カテゴリー別アーカイブ: 02.経営日誌

2019年本年1年ありがとうございました

とうとう年末ですね。

当社は、いくつかの講座や授業や営業など、年末にかけておかげさまで忙しく動いておりました。サーバーの引っ越し問題もあり、バタバタと仕事を持ち越して、本日ようやく少しお掃除も手掛けることが出来た次第です。

本年も、多くの方々にご指導ご鞭撻をいただき、楽しく仕事をさせて頂くことが出来ました。とても充実した一年だったと感じております。

これも、ひとえにご縁を頂いた皆様のおかげです。本当にありがとうございました。

心から感謝申し上げます。

お正月は、ゆっくりとのんびりと過ごし、英気を養おうと思っております。

皆様も、どうぞよいお年をお迎えください。

サーバーの引っ越し作業終了

今年の夏の終わりくらいに当社の主幹のレンタルサーバーさんより、今年の12月27日をもってサービス停止となるので対処してほしいとの連絡をもらいました。

「えっ、サービス停止ってどういうこと…、このままでは当社WEBが消えるということ…、とてもまずいじゃないの!!」

と、とてもとてもびっくりしてあわてて対処しておりました。

本日、その一連の騒動がようやく解決して、無事に引っ越しできましたので、ご報告いたしますね。

そもそも、レンタルサーバーさんが、お客さんに「辞めますから引っ越してください」などと言う乱暴なことを一方的に突然言ってくるなんていうことがあるということが信じられず、その傍若無人さにしばし呆然となったと同時に、そんな大切な事をメールで連絡することや、至極当たり前のことのように淡々とことを進めようとすることに大変理不尽さを感じて、怒る相手もいないのに一人憤慨していた次第です。

一時期は、突然、

「うーーーん、こまった!」「いかぁーん。」「あぁ、なんてことだぁぁぁ。」

などと独り言をいうものだから、妻が相当心配しておりました。

しかしどんなに憤慨しても停止してしまうことには変わりません。しかも数ヶ月後です!

主幹サーバーさんからは、移管のプランの提案を頂いており、グループ企業のサーバーへの引っ越しを責任をもって面倒を見るとの内容でした。ですのでこの際すべてお任せしようとしたのですが、データー移管の失敗に続き、様々なトラブルが続いてしまって、最初に移管手続きをしてからうまくいかないままで2か月経ってしまい、あっという間に12月の締め切りまじかとなってしまいました。

このような次第でもあり、主幹サーバーにお任せするのではなく、自分でやり遂げようと一大決心をして、ドメインの移管とサーバーの引っ越しを自分自身ですることになってしまったのでした。

自分でサーバーの引っ越しをすると言っても、素人が、「はいそうですか」とできるものでもありません。単なるデータの移管なのでコピペで簡単に終わりそうですが、実は、そんなに簡単なものではありません。データベースなどのわからない不具合が多発し、元あった通りにWEB上で見れるようにするという当たり前のことをやり遂げるのが、とてもめんどくさく難しいものなのです。

・まずは、自分と相性の合うサーバーさんを探して契約し

・ドメインの移管手続きを行って

・HTML文書のデータを移転し

・データベースのデータをインストールして

・さまざま起こる不具合を調整して復元する

ことを全てやり遂げなければなりません。

「この年末の忙しい時期に、なんてことなんだ…」と思わず天を仰ぎたくなった次第です。

「困ったら相談に乗るよ」と温かい言葉をかけてくださったお客様もいらっしゃったのですが、事態に対処しなければならなかった日が土日で連絡の取りようもなく、一人で独り言をつぶやきながら、憤慨しながら、べそをかきながら一つ一つ問題を解決して、ようやくここまで漕ぎついた次第です。

とりあえずは、ホッとしております。

新しいサーバーさんは、スターサーバーと言うサーバーさんで、私とは相性が合うようです。

管理画面がとても分かりやすく、ほとんどマニュアルを見なくともさくさくと操作を進めることが出来ました。

自由に使えるデータベースが20個もあって、さっそくsqlデータをインストールしたところ、プログラムとの連結も非常にうまくいって、想定通りにブログやオンラインショップを再起動させることもできました。

しかも、費用が以前のサーバーさんに比べると半額です!

