月別アーカイブ: 2010年3月

就職氷河期を下回る内定率

  大学生の就職内定率80% 氷河期下回り最悪に  日経新聞WEB 12日

 
 今春卒業予定の大学生の就職内定率が、2月1日時点で前年同期を6.3ポイント下回る80.0%で、1996年の調査開始以来、過去最悪だったことが12日、文部科学省と厚生労働省の調査でわかった。就職氷河期と呼ばれた2000年の81.6%も下回り、雇用情勢の厳しさが改めて浮き彫りになった。厚労省によると、今春高校を卒業する就職希望者の内定率(1月末時点)は81.1%だった。

 大学生の5人に1人が内定を得ていない状況について、文部科学省は「景気低迷の影響が大きい。各大学はきめ細かい就職指導をして改善を図ってほしい」としている。

 文科、厚労両省の調査によると、大学生の内定率は、男子が前年同期より6.4ポイント低い80.1%、女子が同6.3ポイント低い79.9%だった。中でも私立大の女子は8.2ポイント減の76.2%と苦戦ぶりが目立った。 (14:01)

 予想はしていましたが、就職氷河期を超える内定率の低さとなってしまったということ、これは、学生たちにとって一大事です。現実的に、就職できないで、将来の方向性が観えずに卒業せざるを得ない若者たちが相当数出てしまうことになります。

 暴風雨の逆風の中で、一生懸命に頑張ったにもかかわらず、どこからも受けいれられることなく、大学という居場所も失って、一人社会の中でどこにも所属することができずに、また将来の希望を見ることができずに途方に暮れている若者たちの心境を思うと、とても胸が痛みます。並大抵ではない厳しい状況だと思いますね。

 この傾向が、今年だけではなく、採用を控える企業がますます多くなる来年以降も続く状況をみるにつけ、何か大々的な救済策を取る必要があると思いますね。こんな不運な環境で結果が出なかった若者に対して自己責任という言葉を使うことがいかに残酷かを考えてほしいと思いますよ。

 また、若者たちも、こうした経済状況は、必ずぶり返しが来るので、数年後の中途採用ラッシュを見込んで、じっくりと資格や能力トレーニングに励んで、自分磨きに当面は時間を費やすのも大切かと思います。

 さらに、企業社会で社員として生きるだけが人生ではないと見切りをつけることも大切なことと思います。内定を取れなかった学生にとって、一流企業に内定を取った学生は、羨望の的、うらやましいと今は思っているかもしれませんが、彼ら彼女らがその後幸せな人生を送れるとは限らないのですから。このような激動な時代は、大きな会社に勤めて一生安泰でいようとする戦略が一番危険な戦略なのですよ。自営業、起業、農業林業、なども視野に入れて、自分らしくたくましい道へと一歩踏み出すことも大切なことです。人は、本気になれば、不思議に道は開けるものですよ。

 いずれにしても、状況が厳しいからと言って、自信が折れること、絶望することだけは慎んでほしいと思います。今の苦しみは、意味がないわけではない。むしろとても大きな意義があるのかもしれません。「あの時の苦しみがあるからこそ今の大成功があるのだ」といえる未来がきっと来るかもしれないのですから。

愛されている

誰に承認されなくても、誰から愛されなくても、

すでに僕たちは全員、存在全体から受け入れられ、愛されている。

でなければ、一瞬たりとも生きてはいられない。

「いまここ」阿部敏郎著 より引用

生きるということ

いまやっていることが何であれ、

そこに心をこめて、深く自覚している状態を

「禅」というんだよ。

それこそが生きるということ。

何をやるかが問題じゃない。

どんな自分でそれをやっているか、それが大切なんだ。

 

「いまここ」阿部敏郎より引用

うれしい感想

 昨日打ち合わせに行った企業さんは、3年前から新入社員研修でアトランティックプロジェクトを導入いただいておりますが、最近人事のご担当が変わり、新たに採用教育担当になった担当者の方は、昨年度アトランティックプロジェクトを受講していただいた元新入社員の方なのです。早いもので、昨年とは違い、もうすっかりとベテランの雰囲気を持ち、しっかりと仕事に携わっていらっしゃいました。打ち合わせの中で、昨年の新入社員研修の感想をお聞きしたら、「アトランティックプロジェクトが、一番印象に残っており、良い勉強をしたと思う」とおっしゃっていただけたのでした。面と向かって悪口は言えないこととはいえ、過分な感想をいただいて、大変光栄であると同時に、コンサルタント冥利に尽きる思いでした。こうした喜びがあるからこそ、この仕事はやめられませんね。これから4月にかけて新入社員研修が続きますが、今年度も大きな感動と良き学びの場を提供できるように頑張りたいと思います。

