就活対策「主体性とは志を定めるということ」

   「大学生は主体性が足りない」 経団連、企業アンケート  asahi.com 2011年2月7日

 最近の大学生には主体性や創造力が足りない――産業界にこんな不満があることが、日本経団連のアンケートでわかった。最近の新卒採用で企業側は、募集人数に達しなくても求める人材がいなければ採用しない「厳選採用」を続ける。内定率の向上には、大学教育の内容を巡る企業と大学のミスマッチを解消する努力が求められている実情が改めて浮き彫りになった。

 大学生の採用で重視すること(複数回答)を企業に1~5ポイントで評価してもらったところ、「主体性」が平均4.6ポイントで最多。「コミュニケーション能力」と「実行力」が4.5ポイントで続いた。

 一方、最近の大学生に不足している素質を尋ねる(同)と、一番多かったのが「主体性」で89.1%。能力・知識面で不足を尋ねた(同)ところ、既存の価値観にとらわれない発想ができる「創造力」が69.3%でトップだった。

 大学に取り組みを期待することの質問(同)では「教育方法の改善」が76.5%を占めた。具体的には、学生に体験活動をさせる授業などが挙がり、教員が一方的に講義する授業への不信を示した。

 企業側は大学教育にどう参加しているのか。27.3%が幹部や実務担当者を大学に派遣して講義をし、インターンシップを実施している企業も48.3%に達した。経団連は「今後も大学側との協力を進めたい」と話している。

 アンケートは昨年9~11月、経団連会員企業1283社と非会員の地方中堅企業に尋ね、596社から回答を得た。(吉田博紀)

以上、asahi.comより引用

 

 

 経団連のアンケートより、就活中の大学生に主体性が足りないという不満が企業側にはあるとのこと。これは、ひとえに、大学生のこころざしの無さによるものだと私は思います。

 就活生には、就社志向と就職志向の2種類の学生がいます。就社志向とは、不安や恐怖にたきつけられて、どこでもいいから内定を得ようと奔走し、内定を得たならば、解雇されないようにしっかりと頑張ろうとする戦略です。正直なところ、大半の学生がこうした意識で就活を展開しているのではないでしょうか。彼ら彼女らは、正直なところ、企業人になどなりたくはないのです。企業人として幸せになるというヴィジョンが持てないのですよ。これは、大学生側の問題というよりは、彼ら彼女らに見本を見せてきた我々大人の問題なのかもしれませんね。

 一方、これとは全く異なる就職志向という戦略もあります。就職志向とは、「自分にはその道のプロとして輝きたいという夢がある。その夢を実現するために就職したい。」という考え方に基づいて、会社にぶら下がるのではなく、自分の夢を主体的に追い求めようとする生き方を言います。彼ら彼女らは、自分の幸せな未来のヴィジョンがしっかりと見えており、そうした夢や志を最も実現できるであろう最高の職場を探すという就活本来の在り方の活動を展開しているわけです。

 この2つの志向の違いが、採用担当者にとって興味のある最大のポイントとなります。採用担当者は、応募者が、就社志向なのか就職志向なのかを早めに見極めて、就社志向の応募者は、どんどん断ろうとするのです。

 そして、この違いを見極めるために採用担当者が学生に投げかける質問が、「あなたの夢を聞かせてください」「当社に入社した後のあなたのキャリアヴィジョンを聞かせてください」であり、その質問に答えられない学生が多いので、今回の記事のように『主体性がない』という評価につながっているのだろうと思います。

 就職できない恐怖や将来が不安な学生の気持ちはわかりますが、単に、それから逃れようともがくだけでは、至って不利であり、早い段階で敗退する事になってしまうでしょう。就活で勝利を目指す学生は、プロ志向、就職志向が必要であり、しっかりとした夢や志、自分の本音のそうありたいと願うキャリアヴィジョンが必要なのです。

 こんなに苦しいさなかで夢や希望など浮いた話は考えられないという気持ちは分かりますが、そのままでは、前述の通り、はなはだ不利であり、戦線を突破しづらいでしょう。だから夢を持てというわけではありませんが、この人生に大きな影響を与えるターニングポイントにあって、自分自身どうありたいか?何のために生きるのか?何が私にとっての幸せなのかをしっかりと考える必要があるのですよ。難しい問題だからと言って決して逃げてはいけないのです。そもそも、就職は、そうしないと怖いからするものではなく、自分の幸せのためにするもの。自分の幸せを決してあきらめてはいけないのです。

 就活生にとって、相当困難な時代であることは確かで、本当にかわいそうだと思いますが、逃げずに立ち向かっていけば、必ず突破口がある。その第一歩として、自分の幸せについて、まずしっかりと考えて、ハートにしっかりと志を持つことをお勧めしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)