学ぶということ?

<私たちは、真実を学んできたわけではない>

 私たちは、成績を付けられることに慣れてしまっており、ある意味で評価されることで飼いならされており、どんなことでも評価基準や成績がつけられないと不安になってしまっていないでしょうか?不安だからこそ、答えや標準、満点など存在しないことでもそれがあるはずだと思い込んではいないでしょうか?

 私たちのどこかに、人のありよう、生き方、人生、コミュニケーション、リーダーシップに正解があるはずだ、完璧なものがあるはずだと思い込んではいないでしょうか?
 もしそうだとしたら、ヒューマンスキルに、正解があると思い込んでいるのは、ある意味で、幻想といえないでしょうか?個性に、正解があると思い込んでいるのは、ある意味で、途方も無い勘違いではないでしょうか?

 もし、生き方や関わり方、問題解決の仕方に正解があるのならば、なぜ、世の中は、かくもこのようなのでしょう?なぜ戦争はなくならないのでしょう?なぜ家庭が平和ではないのでしょう?なぜこうも悩みが多いのでしょう?

 明らかなことは、答えであると教えられてきたことは、決して本当の真実ではないということではないでしょうか。なぜならば、教えられたように努力して、私たちは今のような社会をつくっているからです。そして、今の社会は、全てがうまく言っているとはいえないでしょう。

 完璧さを求める理論やモデルの中には、”非難されないために””不安や恐怖から逃れるために”または、”誰かがその人の都合のよい人間に矯正するために”つくられておいるものもあり、”自分が自分らしく本音でそう生きたいために”だけ作られたものばかりとは限りません。

 また、おおよそ、人間の心理やあり方に関する理論は、仮説であって真実ではありません。また、部分的、ほんのひとつの断片を描いたものであり、決して全体像を説明し切れているものではありません。

 どんなに権威ある考え方、理論でも、もしかしたら、勘違い、思い込みであるかもしれないのです。

 もしそんな勘違いや間違いを信じ込んで人生の機軸としてしまっているとしたら、危険であり、本来の自分の人生とは違う生き方になってしまうでしょう。

 事実、人は、この宇宙を説明する最高の理論である宗教の名の下に、たくさんの人を殺しています。

 私たちは、教えられてきたことや、教えようとされていることに対して、もう少し注意深くなる必要があるのではないでしょうか。

 私たちは、自分の生き方を決めて行くときには、本当のことに基づいて舵を切っていく必要があるのです。

 そんなときに、頼りになるのは、既に言われている”答え”ではなく、まさに、自分自身のリアルな”体験”と言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)