月別アーカイブ: 2017年2月

kindle本「自尊心が全てを変える」を出版しました

電子書籍kindle本「自尊心が全てを変える」を出版しました。

自尊心の心理学シリーズと題して2014年にその第1巻「自尊心の重要性」というKindle本を出版しておりますが、今回の「自尊心が全てを変える」はその第2弾となります。

第1巻目が自尊心は生きる上での基盤となる大切な要素であることが書かれているのに対して、今回の第2巻目は、大切な自尊心をどう回復していくのかについてその考え方と方法が「自尊心回復のための7原則」と題して書かれています。

また理論のみならずエクササイズも盛り込まれており、読み方によっては単なる読書を超えて実際に自尊心の回復を体験できるかもしれません。

第1巻目を書き上げたときには、もうこれ以上のものを書けないだろうと思っていましたが、その後、遅筆ではあるものの当ブログにて書き足してきたこと、研修開発した教材などを加えて、ようやく完成させることが出来ました。これも、当ブログに見に来てくださっている読者がいたからこそです。読者の皆さんに心から感謝申し上げます。

完成した本は、自画自賛ですが、とても良い本だと思います。

読み返してみて自分もこの本に勇気づけられました。

願わくば、多くの方々、特に人生に生きづらさを感じ、困難にもがき、それでも何とかしたいと願い、奮闘している同志たちにとって価値のある本でありますように!

【kindle本「自尊心がすべてを変える」目次】
第1章 自尊心の回復がすべてを変える
1.自尊心とは
①自尊心とは
②自分を好きになっても構わない、と言うか好きにならなければ大変なことになる
③日本人の自尊心は病んでおり、心には痛みが潜んでいる
④日本が国力を失ったのは自尊心のせい?
⑤人は変われる
⑥自尊心を回復するということ
2.あらゆる心の闇は自尊心の欠如から生まれる
①心の闇の根本的な原因とは?
②健全なハートには強い免疫力がある
③自尊心の低い人の内面で起こっていること
④あらゆる心の闇は自尊心の欠如から生まれる
⑤不健康なハートは、愛すれば愛するほど愛する人を傷つけてしまう
3.自尊心の回復がすべてを変える
①私が体験した自尊心回復のプロセス
②自尊心の回復がすべてを変える
③自虐は、最凶最悪の弱い者いじめ
④自尊心を回復し、自分らしく堂々と生きよう
第2章 自尊心回復の7つの原則
第1原則「自灯明法灯明」
<エクササイズ 「自尊心回復のための基盤づくり」>
第2原則「自尊心を巡る誤解を解く」
①「自分を愛する」ことと「自己愛」は違う
②「こだわり」と「頑固さ」は違う
③「謙虚さ」と「自虐」は違う
④「自分にまける」のは「弱い」からではない
⑤「自分を信じる」ための条件なんかいらない
⑥利己主義と自尊は違う
<エクササイズ 「自尊心を巡る誤解を解く」>
第3原則「リラックスと集中」
①リラックスは最強最善のスキル
②優等生症候群
③なぜリラックスがこんなに難しいのか?
<エクササイズ 「リラックスを深める瞑想」>
第4原則「自分を受け入れる」
①「ありのままの私」とは
②受け入れるということ
③自分を受け入れるということ
<エクササイズ 「ありのままの私を受け入れる」>
(1)ありのままの私を受け入れられていないと言う現状を理解する。
(2)ありのままの私を受け入れるための瞑想
第5原則「自分に対する攻撃をやめる」
①自分の欠点に対する扱い方
②自虐は最凶最悪の弱い者いじめ
③自虐の生き方は過去の亡霊に支配される生き方
④人は、自分で生き方を選べる
⑤自虐を止める
⑥自己嫌悪ではなく反省をする
⑴現状認識
⑵原因探求
⑶対策
⑦忠実であるべきものは過去の亡霊ではなくこころざし
<エクササイズ 「前向きに自分と向き合う」>
第6原則「自己犠牲ではなく自己選択として生きる」
①自己犠牲は美徳?
②自己選択として生きる
<エクササイズ 「自己犠牲を見直す」>
第7原則「恐怖から自分自身を取り戻す」
①恐怖心とは
②マズローの欲求理論に基づく恐怖論
⑴生存危機の恐怖
⑵衣食住の恐怖
⑶疎外の恐怖
⑷存在価値の恐怖
③自尊心を持って生きる
<エクササイズ 「恐怖と向き合い恐怖を癒やす」>
第3章 自分を生きる勇者となる
1.そもそも“私”とは
①“私”とは?
②“私”とは体?
③“私”とは感情?
④“私”とは思考?
⑤“私”とはなぞ?
⑥“私”のなぞは、夢と冒険に満ちたロマン
2.自尊心を生きる
①成長とは
②恐怖を乗り越える
③理想を定める
第1ステップ 自分の使命に気づく
第2ステップ 自分の理想を定める
④自尊心をもって理想を生きる

