ゼンショー非を認める

   すき家のゼンショー、残業代不払い認める 団交は応じず

           2010年9月8日20時17分asahi.com
    
. 牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショー(東京)のアルバイト店員が残業代の支払いを求めていた裁判が、原告の主張を会社側が全面的に認め決着した。だが、会社は店員と「雇用契約がない」との主張を変えておらず、店員が加入する労働組合との団体交渉には応じていない。

 訴えていたのは、仙台市の店舗で働く福岡淳子さん(43)ら3人。残業代の割り増し分約100万円の支払いを求めて2008年に東京地裁に提訴していた。争う姿勢だった会社側は8月下旬、原告の主張を全面的に認めた。

 福岡さんは00年にアルバイトとして入社し、調理、接客、事務などを担当していた。深夜や休日も働いていたにもかかわらず、支払われていないとして、05年10月から06年10月までの割り増し分などを請求した。

 8日に会見した福岡さんは「裁判の結果は大変うれしい。だが、会社は団交のテーブルにつかない。従業員が安心して働ける環境にはほど遠い」と話した。

 福岡さんは07年に首都圏青年ユニオンに加入。会社側が残業代の支払いについて団体交渉に応じないため、東京都労働委員会に申し立てた。会社は「(3人とは)労働契約ではなく、請負契約に類似した業務委託」などと主張して応じなかったため、民事裁判を起こした。

 東京都労委は09年、同社に団体交渉に応じるよう命令。会社側は不服申し立てをしたが、中央労働委員会は今年7月棄却した。ところが、会社側は「使用従属関係を有さず、(中略)労働条件等処遇について決定しうる権限を有しない」と従来の姿勢のままだという。

 ユニオンの河添誠書記長は「アルバイトだからといって労働者の権利が損なわれてはならない。今回の勝利はアルバイトとして働くすべての人を励ますものだ」と評価。一方で「労働委員会の命令を無視して団体交渉に応じないのは法律違反だ。大企業として許されない」と批判する。

 ゼンショーの広報担当者は「コメントは差し控えたい」としている。

 

 

 残業代不払いの問題が解決できてよかったですね。実はこの問題は、余話もありまして、訴えを起こしたアルバイト社員に対して、会社側が、逆告訴していたんですね。

 時間給であるアルバイトなのですから、残業代は支払うのが当たり前で、まともに訴えても払ってくれなかったから告訴したのですから、会社側としては、反省して直ちに支払うことが筋なのですが、残業代を支払わずに、逆告訴したのです。どんな理由で逆告訴したかというと、お客さんに間違えて出した牛丼を捨てずにおにぎりにして食べたからという理由で窃盗だと告訴をしたわけです。こういうことを言いがかり、脅しというのですね。やることがブラックです。幸いなことに、会社側からのこの逆告訴は、嫌疑不十分で不起訴処分となりました。

 一連の事件を見ていると、こういう事件は、企業イメージを著しく損ねますよね。少なくとも私自身は、当社の商品は今後一切利用するつもりはありません。私のように思っている人は少なからずいるのではないでしょうか。

 パトリシアアバディーン著のメガトレンド2010によると、今、経済はひそかにただならぬ革命が起こっているとのこと。その革命とは、強欲の資本主義から意識の高い資本主義に変容する革命であるとのことです。強欲の資本主義の乱暴で傲慢で犯罪的な振る舞いをする企業は、消費者から嫌われて商品が敬遠されて次第に売り上げが落ちてゆき、株価も下がってしまうとのこと。逆に社会貢献やエコに取り組む企業が売り上げが伸び、大きく成長しているとのことです。

 この現象は、企業もしっかりと認識しておくべきでしょう。恐怖と不安で人を支配する強欲で乱暴な企業は、成長した力で滅びるのですよ。こうした事件が明るみに出て報道されていくことは素晴らしいことだと思いますね。どんどん闇に光が照らされて、この世界からうそや偽り、暴力やけがれが一掃されていきますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)