これならば、今後もWEB仕事はストレスなしで進めていけそうで、相性の合う業者さんとの出会いが不幸中の幸いでした。

このようなわけで、ここ数か月間、WEBが見れないなどの不具合でご心配、ご迷惑をおかけいたしました。

改めてお詫び申し上げます。

これからも、しっかりとがんばって、愛される良きホームページをつくっていきたいと思っておりますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

サーバーの引っ越し作業2

現在、サーバーの引っ越し作業を行っています。現在サーバーをお願いしている業者さんが、サービスを12月末に廃止するとのことで(そんなことあるんですね!)、望んでいるわけではありませんが、引っ越しせざるを得ない状況です。

業者さんと打ち合わせをして、業者さんが主導で引っ越しをしてくださるとのことで、10月10日に作業を行い完了する予定でしたが、トラブルが発生して、引っ越しが中断している状況で、今後、どのように対処できるか今検討中です。

いずれにしても引っ越しは完了しなければならないので、作業はしばらく続く予定です。

ご迷惑をおかけしないように対策をとっておりますが、万が一の時(メールが送れない、画面が見えない、オンラインショップで購入できない、など)には、直接会社にご連絡を頂けますようお願い申し上げます。

有限会社ヴィーナスアソシエイション代表046-884-9824

ご迷惑をおかけすることもあると存じますが、どうぞご容赦のほどお願い申し上げます。

サーバーの引っ越し作業をしています

19/10/1現在 サーバーの引っ越し作業を行っています。
ご迷惑をおかけしないように対策をとっておりますが、万が一の時(メールが送れない、画面が見えない、オンラインショップで購入できない、など)には、直接会社にご連絡を頂けますようお願い申し上げます。

有限会社ヴィーナスアソシエイション代表046-884-9824

なお、引っ越し作業は10月10日まで続く予定です。

ご迷惑をおかけすることもあると存じますが、どうぞご容赦のほどお願い申し上げます。

新人研修シーズンのお礼と今後の予定

2019年度の新入社員研修のシーズンもひと段落つきました。

当社より発表しておりますアトランティックプロジェクトも含めて、ずいぶん多くのお客様に新入社員研修に関するお仕事をいただきました。

大変光栄でありがたいと感じております。また、研修の際には、今年度ご縁をいただいたお客様に、一方ならないお世話をいただき、心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

改めてご活用いただいたお客様方にご連絡をして、感想など、ざっとではありますがお聞きしております。おかげさまで今年も良き研修ができたとのお言葉をいただいており、とてもありがたく、うれしく思っております。お客様の言葉で勇気づけられます。ありがとうございます。

今年の新入社員の皆さんも大活躍だったそうです。超売り手市場の中で内定を得た学生たちなので、苦労知らずの甘えた心境の新人も多いのではないだろうかなどと心配しておりましたが、ふたを開けてみたら、まったくそんなことはない、むしろ、しっかりと将来を見据えて、前向きにキャリアを伸ばしていこうとする元気で強い意志を感じました。少なくとも私が出会った新人たちは、元気と行動力と愛嬌のある若者たちで、きっと職場で上司や先輩たちにかわいがられることだと思います。将来の大活躍が楽しみです!