新入社員研修打ち合わせラッシュ(20100310)

 ここ数日新入社員研修向けの打ち合わせが立て込んでおります。弊社では、アトランティックプロジェクトという体験型の新入社員研修プログラムを発表しておりますが、そのアトランティックプロジェクトをご利用いただけるお客様と詳細な打ち合わせを詰めているところです。

 アトランティックプロジェクトは、個人的にとても思い入れのあるプログラムであり、大好きな経営シミュレーションプログラムでもあります。せっかくご利用いただける企業さんにとって最高のプログラムとなるように全面的にバックアップできればと思っております。4月の本番に向けて、頑張ります。

涙の理由

 トヨタの代表、豊田章男氏の涙に共感しましたね。

 一連の騒動を受けて、米公聴会に出席しなければならなくなってしまったこと、事情が事情だけに仕方がないのですが、心境的にはとても厳しいものがあったと思います。

 そんな公聴会の後で、トヨタアメリカの系列販売店やケンタッキー工場の従業員が集まった集会に参加して挨拶をする際、参加者の予想外の思いやりの拍手と勇気づけられる言葉を受けて、「公聴会で私は一人ではなかった。あなた方や世界中の同僚がともにいてくれた」という挨拶をする際に、感極まって涙が出てしまったわけですが、私は、その涙にぐっとくるものがありました。苦しい時にはお互いに助け合うという古き良き企業の風土、忘れていたけれども企業経営にとってとても大切な思いやりや温かい人間性を垣間見た思いがしたのです。

 帰国後、章男氏は、涙の理由についてこう語ったそうです。

 「自分が守ろうと思っていたが、実は守られていたのは自分だったと実感したがゆえに図らずも涙が出てしまいました。」

 社員を守ろうとして気丈にも孤独な戦いを敢行しようとしたけれども、実は守られていたのは自分だったことを実感したとのこと。それを実感された時は、とても深い感動を覚えられたんだろうと思います。

 なんだかんだ言ってもトヨタは日本を代表する会社です。私はトヨタのプリウスに乗っていますが、言われているような不具合は全く感じませんね。何となく、あまりの成功に、嫉妬、言いがかりをつけられている感もあります。

 いちユーザーとして、ぜひ今回の出来事にめげることなく、頑張ってほしいと思いました。

 そして、豊田章男氏もおっしゃっていましたが、「車を愛し、地球環境に貢献する会社」という理想が実現されて、それこそ新しい人間性の時代をリードする素晴らしい誇り高い会社となられることを祈ります。

だるま市で商売繁盛祈願

 調布にある深大寺のだるま市に行ってきました。

DSCF8143.jpg

 

 毎年3月の上旬に開催される市で、ここ5年くらい毎年恒例行事として来ています。5年前は、売り上げがなく、最悪の経済状況だったときに、気晴らしに来て小さなだるまさんを買ったのですが、そのころを境に、最悪期を脱し、業績が上向いてきたのです。それ以来ゲンを担いで毎年来て、少しずつ大きなだるまさんを購入するようになった次第です。

 ここでだるまさんを買うと、お坊さんが梵字で目を入れてくれるのです。

DSCF8148.jpg

 そして、目を入れてくださっただるまさんが、こちらです。

DSCF8150.jpg
 

 なかなか立派な顔です!どうか本年度もたくさんよい仕事ができますように!

友人が訪ねてくれました

 昨日は、友人Fさんが訪ねてきてくれました。Fさんは、会社の経営にもかかわっていただいている大切な友人です。昨日は、私の奥さんのひな祭りのお祝いと称して、遊びに来てくださった次第です。

 私どもの幸運なところは、素敵な友人に恵まれているということ。楽しいかたらいの合間には、仕事の今後の方向性なども話し合い、夢が膨らんだ思いです。今後も、素晴らしい友人たちとともに、良い仕事を末永く末広く続けていきたいと思います。Fさんありがとうございました!

キャリアアドバイザーを担当しています

毎週火曜日は、J大学のキャリアアドバイザーを担当しています。今日も午後からの担当となります。

3月は、就活の前半の山場です。4月の内定獲得に向けて、学生たちも正念場です。学生たちが、全力で戦えるように一生懸命に支援をしていきたいと思います。

では、頑張ってきます。