体験学習とは? 体験学習の原点

<体験学習の原点>

 体験学習の歴史は、K.レヴィン(Lewin,K,.1890-1947)の活動に端を発しています。
 レヴィンは、社会心理学の偉人であり、小集団の人間関係(コミュニケーション、リーダーシップ、信頼関係など)がそのパフォーマンスに大きな影響を与えているだろうとの考え方をもとに、多くの小集団の実践研究を展開し、グループダイナミクスと呼ばれる小集団の社会心理学の分野を創始しました。

 彼の研究を通して発見された理論や方法は、大変効果的で有用なものが多く、『パーソナリティの力学説』『アクションリサーチ』『力の場の理論』『グループダイナミックス』など、現在でも多くの理論や技術が幅広く活用され、応用されています。
 その技術の中の1つに、Tグループと呼ばれる人間関係を学ぶことを目的とした学習方法があります。

 Tグループは、「人間関係スキルの向上、個人の人間的成長、リーダーシップなどのグループスキルの向上」などを目的として開催される集中セッションであり、通常5泊6日程度の合宿で開催されることが多いといえます。
 プログラムは、主に、Tセッションと呼ばれる80分にわたる集中セッションが、休憩を挟んで1日4~5回程度繰り返される展開となります。
 Tセッションでは、椅子だけが人数分円形に並べられており、ファシリテーターとメンバーは、自由に着席します。実施内容は、何も決められておらず、すべてがその場で起こったことを元に進められていきます。学習の素材は、「いまここ」であり、今ここで起こっている気持ちや人間関係、ダイナミックスを個々人が言語化して、お互いに対話することを通して理解を深めていく展開となるのです。
 主に、昼食後の午後一番には、Gセッションと呼ばれるセッションが実施されることがあります。Gセッションとは、Tセッションとは違った状況の中で、プロセスへの理解を促進するために実施されるセッションで、あらかじめ構造化された実習やツールを使用して自分について、自他の影響関係について学ぶことになります。実習は、たいていよく工夫されており、刺激的で、楽しいことが多く、グループで起こっている人間関係やダイナミックスが浮き彫りになり、とても探求しやすくなることが多いといえましょう。

 体験学習とは、実は、このTグループを応用した学習方法であります。
 現実的に6日程度の日程を研修に使えない企業や組織の事情を背景に、もっと短時間で効果的な方法をということで、主に、Tグループにおける午後一番で実施される構造化された実習を元にしたGセッションだけを集めて実施するようになったものが、体験学習だったのです。

体験学習とは? 体験学習の効果

体験学習の目指すもの、そのねらいは、主に、個人の領域と集団の領域に分けることができます。

1.個人の領域
 体験学習は、ありのままの現実を良く観察することを通して、本質や可能性を探究してく方法であり、個人が本来持っている自然でリアルで限りない力や可能性と出会い、本当にそう生きたい生き方や自分らしく輝いて生きる生き方を後押し、支援ができる優れた方法です。
 体験学習を通して個人が学ぶことができる要素の代表として、私どもは以下の項目を考えております。

①主体性
自分自身が感じたことや気づいたことを信じ大切にして、その体験をもとに学ぶことを繰り返すことで、自分のコントロールセンターを、他者の権威に置くのではなく、自分自身でつかみとり、ついには自分の人生を自分らしく輝いて生きる主体性を獲得することにつながります。

②自己信頼と自尊心の回復
等身大で、ありのままの自分自身を探求することを通して、自分の注意すべき点に気づくと同時に、思ってもみなかったような輝かしく大きな存在としての自分自身に気づくことが多く、自分の中に深く根付いている否定的な自己概念が解かれて、よりリアルで自然で健康的で偉大な存在としての自己を回復することにつながります。

③落ち着きと集中力
ありのままを一旦受け止めてみること、現実をそのままで観察してみることを繰り返すことで、その場で起こっているありのままの現実を嫌ったり恐れたり拒絶したりすることによる内面の騒がしい反応が静まり、落ち着いてよく場や現実を観察する能力や集中力が格段に向上します。またその落ち着きと集中力は、個人の潜在化しているさまざまな能力やスキルを表に出す強烈な力となるのです。

