原発はいらない

 原子力発電所は、調べれば調べるほど、猛烈に危険で不完全で不自然なエネルギーだということが分かります。人類に後々禍根を残すであろうことは十分に予測できているにもかかわらず、うそと脅しと洗脳と買収によって強引に原発を推進してきた原子力ロビーたちも、調べれば調べるほど、猛烈に危険で醜い存在だということが分かりますね。

 福島原発事故という酷い事態になったからには、今までの原子力擁護推進という不自然なあり方を反省し、見直さなければならないと思いますね。

 一市民として、あらゆる原発に反対を唱えたいと思います。

 現代社会を支える電力を賄うためには原発が必要だという意見は、詭弁ですよ。既存の原子力以外の発電所で、十分に賄うことができる。例え電力が不足しても、今回のように、電気を節約してくださいと言えば、国民はそれに応えることができる。さらに、原発にかけるお金を回せば、いくらでも新しいエネルギー源を発明することができる。

 一国民として、そんなに危険な発電に頼るよりも、つつましく許されるだけのエネルギーで暮らすほうが、よっぽど安心で幸せを感じます。少なくとも、私は、国や電力会社に原子力の危険性を受け入れてまでぜいたくな生活を保障してくれなどと望んでいません。むしろ、そのような危険性は、万難を排して無くしてくれと訴えたい。私は、原発がなければまともな日常生活を営めないなどという脅しに絶対に屈しませんよ。

 多分国民のだれもが、原発の危険性の真実を知ったらそう思うことでしょう。世論がそう思わなかったのは、そう思わせないように驚くべきお金を使って買収や広告宣伝で世論を誘導したからですよ。だから、国民も、そのような操作を簡単に鵜呑みにして、洗脳されてはいけないのですよ。今回の事故の原因は、そもそもこうした原発を作ってしまったことにもありますが、それを許してしまった国民にも責任の一端がある。もうこれ以上の原子力の悲劇を広めたくないならば、もう2度とこうした間違いを犯したくないならば、私たちも、「原発は嫌だ」と声をあげて行く必要があると私は思います。

 個人の力など大したことはありませんが、そうした草の根の声が広がれば、きっと奇跡は起こると思います。少なくとも、私は、これからも、小さな声ですが、「原発はいらない。新しい原発はもう作るべきではない。企画中または建設中の原発は、すべて中断すること。既存の稼働中の原発も、すべて停止させて廃炉にすることを求める。」とハッキリと訴えていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)