PCスキルよりも国際情勢知識

    就活でPCスキルはペケ、国際情勢に好印象 学生と企業に認識ズレ

                                   産経news 2010.6.16

  学生はPCスキル、採用担当者は国際情勢知識を重視。日興アセットマネジメントが、就活中の大学生と企業の採用担当者を対象に実施した「有利だと思うスキル」についてのアンケートで、こんな認識のズレが浮き彫りになった。

 学生が就職活動に向け身につけようとするスキルの1位は、パソコンで38・4%を占め、次いで英検・TOEIC(35.0%)、3位が経済・国際情勢に関する知識(19.0%)となっている。

 これに対し、採用担当者にPCスキルをアピールされて受ける印象をたずねたところ、「身につける努力をして当然」(34.5%)、「他の学生と大差ない」(23.8%)との回答が多数を占め、アピールしても効果は薄いようだ。

 一方、経済・国際情勢に関する知識をアピールする学生に対しては、「頼もしい」(25.2%)と「向上心がある」(同)がトップで好印象。売上高が1000億円以上の大企業では、「頼もしい」が48・3%にも上った。

 

 そうですか、企業サイドからすると、国際情勢知識のほうが、PCスキルよりも評価が高いんですね。しかし、大学生は、就活のために一番頑張ろうとしていることがPCスキルであるとのこと。こうしてみると、すれ違いって、思った以上に大きいのですね。とはいえ、国際情勢知識か・・・。勉強したほうが良いと言うことは簡単ですが、その現実は、とてつもなく広く深く誤解が大きく、真相がわかりづらいものでもありますよね。国際情勢について就活的に勉強を深めるにはどうすべきか?研究が必要ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)