっくりとゆっくりと健全性を取り戻していくんでしょう。

 今日は、そんなことを期待しながら、一日のんびりと平和に過ごしたいと思います。

 今日この日をこんなに普通に迎えることができたことに感謝すると同時に、素敵な未来を祈りたいと思います。

好雪片々不落別所

「好雪片々不落別所」  好雪片々として、別所に落ちず

ふる雪のひとひらひとひらは、たまたまではなく、落ちるべきところに落ちている。

 

私の大切にしている禅語です。

ポジティブシンキングという考え方が近年台頭してきており、当社でも大切にしておりますが、私どもは、なんでも都合よくとらえるというよりも、「すべてが必然だった。たとえ困難であってもそこには意味があり、受け入れて、自分の糧とすること」と考えております。

そのような意味で、この禅語は、まさにポジティブシンキングの秘儀をたった一言で表した名言、叡智の言葉だと思います。

・逆境や困難を含めて全ての体験には意味がある。

・すべては起こるべくして起こっており、間違ってない。

・勇者の人生には、困難はつきもの。
 痛みや苦痛は避けられないが、
 乗り越えられない壁もなければ、意味のない苦労もない。

そのように考えると、背負っている重荷も軽くなり、勇気をもらえる気がします。

2012年12月12日

DSCF1389.jpg

なんていうみごとな青空なんだろう。

今日この日に感謝いたします。

家族友人みんなが仲良く健康であることに感謝いたします。

このぬけるようなさわやかな青空に感謝いたします。

 

大学キャリア講座の折り返し

 大学の授業で、キャリア講座を担当しておりますが、ちょうど先週で折り返しとなりました。はやいもので今週が、全14回の8回目となりました。

 今担当している講座は、単に就活のテクニックを学ぶ講座としてではなく、長期的に自分の生き方、本当に幸せな人生、自分らしく輝いて生きるキャリア形成について探究していく講座となっております。

 大きなテーマは、①自己探求 ②コミュニケーション ③ヴィジョン となっており、ちょうど今週で①②が終了したところです。

 現在までは、学生たちは、非常に真剣で集中して授業に参加してくれており、素晴らしい学生たちのおかげで、充実した静かなパワフルな学びの場となっております。

 今後は、③ヴィジョンをテーマに学んでいくことになります。世界の動きと自分の生き方、業界動向と会社選びのポイント、前向きな生き方の重要性、志を定める、などといった重要なテーマについて学んでいくことになります。

 授業の最終講は、来年1月21日となります。あと残すところ6回分。学生たちの人生に糧となれるような良い授業をやっていきたいですね。頑張ります!

アトランティックプロジェクトリサイクル作業

 先週、弊社の新入社員研修プログラムのアトランティックプロジェクトのリサイクル作業を行いました。通常通り、家族総出で2日間にわたっての集中作業です。大変な仕事にもかかわらず、文句の一つも言わずにやり遂げてもらえて、本当にありがたく、感謝しております。

リサイクルしたセット数は多く、景気が低迷しているこの時代でも、プログラムをご利用いただけているお客様は多く、本当に感謝いたします。

 アトランティックプロジェクトは、新入社員研修として発表しておりますが、実際には、それ以外のプログラム、リーダーシップ研修やチームビルディングなどで利用いただくことが多く、新入社員研修であっても、導入研修だけではなく、フォローアップ研修、内定者研修、インターンシッププログラムとしてご活用いただけております。開発当初には思いもよらなかった幅広い形でご活用いただけて、弊社としても意外な驚きを関しております。

 リストラなど、ドライな経営手法が多用され、企業の冷たい対応が当たり前のように感じている昨今ですが、そのような関係性を薄め、信頼関係を損なう政策からもたらされるものは、価格競争戦略という激しい消耗戦でしかありません。

 日本はもともと創意と工夫によって成長を遂げてきた国であり、まさにイノベーションと奇跡が成長をもたらしてきたはずです。頭も勇気も使わないコストリーダーシップ戦略は、日本の得意とする戦略ではなかったはずなのです。

 私は、もう一度日本の企業の良さを取り戻すように訴えたいですね。単なるディスカウントではなく、イノベーションによる成長、ロマンを求める経営、抑うつではなく勇気で突破できるイノベーションを取り戻してほしいと切に願いますね。

 そうした創造性に特化した差別化戦略は、まさに強い絆から生まれてくるもの。奇跡は信頼関係からこそ生まれてくるものです。

 弊社のプログラムが、そうした元気と勇気と信頼の回復に貢献できるよう、今後ともしっかりとがんばっていきたいと思います。

WEBを更新しました

 弊社のWEBを、ほんの少しだけ更新しました。ほんとうは、もっと大々的に修正していかなければならないところもあるのですが、今回は、ほんの少し化粧直し程度の修正です。

 写真を2か所だけ変えました。WEBの顔ともいえる部分の写真です。トップページの一番上の木漏れ日の写真と人間性心理学の解説ページの一番上のコンセプト写真です。

 最近、奥さんが一眼レフを手に入れて、いずれの写真もその新兵器でとったものです。弊社のWEBは、あまりかざりっ気がないので、これからも折に触れて良い絵を入れていきたいなと思っています。専属の写真家さんもできたので、今後が楽しみです。