マズローの欲求理論② 「B動機」

一方、マズローは、人間の欲求は、D動機だけではなく、D動機とは全く性質の異なる欲求も存在すると主張した。D動機は、本質的には死の恐怖から逃れるために起こる様々な欲求であることに対して、それは、恐怖や不安からではなく、自分の本当の本音、魂の本質からたち起こってくる欲求であることからBeingの頭文字をとってB動機(実存動機)と名付けた。

B動機は、前提として「自分自身は充分である。自分自身は価値に値する。自分自身は今ここで満足であり幸せである。」という自己認識に立っている人が、「素晴らしい自分自身を表現したい。自分の理想を実現したい。自分らしく生きたい。自分にとって意義のあることにチャレンジしたい。」というハートの奥底からやってくる力強い喜びや意欲によって突き動かされる情熱でもある。

マズローは、B動機に該当する欲求を「自己実現の欲求」と名付けた。自己実現の欲求は、明らかにD動機の様々な欲求とは異なる。それは怖いからするのではなく、本当にそうしたいからするのだ。また、下位の欲求が満足されることによって発現されるタイプの欲求でもない。自我の欲求が満足できたからと言って自己実現の欲求が発現されるわけではない。逆に、死の恐怖にさらされているからと言って自己実現の欲求が起こらないわけではない。自己実現の欲求は、D動機の満足不満足と言うよりはむしろ、D動機の束縛から自由になった人、恐怖や不安に強く支配されることから解放されたハートにやってくるのだ。

だから、恐怖や不安の真っただ中でも自己実現の欲求は起こる。

取り残された人を救うために、自分の命を顧みずに炎に飛び込む消防士、

子供たちの命を救うために、自らの命をかけて戦う戦士、

聖なるものとの出会いを求めて無一文で出家し修行する僧、

貧乏のどん底にあって最高の芸術を生み出すアーティスト、

痛みを知っているからこそ思いやりとやさしさを忘れないホームレス、

自己実現の欲求は、今の人の現状とは関係なくやってくる。その人の外部の状況というよりは、その人の内面のあり方、生き方、哲学とかかわるのだ。(続く)

 

<関連記事>

マズローの欲求理論①「D動機」

マズローの欲求理論②「B動機」

マズローの欲求理論③「動機づけのマネジメント」

マズローの欲求理論④「D動機の経営」

マズローの欲求理論⑤「B動機の経営」

マズローの欲求理論⑥「B動機の経営事例」

マズローの欲求理論⑦「D動機の生き方」

マズローの欲求理論⑧「B動機の生き方」

マズローの欲求理論⑨「B動機の時代がやってくる」

 

<関連プログラム>

リーダーシップ研修”To be a Hero”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)