④創造性(Creativity)
内面で起こった気づきやひらめきやアイデアを大切にして、それを書とめて、実際に表現していくことを通して、次第に個人の表現力のスキルが高まり、個人の創造性も同時に開花していくことになります。

⑤チャレンジ精神
体験学習は、実践を通して学ぶ方法であり、試みる学習方法でもあります。
ですから、個々人のさまざまな挑戦や試みは、守られ奨励される風土の中で、新しい自分を発見し、その可能性に挑戦していくスキルも身につけることができます。

2.集団の領域
  体験学習は、リアルに起こる人間関係のプロセスを通して、そのより効果的なあり方を探究していく方法です。ですから、人間関係(チーム、組織)のより良いあり方を学ぶと同時に、実際に場のメンバーのコミュニケーションの改善やリーダーシップスキルの向上が起こり、受講チームの生産性や創造性が大幅に高まることが多いといえます。
 学習と改善が同時に起こる体験学習方式は、職場ぐるみで実施するなどを通して、実際の現場を改善していくことができる実践的な現場変容のツールともなるのです。

①コミュニケーションの改善
コミュニケーションは、安全性や生産性、創造性に大きな影響を及ぼす要素ですが、体験学習は、この職場のコミュニケーションを改善し、開放的でオープンな風土を醸成することにつながります。

②チームビルディング
  チームとして協力し、チームパフォーマンスを高めるための実践学習を通して、チームの優れた可能性を引き出すことにつながります。

③基本的な信頼関係の育成
深くて正確なコミュニケーションを通して、メンバー相互の懸念や誤解を解消し、相互理解を促進すると同時に、共に協力し合って課題を成し遂げるために必要な基本的な信頼関係を育成することができます。

④生産的、創造的な組織風土の醸成
体験学習の学習目標である、オープンなコミュニケーション、相互に信頼しあえる関係、共通のヴィジョン、自己実現に関する学習を通して、組織全体としての力、生産的で創造的な組織風土の育成につながります。

体験学習とは? 体験学習の学習プロセス

 体験学習は、先生の講義や理論モデルから学ぶと言うよりは、体験から学ぶ方法であり、通常の場合、まず、チーム活動や個人ワークのような”実習(structured experiences)”と呼ばれる体験エクササイズを実施します。
 各種の実習は、さまざまなレパートリーがあり、楽しく熱中して参加できるように工夫されています。たとえばチーム活動のような実習を実施すると、チームコミュニケーションは一気に活性化し、文句なく楽しいことが多いので、メンバーの参加度合いは増し、凝集性は高まることが多いといえましょう。
 しかし、ややもすると、このような刺激的な実習の側面だけをとらえて体験学習と呼ばれることが多いのですが、単に体験だけでは、本当の意味での学習にはつながらないと私どもは考えております。
 体験学習は、単に体験で終わるのではなく、体験したあとに、体験プロセスをじっくりと丁寧にふり返り、観察していくことを通して、普段は隠れて見えることがない人間関係の中で起こっているさまざまなことがらに光を当てて、思い込みではなく、関係性の真相やありのままのリアリティを理解していくことを試みる学習方法なのです。ですから、どちらかと言うと、刺激的で興奮する学習方法ではなく、粛々と淡々と内面や関係性をみつめ理解を深めていく方法であり、その学習がうまく行くときは、たいていの場合、静かで穏やかな雰囲気になることが多いのです。
 その具体的なプロセスは、以下のとおりです。