4月から2か月たち、もう初夏に差し掛かっている現在、新人研修はひと段落つき、すでに、2020年度の採用に向けてのシーズン真っただ中となっています。人事ご担当者の皆さんもこれから夏場にかけて、猛烈に忙しい時期となられると思います。どうぞお体たいせつに、ご自愛ください。

 

私どもも、これからの研修予定もさることながら、新プログラムを発表することを考えており、やるべきことが目白押しです。

実は、とても素敵な新しいプログラムを近日中に発表したいと思っております。これは、イノベーションをテーマとした研修プログラムで、アトランティックプロジェクトと同様に、マニュアル化と教材レンタルによって、講師派遣でも内製化も実施できるプログラムとなる予定です。

自画自賛ではありますが、とてもとてもエキサイティングで楽しく、勉強になるプログラムだと思います。

乞うご期待!

新入社員研修のシーズンが始まりました

当社より発表しておりますアトランティックプロジェクトと言う経営シミュレーションのプログラムは、新入社員研修でも多数ご活用いただいておりますが、今年も、多くのお客様にご活用いただくことが決まっており、おかげさまで日々充実して仕事をさせて頂いております。

今年は、新規にご導入いただいたお客様も数社いらっしゃって、導入に向けての打ち合わせを重ねてきました。

打ち合わせのたびにプログラムが磨かれてきて、目的に沿った本当に良いプログラムに収斂されていく過程をまさに体験出来て、私自身も大変勉強になったと同時に、ご担当の方々の見識と意識の高さに感服した次第です。

来年度に向けて、公式のプログラムにも改善を加えていきたい気持ちが高まっており、バージョンアップ版を近い将来発表する予定です。

これも素晴らしいお客様との出会いのおかげと、心から感謝申し上げます。

現在、教材の作成と出荷に向けて、日々忙しく稼働しております。日々の仕事は妻と二人で回しておりますが、相棒も相当くたびれているはず、文句ひとつ言わずに頑張ってくれており、これも頭が下がります。当社のキャプテンに感謝です。

既に、実施されて終了している企業さんも数社いらっしゃいます。

多くはこれからの実施で、4月の末くらいまで続きます。

今年も、体力気力を充実させて、本当に良い学びの場を提供できるように、しっかりとがんばりたいと思います。

仕事おさめ(2018)

今日は、当社の仕事納めです。

午前中に、本年最後のお客様向けのプレゼンテーションのお仕事をやり遂げて、

午後は、もろもろやり残しているお仕事をし、気になっていた庭先のお掃除をして、いまこうして当ブログと向き合っているところです。

それにしても、今年はさまざまな挑戦をした年でした。

当ブログをなかなか更新できなかったので、その多くはご紹介できませんでしたが、今までにはやったことのない実習や文章、プログラムを立ち上げ、実践で活用できるようになってきました。

その多くは成功しており、それらのアイデアは、今後の種となって、来年以降、新商品プログラム、書籍、などとして芽を出しそうです。

また、多くのお客様にもご支援、ご指導いただきました。

提携関係にあるアソシエイト企業の皆さんとも良きパートナーシップを育むことができて、今年はきっかけとなるいくつかの仕事も実現しました。来年度からは、大きく花開く予感です。

こうしてみると、今年はまさに、新たな土地を耕して、新しい種を植えることに取り組んだ年でもありました。未だ結実までは至ったとは言えませんが、未来への希望を膨らませることができました。イノベーション元年ともいえると思います。

その意味で、本年もとても満足ができる年でした。これも、ひとえに支えてくださっている方々のおかげです。

ご縁をいただいた方々、企業様方には心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

そして、来年もよろしくお願い申し上げます。

本ブログにご縁をいただいている方々も、更新が少ない中、お付き合いを頂けて、とてもうれしいです。ありがとうございました。

今年植えた種が芽生えてきたら、新たに書きたい理論や考え方をもっともっとかけるようになると思います。来年からは、もう少し頻繁に更新していきたいと思っております。こうご期待くださいませ。

では、みなさん、本年1年ありがとうございました。どうぞ良きを年をお迎えください。

アトランティックプロジェクト説明会を開催しました(20180802)