オンラインショップにてダウンロード商品を発表しました

当社の研修マニュアルなどを販売しているオンラインショップ「ヴィーナスアソシエイションオンラインショップ」にて、このたび、企業研修や学校教育などで利用できる体験学習の実習運営マニュアルのダウンロード版商品をリリースしました。ダウンロード版商品はPDFファイルで提供されており、購入した人が、コンテンツのノウハウを印刷し、社内研修、学校の教室などで利用することができます。

ダウンロード版商品の一覧

【背景】
近年、企業を取り巻く環境の激変を受け、企業風土の刷新が大きなテーマとなっています。コミュニケーションや組織風土は、良くも悪くも企業業績のみならず、企業不祥事や深刻な事故にまで大きな影響を与えてしまいます。今回リリースされた体験学習の実習マニュアルは、そうした企業のコミュニケーションや風土を改善していくことに貢献することができます。本マニュアルを活用して良質な企業研修を社内のスタッフの手で内製化し、低予算で実施することができます。

【商品の概要】
ダウンロード版商品は、現在のところ以下の4種類です。いずれも多くの企業研修や大学のキャリア教育などで実績を上げ高い評価を受けている効果的な実習です。

1.ダウンロード版 実習「ひょうたん山」講師用マニュアル
断片的な情報をコミュニケーションを通して出し合い、課題を解決していく問題解決型の実習です。楽しくエキサイティングな体験を通してコミュニケーションやリーダーシップ、チームスキルを学ぶことができます。難易度は高くチーム形成後期の段階で利用すると効果的です。
①実習のねらい「効果的なコミュニケーションに必要なポイントを学ぶ。」
②所要時間 約1時間40分
⑴導入(10分)
⑵実習の実施(50分)
⑶正解発表(5分)
⑷ふりかえり(25分)
⑸小講義「効果的なコミュニケーションに必要な要素」(10分)
③グループのサイズ 標準6名(4名から8名まで可)

2.ダウンロード版 コンセンサス実習「高価な薬」講師用マニュアル
答えのないコンセンサス実習です。高価な薬を巡って起こるオリジナルドラマを素材としてお互いの価値観を明確化し、理解しあうための対話スキルを学ぶことができます。
①実習のねらい「価値観の対話スキルを学ぶ。」
②所要時間 約1時間50分
⑴導入(10分)
⑵個人決定(12分)
⑶集計表の作成(10分)
⑷グループ決定(43分)
⑸ふりかえり(25分)
⑹小講義「ディスカッションとダイアローグ」(10分)
③グループのサイズ 標準6名(4名から8名まで可)

3.ダウンロード版 実習「ストロータワー」講師用マニュアル
コミュニケーションやチームワークのスキルを学ぶことができる体験学習による問題解決型の実習です。3次元で作品を作り上げる実習であり、楽しくエキサイティングな体験を通して大切なことを学べる実習です。
①実習のねらい「効果的なチームワークに必要なポイントを学ぶ。」
②所要時間 標準1時間50分
⑴導入(10分)
⑵打ち合わせ(15分)
⑶ストロータワーの作成(40分)
⑷検査(10分)
⑸ふりかえり(25分)
⑹小講義「チームワークに必要な要素」(10分)
③グループのサイズ 標準6名(4名から8名まで可)

4.ダウンロード版 英語版実習「ひょうたん山」講師用マニュアル
Download Version Exercise “Mt.Bottle Gourd” Facilitator’s Manual (English)
先に掲載されている実習「ひょうたん山」講師用マニュアルの英語版です。
ひょうたん山の実習をすべて英語バージョンで実施することができます。外国でのチームビルディング研修や語学教育などにご利用いただけます。
①実習のねらい「効果的なコミュニケーションに必要なポイントを学ぶ。」
Purpose of the training :
“To understand necessary skills for effective communication through actual experience”.
②所要時間 約1時間40分
Time required : About 1 hour 40 minutes
⑴導入(10分) Introduction (10 minutes)
⑵実習の実施(50分) Implementation of Exercise (50 minutes)
⑶正解発表(5分) Announcement of Right Answer(5 minutes)
⑷ふりかえり(25分) Processing (25 minutes)
⑸小講義「効果的なコミュニケーションに必要な要素」(10分)
Mini-Lecture”For Effective Communication”(10 minutes)
③グループのサイズ 標準6名(4名から8名まで可)
Group Size The standard number of members per group is 6,
but the possible number ranges from 4 to 8 people.

【ダウンロード版商品発表記念セールを実施中】
ダウンロード版商品の発表を記念して特別セールを実施しています。
2月末(28日)まで、ダウンロード版商品は通常価格の半額で販売されています。
ダウンロード版商品は、全品9,600円+税なので、セール中は4,800円+税となります。