①体験
  体験学習の場合には、まずは、体験することから学習が始まります。具体的には、グループワークやエクササイズなどの実習を体験します。

②観察
日常の生活では、体験の連続で、体験をふりかえることは、特別な場合を除いて少ないと言えますが、体験学習の場合には、丁寧に体験を観察していきます。また、忙しい日常生活の中では、あらかじめどう行動すべきか、どう考えるべきか、などといった自分なりの仮説や正解、態度をもって体験とかかわりますが、体験学習の場合には、そのような自分の中に既に構築されているメンタルモデルをひとまず保留して、体験したことを習慣となった反応パターンで解釈し、良い悪いを判断し、どうすべき(だった)かの結論を即座に下してしまうのではなく、起こった出来事や体験したことを、ありのままに丁寧に観察していくことになります。
われわれは、さまざまな知識を身につけており、いろんなことが分っているつもりでいますが、おおよそ人間関係について、より良いあり方、生き方、そうあるための方法、などについてよくよく考えてみると、本当のことは何も分っていないと言えるのではないでしょうか。体験学習では、わかったつもりになるのではなく、謙虚に現実を観察し、ありのままの姿をよく探求することを徹底的に行っていくことを通して、隠されている真相や真実を学んでいこうと試みる学習方法でもあるのです。
具体的には実習の後で、実習中に体験した様々な事柄(自分の感情、感覚、思考、など)を言語化し、紙に書いていきます。その際、体験をふりかえりやすくするために設計された一定の書式(プロセス観察シート)を使うこともあります。

③分析
   観察した事柄をさらに探求し、起こった出来事の原因を分析していくステップです。
体験したことは、②の観察を通して光が当てられて、それだけでも大変価値のあるふりかえりをすることができるのですが、ただ、人間の認識にはバイアス(偏向)がかかっており、事実をありのままに理解しているとは限りません。例えば、前述のとおり、自分の実感では「太陽が動いている」のですが、現実は、「地球が動いている」のです。特に、人間関係のような複雑な現象を理解する場合には、誤解や思い込みが多く、真実を知るためには個人だけの認識ではなく、多くの視点から観察したデータを持ち寄ることが大事となります。
ですから、本当のことを理解していくために、メンバーそれぞれが体験をふりかえった観察データを公表し分かち合います。この分かち合いを通して、ありのままの現実や本当のことを理解していく事が出来るようなるのです。

④仮説化
①~③までのプロセスを経て明らかになった現実の出来事について、「なぜその様な事になったのか?」について自分なりに仮説化します。ここで統合された仮説は、間違いがない真実とは限りませんが、今の時点では体験から導き出された宝であり、価値ある叡智と言えましょう。
なお、この仮説化の一助として、一般的に認知されている理論などを解説する”小講義”がなされる場合もあります。
導き出された仮説は、次の実習で検証したり、実践してみて、更に深く探求し理解していくことが出来ます。また、より良いと思える方法を次の実習で試みて行くことができるので、実習を繰り返すうちに、個人として、チームとして成長を実感して行くことができるでしょう。
このように、実践や試みを通して学習し、成長を図ることができるので、体験学習方式による方法は、ラボラトリーメソッド(実験室メソッド)とも呼ばれています。

管理者研修を担当しました(20090807)

 大手家電子会社の管理者研修を担当しました。会場は、神奈川県の戸塚、人数は24名、平均年齢がおおよそ40代後半のメンバーのみなさんでした。
 今回の研修の狙いの体系は以下のとおりです。

(テーマ) 「組織活性化の要としての力強いマネージャーとなるために」

(ねらい)
   ①力強く輝くリーダーとなるためのリーダーシップ哲学=自信と誇りの重要性を学ぶ。
   ②リーダーの役割を学び、リーダーとしての自分を振り返る。
   ③部下の力を引き出しチームを活性化する方法を学ぶ。
   ④組織の問題解決能力を高めるために必要な要素を学ぶ。

 今回のメンバーの役職は、課長であり、すでに、現場の陣頭指揮をとっている、組織のかなめとして力強いリーダーシップをすでに発揮されているマネージャーの皆さんです。しかし、成長には限界はなく、より大きく深く広く成長する可能性に向けてのヒントを得てもらうことが今回の研修のテーマであり、企画の意図でした。

 私とも年齢が近い方が多く、苦労も共通のものを持っているようで、私としては、共感しやすい同士のような感覚で研修に携わることができました。メンバーは、全員男性で、実際にかかわってみると、穏やかで静かな中にも情熱をハートにもっているジェントルマンたちでした。決して器用ではないけれども、人を大切にしたいという志を持ち、挑戦されている姿勢がよくわかります。今回の研修では、
・コミュニケーションを大切にして人を大切にしようとする姿勢は、未来を拓く強力な基盤となること。 
・会社のメンバーは、けっこういい奴であり、力と魅力にあふれる存在であること。
・リーダーとしてもっともっと輝き成長していく可能性があること。
・リーダーとして成長していくための指針と方法
・困難な時代であっても、このメンバーであれば、大丈夫だということ。
そんなことを実感できた1日でした。

