カテゴリー別アーカイブ: ⑨名言・故事

善悪の真相

 普遍意識の視点では、自我意識がその限られた視野の中で、実際には存在していない出来事から様々な感情や想念を造り出して、それらを現実であると思い込み、それに振り回されている状況の全貌が、ただ明確に観えています。それは光によって映し出された影のようなものであり、また一枚の紙切れに書かれた絵のようなものであって、見えてはいますが、それに現実感や否定的な意味が伴うことはありません。実相として在るのは、さまざまな出来事を通して進化しよう、成長しようと唯ひたすら努力している純粋な魂の姿のみであって、それは、ただただ全面的な愛で包むしかないものです。

 

黎明(下巻) 葦原瑞穂著 より引用

悪を含めた環境を通して我々は成長する

映画「スピードレーサー」(マッハgogogoの実写版)の1シーン

 

スピード:(レース界にはびこる腐敗や悪を、命をかけて変えようとしたが、土壇場で裏切られて失敗し、怒り、絶望している心境のもとで)「レース界は、変わらないさ。」

 

レーサーX:「そんなことは関係ない。レースが我々を変えるんだ。」

人生の意味

そもそも、我々が人生の意味を問うてはいけない。

我々は人生に問われている立場であり、

我々が人生の答えを出さなければならないのだ。

  

                フランクル

失敗について byカリール・ジブラン

人を鎖にたとえて、一番弱い環の強さがその鎖の強さだとよく言われる。

けれど、それは真実の半分でしかない。

一番強い環の強さも、やはり鎖の強さなのだ。

一番ちっぽけな行いで人を計るのは、

あぶくの弱さを大海の力だと信じるようなものだ。

失敗したからと人を裁くのは、

移り変わるからと、季節を責めるようなものだ。

「預言者」カリール・ジブランより抜粋