8月2日に、弊社の経営シミュレーションのプログラム「アトランティックプロジェクト」の体験説明会を開催いたしました。

お申込みは18名、参加メンバーはキャンセルが出たので16名。会場の都合もあり定員を18名と設定しているので満員での開催となりました。

人数も多く、またスキルの高い素晴らしいメンバーの皆さんでもあったので、一部グループワークの体験を交えた本会は、とても充実した素晴らしいエネルギーに満ちた会となりました。

ご参加いただけたメンバーの皆様には、心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

おかげさまで、アトランティックプロジェクトは、2006年に発表以来、順調にご活用いただける範囲を広めており、元気と勇気と信頼の回復の輪が着実に大きくなってきております。

これも、コンセプトに共感頂いて、人に対してやさしく、温かく応援し、信念と熱い情熱をもって教育に関わろうとされていらっしゃる仲間たちのおかげです。

本当にありがとうございます。

プログラムの発表当初、外資系の企業さんで本プログラムを実施した折に、イギリス人のメンバーの方より、「このプログラムはエクセレントだよ。本国にもない、今まで見たこともない素晴らしいトレーニングプログラムだ」とお褒めの言葉を頂いたことがあります。

そのお言葉をもとに、私は、本プログラムを世界一のプログラムにしたいのです。世界中でこの楽しくロマンティックで人間関係の本質、信頼や愛、勇気を学べるプログラムを展開して、世界の愛と勇気と信頼の回復を応援して、世界を変えていきたいと志しているのです。

まだまだ端緒についたばかりですが、大志に向けてしっかりと頑張っていこうと改めて思った次第です。

天使降臨?

ずいぶん更新をお休みしておりました。
ご無沙汰しており、ごめんなさい。

おかげさまで、いろいろとお仕事をいただいており、そちらに集中しておりました。

お仕事関係の記事ではないのですが、昨日、自宅兼事務所の近くで美しい空の写真が取れたので、ご紹介します。

昨日は、雨上がりでもあり、特に青空が美しく、それを背景にとてもユニークな形の美しい雲たちが優雅に流れていました。

20180710_105147

20180710_105225

何と美しい姿でしょうか。

私の自宅兼事務所は、横須賀の低い山の7合目付近にあるのですが、山の山頂が自然公園でもあり、とても自然に恵まれている、と言うかジャングルの中のような様相です。

だからこそでしょうか、時々こうした美しい自然の姿を見せてくれることがあるのです。

中には、こんなに不思議な形の雲もありましたよ。

20180710_110216

誰ですか!クリオネ、なんて言っている人は!

私も若干そう思わなかったこともないのですが、どことなく気品と気高さを感じて、頭が下がりました。

最近、大地震、大水害、などなど、世紀末の様相です。

西日本大豪雨で被災された方々が、一日も早く復旧されますように。

どうぞ、これ以上の痛みや苦しみがなく、平和がやってきますように。

アトランティックプロジェクト開発物語

4月中旬を超えて、新入社員研修のラッシュも一段落つき始めました。

当社の新入社員研修プログラム「アトランティックプロジェクト」は、今年も大活躍であり、3月末から多くの企業様の新入社員研修で活躍し、これからは数社のご実施を残すのみとなっております。

続々と実施後のご連絡を頂いており、「大成功でした」「受講者メンバーのコミュニケーションが一気に高まった」「赤字を出したチームもあり、経営の厳しさを体で学んだようです」「楽しくとても盛り上がりましたよ」などなど、うれしいご報告を頂いております。こうした声を頂けることは、研修プログラムを提供するコンサルタント会社としてこの上ない喜びでもあり、光栄な心境です。

ところで、このアトランティックプロジェクトは、発表以来今年で10周年目となります。

昨日、妻とアトランティックプロジェクトを開発した頃の思い出話などをしておりまして、古い資料などが出て参りましたので、こちらで少しご紹介をしていきたいと思います。

アトランティックプロジェクトは、一連のストーリー展開のプログラムとなっており、古代の神話に基づく古代の乗り物を復元するという架空の仕事をアトランティックプロジェクトと名付けております。

