勇気ある報道

 5月16日の午後2時から、テレビ朝日のザ・スクープで、検察の裏金問題にまつわる様々な闇についての報道がなされましたね。私も以前から興味があったテーマでもあり、色々とネットなどで情報を集めていましたが、私が思うに、番組は、問題の本質から逃げずに、ごまかさずに、はっきりと真正面から検察の問題を指摘した勇気ある報道だと思いました。ご覧にならなかった方は、こちら(http://www.tv-asahi.co.jp/scoop/)で映像をダウンロードできますので、ぜひ見られることをお勧めします。

 もと大阪高検公安部長という高い地位にあった三井環さんが、検察内部で行われている裏金問題(捜査協力者への謝礼金の領収書をねつ造して、検察官の飲み食いに使っている)に嫌気がさし、それを8年前に告発しようとしました。すでに、匿名では、週刊誌に内部告発をしていたのですが、テレビで実名でディスクローズしようとしたのです。しかし、テレビ収録取材の3時間前に、職場である検察庁から検挙され、逮捕されてしまいました。三井さんは、公明正大な人であり、犯罪行為などしてないので、逮捕されるいわれなどないのですが、逮捕され身柄を確保されてしまったのです。検挙された罪の内容は、「住んでいないマンションに、あたかも住んでいるように転入届を出して脱税をした詐欺罪」というもの。三井さんは、当時、マンションを購入し、そこに住もうと考え、徐々に生活用品も搬入し始めたところでした。転入届は、ちょっと早まったけれども、住むつもりであり、単なる引越しの手順の手違いなわけであって、検察の主張する「住むつもりもないのに転入届を出して脱税をした」という認識は、いいがかりであり、でっち上げなのです。それがたとえ罪だとしても、修正届を出す程度の微罪であり、検察庁が大挙して逮捕劇を演出するようなものではないのです。まさに、検察の都合による口封じ逮捕、国策逮捕と言えましょう。

 しかし、その後、三井さんは、どんどん言いがかりをつけられて、検察からマスコミへのリーク情報をもとに、極悪非道の、日本始まって以来の恥ずべき検察官だとマスコミで報道され、極悪人に仕立て上げられていきます。そして、単なる記述ミスが、実刑判決を下され、執行猶予のない重罪犯罪者となってしまったのです。私は、日本は平和でいい国だと思っていたので、こんな良い日本で、こんなえげつない陰謀がまかり通るのかと、少々恐怖を感じましたね。

 今回の報道は、事件後8年経過し、三井さんも出所して、活動を再開されて実現したものです。インターネットが発達して、こうした事件が暴露され、興味関心を持つ人がどんどん広め、本当のことを知る人が相当数増えていったので、検察もそうそう無理やごり押しを繰り返すことができなくなったのでしょう。前回は、インタビュー直前の逮捕で邪魔をされましたが、今回は、何の妨害や抵抗もなく報道を遂げることができました。

 今回の報道に携わった人たちは、本当の権力の恐ろしさを十分に知っていらっしゃる人たちだと思います。権力の闇は、自分の意を通すためなら、どんなに汚く強引で違法なことでもやってのけるということを身にしみて知っている人たちだと思います。そんな人たちが、リベンジとして、真正面からこの問題を取り上げて、見事報道しきったことは、本当にすごいことだと思います。三井さんや鳥越さん初め、スタッフの皆さんに、大きな拍手を送りたいと思います。

 それにしても、石川知裕議員の大げさ逮捕、小沢一郎議員に対する悪意があるように見える捜査、厚生労働省元局長の村木厚子さんの不当逮捕(でっち上げである証拠が裁判の中で次々に明らかになっている)など、最近の検察のやることは、一市民の立場から見ると、全く信用に値しないように思えます。あり方を猛烈に反省して、自身の罪は罪として認め(裏金も認め、国庫に返金すべき)、本来のあり方である正義を追求する組織になってほしいと強く思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)