中堅社員研修(20141126)

 先日、都内A社で中堅社員研修を担当してまいりました。本プログラムは、受講いただく人数が多いので、同じプログラムを2度実施しており、今回は、その2回目となります。

 A社の中堅社員のみなさんは、すでに多くの部下(派遣を含む)をお持ちのみなさんで、部下の大半は自分よりも年上とのこと。だから、すでに十分に力強いリーダーシップを発揮されている錚々たるメンバーのみなさんばかりです。

 今回の研修では、目的がまさにリーダーシップであり、より自分らしく力強い魅力的なあり方を探求すること、および、今後マネージャとしてステップアップしていくための基礎固めをすることがテーマとなりました。

 結果的には、すばらしいメンバーのみなさんに恵まれて、とても充実した穏やかで楽しくパワフルな学びの場となりました。

 アンケート結果も、満足度が5段階評価で、全員が5をつけてくださって、長いことこの仕事をしていますが、オール5は初めてのことです。

 わたしごとで恐縮ですが、私は、研修などのことにあたって、少々がんばりすぎるというか、肩に力が入りすぎるという所があって、何とか克服していきたいという問題意識を持っております。

 と言うのも、もう20数年前でしょうか、中国武道を学んだことがあって、その際のお師匠様に、「リラックスが全ての成功の基盤」と教えられたことがあり、その意味で、私の緊張症、がんばりすぎるところは、必ずしも良いことではないと感じていた次第なのです。

 当時のお師匠さんは、

「うまくいくときは、全身がよく脱力できている時」

「拳を上げてやったぞ!と自分が満足するときは、大抵そんなにうまくいってない」

 などとよく仰っており、私の場合、拳を上げるタイプでなかなか脱力がうまくいかなく、仰る通りにはなかなかできなかった覚えがあります。なぜできなかったのか?本質的には、やはり自信の問題にかかわってくるのだろうと思います。だって、リラックスは、「何とかなる」「大丈夫」と思えるからこその境地であって、不安と恐怖にとらわれたマインドには真の脱力はやってこないからです。

 まだまだ緊張と力みがとれない状況でありながらも、とにかく一生懸命に教育の仕事にとリ組ませていただいてきたわけですが、最近思う所があって、しばらく忘れ去っていたその当時の教えを、もう一度挑戦してみようとしていたところなのです。

 今回の研修も、その一環で、肩の力を抜くこと、準備していたことだけではなく今ここに集中して今ここで起こってくることばを大切にすることを大切にして研修に取り組んでみた次第です。

 実際に挑戦してみると、肩の力を抜き、準備していたことよりも今ここの言葉を大切にするって、勇気がいることなのですね。それは、まさに心を開くっていうことで、相手がどんな人だかわからない中で、傷つけられるリスクがある中でどうなるかわからない関係性の中に直に飛び込んでいくということで、真の勇気が必要なんだということがよく分かりました。

 ただ、その勇気を惜しんで、こちらの心を閉じたまま研修をするということは、テクニカルに人を操ろうとすることで、不誠実なことでありこれはやってはいけないことなんだということも同時にはっきりと理解することもできました。

・自分の心が開かれるからこそ、メンバーのハートも柔らかくなってくる。

・相手に真に、そして直に関わろうとするからこそ、相手の本当に必要な学びを手助けできる。

・「そうしなければと思う縮こまった心」からではなく「やわらかくリラックスした優しくおおらかなあり方」こそが、真によき学びの場を導く。

そんな当たり前のことではありますが、とても大切な基盤を改めて教えてもらえた気がいたします。

 もちろん、今までもそうしていなかったわけではありませんが、今回は、とくにそのテーマに集中した結果、大切なことがはっきりと見えてきたように思えます。

 講師としてお仕事をさせていただいているにもかかわらず、こうした大切な体験や学びをさせていただけること、本当にありがたいことです。

 「共に学ぶ」ってありますが、本当にそういうことなんですね。本当によき学びは、講師にもメンバーにも平等にやってくるのだと改めて実感した次第です。

 メンバーのみなさん、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)