古代の神話とは、これも架空の神話ですが、「風の王様に飛ばされてしまった風の卵を、風の玉座に返す」ための冒険譚であり、そのために使われた車がアトランティックカーという設定です。風に飛ばされた風の卵を元に戻すので、風の吹いてくる方向に向けて吹いてくる風の力で走る車であり、完成したアトランティックカーをうちわで扇ぐと、本当に風に向かって走ってきます。

プログラムでは、ストーリーの中の謎を解き、チームで協力してアトランティックカーの復元の経営シミュレーションをする展開となります。そうした体験から、コミュニケーション、チームスキル、PDCA、組織の仕組み、企業財務などについて学ぶことになるのです。

ストーリーがユニークでもあるので、発表当時、お客様から「このプログラムにはイラストが必要」というご意見を頂き、プログラムの完成の最終段階で、イラストの作成に挑戦した次第です。

イラストを作ると言っても、私どもは当時、イラストに関しては何の知識も経験も無く、全くどうすれば良いのか分からなかったので、私の実家に相談をしたのでした。私の実家の父や母は、実は、趣味が多彩で、絵や彫刻、切り絵や裁縫など、さまざまな美術作品を作っているのです。

実家の父が私の話を聞いてくれて、図書館などさまざまなところに行って調べ、作ってくれた「風の王様」のイラストがこれ、

風の神レイヤー1のコピー-001

送ってもらった時に「ありがとう、あぁ、、、う~ん、、、なんだかなぁ~、ちょっとイメージが違うな~、」等と言ったことをよく覚えています。

では、おまえが書いてみろと言うことで、絵の才能が全くない私が、いろいろな試行錯誤をして、苦労を重ねて書いた作品が、これ、

ap1

私の父にこの元画を送ったところ、「あぁ、、、う~ん、、、なんだかなぁ~」などと、これまた決して最高の反応ではなかったことをよく覚えております。

ボツになったとはいえ、これが私の最高作品であり、どう努力してもこれ以上の作品はできないことは自分でもよく分かっており、どうすればいいだろうと煮詰まっていたところ、私の妻が、困っていた私の様子を見て、なにやら密かにイラストを描き始めてくれたのです。

そしてできあがった作品がこれ、

ap2

なんと言うことでしょう、実にすばらしい作品です。イメージ通りというか、イメージを超える作品。むしろ、私にとっては、古代の出土品のあらゆる芸術作品を凌駕する出来、スタジオジ〇リのナウ〇カ、ラピ〇タを超える生命力を感じたのでした。

妻にはあまり反応は見せなかったのですが、実は内心では相当びっくりしており、「これは奇跡だ!」「これでとうとう完成できる!」と本当にうれしかったことをよく覚えています。

 早速、実家にFAXでこのイラストを送ったところ「これだよ、これ! すごいじゃないか!!」などと喜んでくれて、実家の父と母が、この王様のイラストを元に、完成作品を作ってくれたのです。それが、この作品、

S

このイラストは、PCで作ったわけではありません。これは、切り絵なのです。デジタルではなく、とてもアナログな手作り作品なのです。

妻が作ったイラストを実家の父が丁寧に切り抜き、他の車の切り絵、背景画と組み合わせて、いかにも古代から出土した石版の様相に作り上げてくれたのでした。

これこそが、ご存じ頂いている現在のアトランティックプロジェクトのコンセプトイラストとなっております。

こうして振り返ってみると、アトランティックプロジェクトは多くの人たちの愛情と思いでできあがってきた作品であり、本当に誇らしい当社の作品であると改めて感じた次第です。

もっともっと営業をがんばって、日本一、いや世界一のプログラムにしていきたい、というかしていくぞ!などと思った次第です。