ヴィーナスアソシエイション ファシリテーター紹介

ヴィーナスアソシエイション:ファシリテーター紹介

ヴィーナスアソシエイションの特徴の一つは、個性的で温かく、魅力的で素晴らしい仲間に恵まれていることです。


ヴィーナスアソシエイションのファシリテーターをご紹介しましょう。

みな、同じ志のもと、情熱を胸に、良い講座をご提供できるよう、頑張っています。



ヴィーナスアソシエイション ファシリテーター

手塚 芳晴(てづか よしはる)


1961年北海道生まれ
1985年横浜市立大学卒業(行動科学専攻)

卒業後、会計事務所において経営コンサルタントとして、企業の戦略・文化・経営管理のコンサルテーションを行うものの、人間不在の収益性や効率最優先のコンサルティングのあり方に疑問を感じ、生々しい人間そのものの成長を扱う人材開発会社に転職、9年にわたり大手企業の人材開発・教育研修に携わる。

トレーニングを通して、人間関係やパーソナリティ、人間の行動や心理の探求を深めていく過程で、
「人や人間関係の本質は、決して孤立や戦いではない。それは、躍動的であり、暖かく、生き生きとしてダイナミックに変化し、傷つきやすくもまた愛しく、自分を元気にさせてくれる貴いものだ。」といった気づき・実感が起こり、「人が心身ともに健康で、自分らしく生きるためには、このような本質に対する気づきが必要不可欠」であることを確信する。

1999年に独立し、ヴィーナスアソシエイションを創業、企業や大学におけるヒューマンスキル教育やカウンセリングに従事する。

現在、有限会社ヴィーナスアソシエイション代表取締役として、講演、教育研修、コンサルティング、カウンセリング等活動を行っていると同時に、鶴見大学非常勤講師としてキャリア形成論とプレゼン・ディスカッションスキル演習を担当している。


<著作>
「To be a Hero(自分を生きる勇者となるために)〜リーダーシップの開発〜」
「Adventure to Encounter(出会いへの冒険)〜コミュニケーションスキルの向上を目指して〜」
「Five Function(ファイブファンクション)〜人間心理の5つの機能〜」
「Power Communication(パワーコミュニケーション) 〜体験学習実習集〜」
「Atlantic Project(新入社員研修プログラム)」
「To be yourself 〜前向きに生きて自分らしく輝くキャリアを育もう〜]
「実践就活マニュアル」



藤塚 伸雄(ふじつか のぶお)


<学歴> 1984年 3月  明治学院大学 経済学部 商学科卒業

<経歴>
人事マネージャーとして、コンパック、ジョンソン、ボーダフォン、AIU保険会社など、いくつかの外資系企業および日系企業の双方の企業で仕事に従事してきた。人事として手がけてきた事案は、人材開発、人材採用ならびに要員計画、業績管理、後継者育成そして報酬制度と福利厚生制度など、人事分野での経験は多岐に渡る。これまでのキャリアを通じて、企業文化や社会背景の多様性を踏まえた望ましい解決策の策定を実践してきた。
人材を生かすために個人と企業の双方の視点から思量し、個人の自律とキャリア開発をサポートすることに情熱をもって取り組んでいる。


Nobuo Fujitsuka had been working as H.R. manager for 18 years both Japanese and several companies with foreign capital affiliation. During this time, he had broad experiences which are including HRD, recruiting, performance management and compensation benefit schemes. He is currently in charge of diverse industry both of domestic and foreign-affiliate. He would offer the proposal which is reflecting sense of domestic H.R. capabilities to support them for the future.


<専門領域>
1. キャリア・カウンセリング
2. 人材採用戦略策定と実施
3. 人材開発プランのデザインと実施
4. コーチングの実施
5. 人材アセスメント
6. パフォーマンス・マネジメント
7. 多面評価


<資格>
GCDF(グローバル・キャリア・ディベロップメント・ファシリテーター)
DiSC認定トレーナー
ハーマンモデル認定トレーナー
グロービス・ビジネススクール CBA



大西 勝也(おおにし かつや)


<学歴> 1993年 明治学院大学卒業(社会学部)
    2012年 多摩大学大学院博士課程前期修了(経営情報学)

<経歴>
 大学卒業後、約20年間にわたり大手電気機器メーカーの人事部門にて、主に、次世代事業責任者育成やグローバル人材育成など、人材開発プログラムの企画、導入を担当した。
 また、その間、シンガポール、台湾、ベトナムの現地法人に赴任し、各社の管理部門責任者として、人事制度の企画、導入や労務管理を統括した。自身がモットーとする、「人が生き生きと輝いて働く場づくり」を目標に掲げリーダーシップを発揮した結果、国境を越えてスタッフの人心を掌握、恊働関係を構築して、急成長する新興国特有の問題や課題を解決に導いた。
 現在は、「日本とアジアをつなげる人材を輩出、その活躍を支援する」基盤づくりをするためにベトナムの飲食店の経営に参画。そこで働く従業員の育成に取り組みつつ、その知見を教育メソッドに反映し、これを広く社会へ普及する活動に取り組んでいる。



井ノ川 勝男(いのかわ かつお)


1952年  新潟生まれ
1978年  立正大学経済学部卒業後、航空関連企業に入社。

現業、管理部門の管理職を経た後、約8年間人材開発部門の責任者として、人材育成制度のしくみづくりや教育研修、風土改革運動に取り組む。

この間、人間は、単に制度やしくみを制度化しただけでは、個々人が本来、持ち合わせている個性やエネルギーを発揮することはできないと実感し、放送大学で心理学を学ぶと同時に、産業カウンセラーの資格を取得する。

学んだことをもとに、企業研修に、グループアプローチや個人カウンセリングを取り入れ、「個の確立と成長」をベースにした企業教育を推進する。


現在ヴィーナスアソシエイションのファシリテータとして講演、教育研修、コンサルティング、カウンセリング等活動を行っている。
モットーは「共学・共育」


ヴィーナスアソシエイションTOPへ

TOP>公開セミナー>ファシリテーター紹介