 私自身も、素晴らしいメンバーとご一緒できて、さわやかであり、幸せな気持ちになりましたね。社内コミュニケーションの一環として、教育センター長が、研修後に懇親会の場を用意してくださったのですが、その懇親会がまた楽しく、こんな素敵な出会いに感謝した次第です。
 厳しい時代ですが、信念と誠実さをもって立ち向かえば、恐れるものなどきっとないのです。ともに健康に頑張りましょう!

歯科医院でリーダーシップ研修を担当しました

 九州のS歯科医院でリーダーシップ研修を担当しました。当医院では、ずいぶん前から定期的に研修を実施しており、今回は、2年ぶりの担当となりました。こうして何度も講座を開こうとされていることは、まさに、経営陣やスタッフの勉強意欲が強く、人の成長を大切にしたいというヴィジョンの現れでもあり、大変光栄でもあり、またその誠実さに頭の下がる思いです。
 今回の研修テーマやねらいの体系は以下のとおりです。

<テーマ>「経営センスを学び、より主体的に成長する魅力的なリーダー、そして組織となる」

<ねらい>
 ?主体的に輝くリーダーに必要な自尊心について学ぶ
 ?マンネリから抜け出し、クリエイティブな風土を作るための考え方を学ぶ
 ?ストレス耐性を高める手法を学ぶ
 ?経営センスを学び、より主体的に組織に関わる方法を探究する

<カリキュラム>
午前中 自尊心について 自律訓練法 変化の理論

午後  アトランティックプロジェクト

 S歯科医院は、すでに本当に良いチームであり、信頼感をベースにした風土、主体的で意欲的なスタッフ、人を大切に一生懸命で誠実な経営陣がそろっている日本でも珍しいくらいのクオリティの高い組織であると私は感じております。
 今回は、もう教えることなどないけれども、より大きく成長していけるためのきっかけづくりができればと願い、講座を担当いたしました。
 実際に実施してみて、いつも当医院では感じることですが、本音であり自然であり温かいメンバーと関わっていると、とっても幸せな気持ちになってきます。こんな雰囲気を医院でも出しているのでしょう、地域で一番の人気医院である理由がよくわかります。今回のプログラムでは、そんな現状をよくわかると同時に、より成長していくためのポイントを明確にすることができたのではないかと実感しております。
 こうした素敵な医院で研修を担当できますこと、とても光栄に思っていると同時に、深く感謝しております。本当にありがとうございました。今後も、この素敵な輝きを大切にしていただいて、もっともっと自分も患者さんも幸せにするパワースポットになってほしいと願った次第です。

学生から内定の連絡

 キャリア指導をした学生が、内定のお礼を送ってくれました。長期にわたる就活でしたが、昨日、無事志望企業に内定を得たとのことでした。途中でくじけそうな時もあったけれども、何とか踏ん張って、結果を出すことができたとのこと、この体験を社会人になっても活かしていきたいとのことでした。
 彼女は、当初キャリアカウンセリングに来た頃は、雰囲気が落ち込んでいて、失意の中にありながら、何とか打開しなければという必死な思いが支えているような状況だったことを覚えています。よく話を聞いてみると、就活に向けての準備を何もせずに、ただ行き当たりばったりの活動を展開していたとのことで、当学の学生は素直で控えめで真正直な子が多く、就活にもそのままの無防備な状態で突入してしまったようです。就職活動は、特に今年のように厳しい状況では、まさに戦場です。戦場に向かうためには、それなりの武器と防具が必要であり、無防備無策でうかつに足を踏み入れると、勝てるどころかボロボロにされてしまいます。現代の就活には、戦略と十分な下準備が必要なのです。
 彼女も、そのころは、昨年の12月頃から始めた就職戦線の中で、多数の企業に落とされて、心理的に追い込まれて、ぼろぼろの状況になっていたのでした。しかし、やはりNever Give upは大切です。自分なりに戦略を練り直し、武器と防具となる自己PRと志望動機を磨きなおして、しかも、小型録音機をつかって、面接の練習まで徹底的におこなったのでした。
 それからの彼女は、明らかに雰囲気が変わりましたね。筋が通ったのと同時に、自信がつきオーラが張ってきたのがよくわかりました。その状態になったら、あとは成功を待つだけ、今回の内定も、来るべくしてきたものだと思います。
 長きにわたる苦しい就職活動も、最後は、勝利で終わったこと、本当におめでとうございます。私も、応援した人間として、本当にうれしいです。本当に厳しい就職活動でしたが、これも、すべて、何かの深い意義がある体験だったのだろうと思います。どうぞ、この体験を大切になさってくださいね。
苦あれば楽ありと言います。これだけ苦しんだんですから、きっとこれから来る幸せは、とてつもなく大きいと思いますよ。
これからの彼女が、自分らしく幸せで力強いキャリアを育まれることを心からお祈りしたいと思います。

