いまここにあるということ

  いまここにあるということ

“今ここ”は、芸術作品だ。

それは、数多くの人の願いを種として、

数多くの人の工夫と知恵を集め、数多くの人の汗と祈りを経てこの世に姿を現した。

それはまさに数多くの人々の努力の結晶であり、あなたへの尊いプレゼントなのだ。

“今ここ”を楽しみなさい。

それは、あなたの関心にこたえてくれるだろう。

そこには汲みつくせないほどの喜びが眠っているはずだ。

もし楽しめないとしたら、あなたがよく観察してないからだ。

静かに穏やかに体験してみれば、その奥行きと深さと広さが分かるだろう。

“今ここ”を祝福しなさい。

それは、あなたの敬意にこたえてくれるだろう。

そこには途方も無いほどの可能性が眠っているはずだ。

もし祝福できないとしたら、どこをどう変えたいのかを考えなさい。

あなたの知恵が加わって、”今ここ”はさらに輝きを増すだろう。

“今ここ”を愛しなさい。

それは、あなたの愛にこたえてくれるだろう。

欠点もあり完璧とは思えないところもあるかもしれないが、

決して抵抗したり、逆らってはいけない。

どんなに受け入れがたくとも、起こってしまった後では遅すぎるのだ。

どのような出来事であっても、この時点では、できる限りの努力の結晶であり、

理由がないこと、無駄で意味のないことは何一つないのだ。

あなたが嫌わずに許し、受け入れていけば、

それは、あなた自身の栄光を身にまとうことになるだろう。

“今ここ”を創造しなさい。

それは、あなたの情熱にこたえてくれるだろう。

あなたの信念と熱い思いは、必ずや結晶化して

未来というすばらしい作品を生み出すはずだ。

もし、アイデアが起こらないとしたら、

あなたが不注意でぼんやりとしており、せっかくのヒントを取り逃がしているからだ。

“今ここ”との絆は、あなたの中のあふれんばかりの創造性を解き放つだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)