自己イメージ

 自己イメージとは、「私は~である。」「私は○○ができて、△△ができない。」といった、自分で自分をどのように認識しているのかのありようを自己イメージと言います。
 この自己イメージは、そのありようによって、人間関係、健康、生き方など、本人に大きな影響を及ぼしているとされています。

 しかし、この自己イメージは、かならずしも本当の自分を反映しているとは限らず、むしろ、誤解や思い込み、偏見などによってゆがんでしまっている可能性が大きいとされています。
 特に、日本人の自己イメージは、諸外国に比べて、矮小で貧弱で、自分に対してとっても手厳しいというデータが出ております。

 「諸外国に比べて、日本人は、能力が劣っている」ことが事実ならば、現実をありのままに見ていることになり問題は無いのですが、同じ人間として生まれて、潜在性や可能性に違いなどあるわけがありません。
 できないと信じているのは自分だけの思い込みであって、もともと持っている可能性に優劣などあるわけが無いのです。
 しかし、全く同じ人物であっても、一方は「必ずできる!」と信じて、もう一方は「絶対にできない」と信じて長年活動したとしたら、結果には大きな違いができてしまうでしょう。

 私たちは、断じて欠点だらけの無力な存在ではありません。
 私たちの潜在力は無限であり、まどろんでいる可能性は途方も無く大きいと言えるでしょう。
 私たちは、自分らしく輝いて生きるに値する十分な力量と能力を持っています。
 そして、地球は広いといっても、私のような顔と体を持っている人は、私一人であり、
 宇宙の歴史が長いといっても、私の人生は、今までも、今後も、たったの一回であり、とてつもなく尊く価値があることを忘れてはいけません。

 基本的な態度として、自分の力と可能性と価値を信じるべきであると言えましょう。
 自分を信じるからこそ、他人も信じることができるでしょうし、自分を大切にすることができるからこそ、他人も心から大切にでき、真の顧客満足を提供できるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)