46年ぶりの日食


              NHK「46年ぶりの皆既日食」(2009/7/22)より

 今日は、日本では、46年ぶりの日食ですね。東京では、9時55分から始まり、11時12分で最大の食となりました。東京では、74.3%が影となったそうです。

弊社事務所兼自宅からも部分日食を見ることができました。わかりづらいと思いますが、写真も何とか撮れましたよ。

 太陽は、私たちの生命と直結する大切な恒星ですが、そんな身近な星であっても分からないことがたくさんあります。

・なぜ、活動が周期的なのか?
・なぜ、コロナの外側のほうが、太陽表面よりも温度が高いのか?
・そもそもなぜコロナが存在するのか?
・内部の構造はどうなっているのか?
・そもそもどんな仕組みであれだけのエネルギーを生み出しているのか?

 科学が驚くほど進化したとはいえ、私たちには、到底知りえない事柄がたくさんありますね。宇宙の神秘は、とてつもなく大きく深いのです。戦争、飢餓、自然破壊、核問題、テロ、経済崩壊、など、太陽から見た地球は、どんなに悲しく痛みに満ちて見えるでしょうか。人は、改めて、自分たちのありようを見直して、謙虚に、人として人の美徳を大切にして生きる必要があるのではないでしょうか。

 日食は、「変化」を意味するそうです。地球上のすべての問題が解決に向かうような素敵な変化が起こりますように!

アトランティックプロジェクト リサイクル作業

 昨日から、アトランティックプロジェクトのリサイクル作業をしています。実家の両親も呼んでの作業です。

 この作業のときは、研修会社というよりは、ほとんど家内制手工業の製造メーカーです。

今日は、この作業の大詰めです。がんばります!

第二の創業

とうとう新しいホームページをUPしました。とても苦労をして作ったので感慨ひとしおです。これを機にいろんな方々に訪問していただければと願っております。
 実は、ホームページだけではなく、事務所兼自宅では、新たに応接セットを設置するなど、ひそかにいろんな変化が起こっており、昨日は、そんな変化を祝って、家族でお酒を飲みながら「ヴィーナスアソシエイション第2の創業だね」などと言っていたところ、見事な虹がかかったので、大急ぎで写真を撮りました。縁起が良いので、ブログでもご披露したいと思います。

虹は、見事なアーチを組んで、かけることのない完璧な大きな虹でした。

しかも、2重の虹です。

こんなに迫力のある虹は、初めてかもしれません。とても感激でした。これで、幸せも大きく、しかも2倍になるでしょう。きっと売り上げも大きく、しかも2倍になるでしょう。みんないいことは大きく、しかも2倍になるでしょう!
そんなことを祈りながら、ヴィーナスアソシエイション第2の創業の第一歩を踏み出します。

新しいホームページを本日upします!

 懸案だった新しいホームページの件、とうとう本日UPする予定です。おおよそ3ヶ月間かかって作り上げました。がんばった力作です。ようやくご披露できること、とってもわくわくしております。
 また、このブログも装いを新たにしております。新しいホームページのコンセプトを踏襲しております。本当に全てが一新です。ホームページ同様、気持ちもリフレッシュして、頑張っていきたいと思います!