職場リーダー研修を担当しました(20130212)

 S社労働組合 職場リーダー研修を担当いたしました。概要は以下の通りです。

【職場リーダー研修概要】

<テーマ>「新しい時代をリードする職場リーダーとなるために」

<ねらい>

      1.新しい時代の労働組合の哲学とあり方を学ぶ。

      2.自信と誇りの重要性を学ぶ。

      3.コミュニケーションスキルを学ぶ。

      4.価値観の対話のスキルを学ぶ。

      5.”こころざし”の重要性を学ぶ。

<内容>

セッション1 新しい時代の労働組合の哲学とあり方

 ①新しい時代の労働組合の哲学

 ②B動機のリーダーシップに基づく新しい労働組合の在り方

セッション2 組合員のキャリア支援の基盤となる自信と誇りの重要性

セッション3 組合活動の基盤となるコミュニケーションスキル

 ①コミュニケーションの重要性

 ②コミュニケーションの改善ポイント

セッション4 職場リーダーに必要な価値観対話のスキル

セッション5 リーダーシップの基盤となる”こころざし”の重要性

   ①前向きに生きる

   ②志を定める

 

 会場は鹿児島、2日間にわたるプログラムでした。

 時代の激変とともに労働組合のあり方が問われるようになってきています。従来の「組合員を守るために経営と戦う」といったあり方、もちろんそうしたあり方も大切なのですが、果たしてそれだけでいいのだろうかという問いが今起こっています。

 そうした時代背景の中で、組合の新しい方向性とあり方、および、そのような組合を導くリーダーに必要な要素を探求することをテーマとするプログラムでした。

 新しい時代の組合のあり方には、様々な考え方があると思いますが、私どもは、組合員の本当に幸せな自分らしく力強い職業人生を後押しし、支援するという理想を追求することこそ新しい労働組合のあり方なんだろうと考えております。

 こうした考え方、スタンスは、①成功の保証がないこと ②成果が見えづらいこと ③見通しが立ちづらいこと から、説明責任を引き受け、ポリシーを貫き通すことが、非常に大変であり、リーダーにとって勇気と根気と苦労が必要な哲学なのですが、S社の組合リーダーのみなさんは、こうしたリスクを引き受けたうえで、組合をより真実味ある人間的な、本当に組合員に役に立てるものであるあり方に導くべく、今回の研修を導入された次第です。

 こうした組織の変容を促す勇気ある施策を実現している組合リーダーのみなさんに感服し、敬意を表すると同時に、そうした大切な教育プログラムを担当させていただけましたことを大変光栄に思っております。

 メンバーのみなさんは、私たちがややもすると忘れてしまっている大切なもの=情熱、熱い志、不屈の精神、強さ、一本気、思いやりと優しさ を兼ね備えている誇り高い紳士淑女、気の置けない仲間たちであり、決して器用であるわけではありませんが、信頼のおける頼りがいのある素晴らしいリーダーたちでした。

 鹿児島、桜島の気高さ、雄大さ、強さ、温かさの風土に共通するものがあるような気がいたしました。

 素晴らしいメンバーのみなさん、本当にありがとうございました。またこのプログラムの導入と運営にあたって一方ならぬご支援をいただいた皆さんに心から感謝いたします。本当にありがとうございました。

 厳しい時代ではありますが、こうした素晴らしい人財があれば、どんな困難も乗り越えていけるはずという強い思いを確信できました。みなさん、ともに、よき未来を拓くべく、頑張りましょう。本当にありがとうございました。

来週の研修準備

 来週は、大きな研修の仕事が2本連続で入っています。1つは、労働組合の職場リーダー研修、もうひとつは、大学のサークルリーダー研修です。

 それぞれが2日間のプログラムですので、丸々1週間が仕事WEEKとなります。

 今週は、その仕事に向けてのテキスト作成などの準備をしなければなりません。同時に大学の成績をつける仕事も今週中がリミットですので、今週は、大忙しとなります。

 そんなわけで、今週来週と、なかなか更新が思うようにいかないと思います。どうぞご容赦ください。出張から帰ったらまたご報告をしていきたいと思います。

大学の授業が終了しました

 昨日、大学のキャリア教育の授業が終了しました。講座は、半期で、長期的に自分らしく輝く生き方を探求することがテーマとなっています。

 ①自己探求 ②コミュニケーション ③志の設定 の3つを大きな狙いとして、昨年の夏から14回にわたって授業を展開してきました。

 今回の授業も、すばらしい学生たちの協力で、静かで穏やかでパワフルで充実したよき学びの場となることができたとおもいます。

 最終的には、学生たちの夢や志を明確にしていく内容になっているのですが、最終講では、学生たちの多くの夢が発表され、力強い志と触れ合うことができました。学生たちには、この志を大切に胸に抱いて、力強く生きてほしいと願いましたね。

