許せない発言

  与謝野経財相:将来も原子力は日本経済支える最も重要なエネルギー
                      2011/03/22 11:15 bloomberg,net

 3月22日(ブルームバーグ):与謝野馨経済財政担当相は22日午前の閣議後会見で、原子力発電が将来とも日本の社会と経済を支える最も重要なエネルギー源であることは間違いないと述べた。経財相はその理由として、日本はすでに3000万キロワット以上の原子力発電所を持っていると指摘。さらに石油が段々と貴重資源でなっているほか、環境面で二酸化炭素(CO2)の排出問題などがあることを挙げた。    bloomberg,netより引用

 

 

 こんな事態になって、よくこうした発言ができるものだと、非常に憤りを感じます。このような事態になったのだからこそ、原発の問題をもう一度洗いざらい正面から見直して、新規案件は停止し、既存の原発も漸次停止していくべきだと私は思います。

 この発言は、反省どころか、恥知らずにも今後とも引き続き今までの原発拡大路線を続けていこうとする布石であり、脅しとしか考えられない。こうした事態になってもまだ原発推進を訴えるやり方は、白を黒と言いくるめる強引なやり方であり、狂気としか思えません。

 こうした訴えをする人は、どんなに理屈ではもっともらしいことを言っても、自分ではきっと何をやっているのかを良く分かっているのだと思います。自分がどういう縁でキャリアを育んできたのかを顧みるにあたって、今更死んでも変えられないと思い込んでいるものがあるのだろうと思いますが、間違えていたと分かった時には間違えていたというのが男児というもの。自分の都合のために、国土を放射能で汚染させることを許すほうに加担することは、やはり間違えている。

 原発は、その廃棄物の最終的な処理の仕方も確立していなければ、人の命を犠牲にしないでメンテナンスする方法も確立されていません。原子力発電所は、不完全で危険な怪物なのですよ。そんなものは、今後の人類にとって、決して増やしてはいけないし、残してもいけない。だから、こんな怪物をこれからも作っていくことを許したり応援しようとする姿勢は、私は醜悪で間違えていると思います。

 願わくば、こうした発言をする人も、真摯に現状の問題を見つめて、正直に自分の生き方を真剣に考えて、発言してほしいものだと思います。そして、この世に、普通の正義が通りますことを、祈りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)