報告会が無事終了しました

懸案だった組織風土診断の報告会が、昨日無事に終了しました。風土診断を通して、当企業の強みと課題、今後の成長に向けてのテーマが浮き彫りになり、役員が共通認識することができたことは、大変意義深いことと、ご評価を頂きました。

成功裏に終了できたのも、さまざまな方々のご協力があったからこそ、大変感謝しております。ありがとうございました。

しかし、こうした風土診断は、どうしても欠点に目が行ってしまい、悪者探しのようになってしまうことが厄介な問題です。報告を前向きなものにするために、弊社では、3つの留意点を提示させていただいております。

<分析にあたっての留意点>

1.”数値=現実(真実)”と言うわけではない。
  あくまでも、現実(真実)を正しく理解するための大まかな指針。

2.人や部署の評価につなげない。
  目的は、評価することではなく、理解する事。

3.「悪い問題は、自分以外の対象にあるという考えは、勘違い。
  問題は、自分を含めた全体像にある。」 システム思考

 

こうしたお願いも快く受け入れてくださって、出てきた諸問題を前向きに受け止めていただきました。

素晴らしい役員のメンバーのみなさんでしたら、きっと今後の問題解決に向けて、力強い手を打ちだされることでしょう。弊社も、出来る限りのお手伝いができればと願っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)