 現代の不透明な時代では、求められる人材は、単なる頭の良い人や体力のある人、性格の良い人というだけではなく、要するにリーダーシップを発揮できる人。振り回されるのではなくブレない人、従う人ではなくリードする人、人のヴィジョンに巻き込まれる人ではなく自分でヴィジョンを立て構想を練り人の協力を仰げる人こそが求められる人材像となります。そのような生き方をするためには、まさに志は必須要素。

 学生たちには、そのような力強い生き方、奇跡の生き方、本来の自分らしい生き方を歩んでほしいと思います。学生のみなさん、厳しい時代ですが、みなさんなら必ず未来を開ける。ともに人生にチャレンジしていきましょう。

新入社員内定者研修を担当しました(20130114)

 先日、都内K社で新入社員内定者研修を担当しました。弊社のアトランティックプロジェクトと言う経営シミュレーションプログラムをベースに2日間で展開しましたが、素晴らしいメンバーとスタッフのみなさんに恵まれて、とても充実したよき学びの場となりました。

 昨日、先方の担当スタッフの方から、参加メンバーのアンケート結果をいただいたので、一部ご紹介しましょう。

新入社員内定者研修”アトランティックプロジェクト”感想】

・初日は非常に緊張していましたが、終わるころには終わるのが惜しいような、すがすがしい気分で終わることができました。内容自体もチーム全体でコミュニケーションを図るもので、同期の方々とも大いに親睦を深めることができました。研修を通して、ますます入社への期待が高まり、仕事への熱意を改められたと思います。

・2日間という短い期間で、初対面の方とこれほどまでに絆が深まったことはなかった。最初はぎくしゃくしていたが、いつの間にか溶け込んでいて、信頼関係が多少なりとも生まれていたと感じたことも印象に強い。それほどまでに濃い内容の研修を受けることができ、満足と同時にうれしい気持ちでいっぱいである。

・非常にためになる研修であった。実際の業務で役に立つだけではなく、コミュニケーションをとるうえでの心構えも身についた。また、自分自身についても考えさせられることが多く、これから社会人になるという意識と責任をより強く感じるようになった。

・全体的に大変面白い上に、勉強することの多い、濃密な時間を過ごすことができた。ゲーム感覚の作業を夢中で取り組んだからこそ、いつの間にか得て実行していた重要なファクターを頭で理解し、行動で吸収できたのだと思う。またコミュニケーションをとる機会が多かったのも、チームで働くために必要なスキルを向上させる助けになっていたのだと思う。

・研修と聞き、ビジネスマナーや業界の知識など、勉強勉強というイメージを持っていたので意外であった。講師の方のお話を聞いたり、チームで意見交換したり、手作業をしたりと、長時間にもかかわらずメリハリがあり、どのセッションも集中して取り組めた。自分自身を見つめることも多く、一つの成長の足掛かりとなった。

・多くの先輩や内定者の方々とかかわることができ、「この方々と一緒に仕事をしたい」という気持ちがさらに強くなりました。

・他の内定者と親睦を深めることができ入社前の不安がなくなりました。

・実際に皆と一緒になって行動できたことは良い経験となりました。研修前に少なからず不安を持っていましたが、また春に集まることが楽しみになりました。

・参加前は、チームに迷惑をかけないだろうか、コミュニケーションは図れるだろうかなどネガティブなことを考えていたが、進行に従っていたら、その不安はいつの間にか無くなっていた。チームで議論をしたり作業をしたりするのが、こんなにも楽しいことなのかと思う機会が何度もあった。最終日にはこのチームで何か仕事がしたいと思えるくらい、コミュニケーションも図れたと思う。本当に貴重で素晴らしい体験をすることができて、大変満足している。

 

 内定者のみなさん、素敵な感想をありがとうございました。私も、決して器用ではないけれども、さわやかで誠実な皆さんと共に学ぶことができて、とてもうれしく思っています。

 勝負は入社後です。それまで、くれぐれも健康を大切に、しっかりと単位を取って、万全を期して4月を迎えてくださいね。みなさんなら必ず成功できる。私が保証します。実社会は決して甘いところではありませんが、共にがんばりましょう。応援しています!

仕事始め

 昨日は、大学の授業だったので、実質、昨日から仕事始めとなりました。

 授業のテーマは、年始らしく”ヴィジョンの設定”です。

 理想を生きるとはなんと大切なことなんでしょうか。人は、心ひとつで仏にも鬼にもなれる存在。どちらも自分で選べるのならば、私は自信と誇りを持って生きれる生き方を選びたい。

 人生の過程で、幾度か哲学を忘れて理想から離れたことがありましたが、ヴィジョンが枯渇した生き方は、どんなにお金が入ってきても、みじめで暗い。

 もちろん完璧になんてなれるはずがないけれども、例え現実が理想とかけ離れていたとしても、自らの絶望に立ち向かい、克服することならできる。大きな志を胸に持って希望に燃えることならできる。哲学を基軸に背筋を伸ばして生きることならできる。自分を愛し人を愛し、分かり合い、分かち合うことならできる。 

 いわゆる成功者と言われる人たちは、こうしたヴィジョンをしっかりと胸に抱いていない人なんていなんじゃないでしょうか。私の知っているリーダーたちは、驚くほど情熱的です。どんなに歳を取っていてもまさに青春を生きているんです。

 以前、アフラックの創業者の大竹さんとお会いする機会があって、私にとって大竹さんはヒーローでもありお会いする前は緊張して、どんな話をしようかと一生懸命作戦を練ってお会いしたのですが、実際に会ってみると大竹さんの第一声は、「手塚さん、あなたのこころざしはなんですか!」でした。用意していた天気の話や景気の話は全部吹っ飛んでしまい、一瞬真っ白になってしまいましたね。だっていきなりこころざしなんですもの。でも、いろいろお話して、本当にこの人は理想を生きているんだということ、それも命がけで生きているんだということがわかってきた。まさにその本気さが人生を切り開いてきたんだろうと感じました。

 私は、教育の仕事を通して、こうした志の重要性を提案していきたいと思っています。自分も人も心豊かに自分らしく力強く生きていく応援をしていきたいと思っています。

 そんなヴィジョンをもとに、今年は、いろんなことに挑戦していきたいな。なんて思っています、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

明けましておめでとうござます(2013)

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

DSCF1489.jpg

写真は、新年元日の富士山です。私の実家の横須賀からとりました。

空気が澄んでいてとってもきれいにとれましたよ。

それから、今日、近所の御嶽神社さんに初詣に行き、ご祈祷をしていただいたのですが、その時に神社からなんと彩雲が見れました。なんという縁起の良さ!

DSCF1506.jpg

ことしも、家族、友人たち、会社、みなさんにとって、素敵な年でありますように!

 

 

仕事納め

 昨日は、大学での今年最後の授業で、あとは、年内の仕事は大掃除を残すのみとなりました。年内の当ブログの更新も、今日で仕事納めとさせていただきます。

 今年は、世界的な政権交代、異常気象、社会と景気の不安定、など激動の一年でしたが、弊社は、ありがたいことに、平穏に穏やかに充実した一年を過ごすことができました。これも、ひとえにお客さんや友人たち、家族やご縁をいただけているすべての方々のおかげと、心から感謝したいと思います。

 今年一年本当にありがとうございました。

 来年からも、元気で明るく頑張っていきたいと思っております。来年からも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

2012年12月21日

 今日は、ずいぶん昔から世紀末であるといわれていた日ですね。

 私も、この日が一体どんな日になるのかをずいぶん前から不安と期待を持ちながら想像していました。実際に迎えてみると、なんと平和なことか。普段と何も変わらない佳き日です。

 古代のマヤの暦が今日で終わることで、ずいぶんいろんな説が騒がれているようですが、マヤの暦の意味は、「古い時代が終わり、新しい時代が始まる」ということだそうです。そのような意味であれば、私は、大歓迎ですね。

 古い時代の暴力、酷薄、飢餓、うそ、強欲、自然破壊、分離、孤独、狂気の時代は終わって、分かり合える時代、優しさと真の強さの時代、平和とつつましい幸せの時代、自然であることを喜べる時代。きっとそんな時代へと変わっていくターニングポイントとなる日なんだろうと私は勝手に思っているのです。

 偶然にも今日は冬至の日。厳しい冬の時代は今日で終わり、明日からはゆっくりと雪解けに向かっていく日。春のこない冬が存在しないように、朝が来ない夜もありません。きっと時代は、私たちにはわからないほどゆっくりとゆっくりと健全性を取り戻していくんでしょう。

 今日は、そんなことを期待しながら、一日のんびりと平和に過ごしたいと思います。

 今日この日をこんなに普通に迎えることができたことに感謝すると同時に、素敵な未来を祈りたいと思います。

好雪片々不落別所

「好雪片々不落別所」  好雪片々として、別所に落ちず

ふる雪のひとひらひとひらは、たまたまではなく、落ちるべきところに落ちている。

 

私の大切にしている禅語です。

ポジティブシンキングという考え方が近年台頭してきており、当社でも大切にしておりますが、私どもは、なんでも都合よくとらえるというよりも、「すべてが必然だった。たとえ困難であってもそこには意味があり、受け入れて、自分の糧とすること」と考えております。

そのような意味で、この禅語は、まさにポジティブシンキングの秘儀をたった一言で表した名言、叡智の言葉だと思います。

・逆境や困難を含めて全ての体験には意味がある。

・すべては起こるべくして起こっており、間違ってない。

・勇者の人生には、困難はつきもの。
 痛みや苦痛は避けられないが、
 乗り越えられない壁もなければ、意味のない苦労もない。

そのように考えると、背負っている重荷も軽くなり、勇気をもらえる気がします。