カテゴリー別アーカイブ: ⑥心理学

マズローの欲求理論① 「D動機」

 A.マズローは、欲求階層説という理論を発表し、そのなかで、人間の欲求は、低次から高次へと階層をなしており、低次の欲求が満足されると、1階層上の欲求が発現してくると言う仮説を提示した。

 もっとも基盤となる低次の欲求は、『生理的欲求』であり、生き残りたいというサバイバルの欲求である。おもに、食欲、性欲、睡眠欲などにかかわる欲求といえる。

 生理的欲求が満たされたならば、次に発現してくる欲求が『安全欲求』である。単に生き残るだけではなく、生存が保証されたい、安定的に安全でありたいという欲求で、衣食住の安定とかかわる欲求である。

 安全欲求が満たされたならば、次に発現してくる欲求が『社会的欲求』である。社会の一員でありたい、仲間外れにされたくないという欲求である。

 社会的欲求が満たされたならば、次に発現してくる欲求が『自我の欲求』である。単に社会の一員であるだけではなく、社会の中でひとかどの人間になりたい、他の人たちよりも尊敬を集める人間でありたいという欲求である。

 マズローは、以上の欲求には、共通した要素があると考えた。それは、それらの欲求が、ある前提を基盤として起こっているということである。その前提とは、「私には、何かが欠けている。欠けている何かを得なければ生存の危機にさらされる。万難を排して欠けている何かを手に入れなければならない。」という自己認識である。そのような特徴から、マズローは、以上の欲求をDeficiency(欠乏)の頭文字をとってD動機(欠乏動機)と名付けた。

 D動機(欠乏動機)とは、生存の危機を起因とした、不安や恐怖に焚きつけられた渇望といえよう。

 一方、マズローは、人間の欲求は、D動機だけではなく、まったD動機とは性質の異なる欲求も存在すると主張した。(続き)

 

<関連記事>

マズローの欲求理論①「D動機」 

マズローの欲求理論②「B動機」

マズローの欲求理論③「動機づけのマネジメント」

マズローの欲求理論④「D動機の経営」

マズローの欲求理論⑤「B動機の経営」

マズローの欲求理論⑥「B動機の経営事例」

マズローの欲求理論⑦「D動機の生き方」

マズローの欲求理論⑧「B動機の生き方」

マズローの欲求理論⑨「B動機の時代がやってくる」

 

<関連プログラム>

リーダーシップ研修”To be a Hero”

服従の心理

 人は、理不尽なことであっても、権威の命令であれば、服従してしまい、通常では絶対に行わないような問題行動であっても実行してしまうことがあります。この傾向を、米国心理学者ミルグラムは、「服従の心理」と名づけ、取り返しのつかない失敗をしてしまう落とし穴であると警鐘を鳴らしています。

<ミルグラムの実験(1960年~1963年)>
 この実験は、人間が権威の命令にどれだけ従ってしまうかを調べるために実施されました。

 「電気ショックという体罰を与えることで、生徒の記憶力がアップするかを調べる」と言う名目のもとに、被験者は、先生役となり、生徒に電気ショックを与える役割を担当し、生徒が設問に間違えるとスイッチを入れてショックを与え、次第に電圧を上げて罰の程度を高めていかなければなりませんでした。

 生徒役はサクラであり、どんどん間違えた答を出しますので、被験者は、どんどん電気ショックの電圧を上げていかなければなりません。もちろんサクラ役である生徒は、実際には電気ショックは与えられてないのですが、苦しむ様子は、分かる仕組みになっていました。

 苦しみ方には、レヴェルがあって、120ボルトになると苦痛を訴え、150ボルトでは「ここから出してほしい」と絶叫する。300ボルトになると、壁を叩いたり、すさまじい悲鳴をあげて、330ボルトになると、もはや壁を叩かなくなり、ついに無反応になると言った反応をすることになっています。この実験では、どの程度まで命令に従って、被験者がスイッチを押すのかを試されたのです。

  ミルグラム博士は、実験を始める前に精神科の医者たちに実験の結果を予測してもらっており、その予測では、200ボルト以上の電気ショックを与える人はほとんどいないし、ましてや450ボルトに達するほど残虐な人は1,000人に一人しか存在しないと仮説のもとでこの実験がなされたのです。

 しかし、結果は、驚くべきものでした。教師役の被験者のうち、300ボルト以上の電気ショックを与えた人が40人中31人(約80%)で、450ボルトに達した人は、40人中25人と、全体の60%以上にもなったのです。 要するに、権威者からの命令であれば、80%の人が、重傷を負わせる可能性のある苦痛を他人に与えることを拒否できないという結果であり、死をも強いることを拒否できない人が60%もいたということを意味しています。

 実験に参加した人たちは普通の善良な市民だったのですが、彼らの多くは、自分の思いとは別に、権威ある教授の命令には逆らえずに、ただ命令に服従してしまったのです。

   この実験から、私たちに影響を与える権威の力は、絶大であり、それに反対の意見を表明することは、極めて困難を要することが分かります。私たち人間は、いかに洗脳されやすく、権威や権力の言いなりになってしまう可能性が高いかということがわかります。

 歴史上、不健康な精神を持った権力者のもたらした悲劇には枚挙にいとまがありません。これも、単に性格の悪いいかれた権力者だけの問題ではなく、それに安易に従ってしまった私たち市民の責任でもあるかもしれません。もしかしたら、そんな権威者にNOといえたならそんな悲惨な歴史を避けることができたのかもしれないのですから。

 安易に権威に従ってしまう傾向は、根本的には自分に対する自信のなさに起因すると思います。自分の体験を大切にして、自分が感じたことや気づいたこと、ひらめいたアイデアを信じることができるのならば、それが権威者の言うことと違っていても、自分が間違えていると思い込んでしまわずに、自分の感じ方を選ぶことができるからです。

 だからこそ、権威を他人や他の本・偶像に置くのではなく、自分の内面に置く必要があるのだと私は思います。青い鳥は遠いどこかにいるのではなく、自分の内面にこそあるのですから。

 こんな私であっても、世界中で一番頼りになる存在、世界中でたった一人の存在、永遠の宇宙の歴史の中でたった一回の存在、かけがえのない限りなく価値のある存在、そんな存在を信じて大切にすること、そんなシンプルなことが地球から悲劇を取り除くための最善の方法なのかもしれません。

ずば抜けて高い日本の子供たちの孤独感

          日本の子供は先進国でずば抜けて「孤独」…幸福度調査

 国連児童基金(ユニセフ)は14日、先進国に住む子どもたちの「幸福度」に関する調査報告を発表した。
 それによると、子どもの意識をまとめた項目で、「孤独を感じる」と答えた日本の15歳の割合は、経済協力開発機構(OECD)加盟25か国29・8%と、ずば抜けて高かった。日本に続くのはアイスランド(10・3%)とポーランド(8・4%)だった。
                             読売新聞(2007年02月14日)

 

 古いデータですが、大切なことだと思ったので、引用しました。

 ユニセフの意識調査によると、先進国の中で、孤独感を感じる子供たちの割合が、ダントツに高い国が日本だったとのことです。

 最近、子供たちの暴力が増加傾向にあるというニュースも発表されましたが、その原因となっている重要や要素が、この孤独感なのではないでしょうか。

 『学校では信頼できる気の置けない大好きな友人たちとともに学んだり遊んだりして、家に帰れば愛する家族にに囲まれて、時にはけんかをしても愛されている実感を持って生活をする』、そんな子供が、簡単なストレスで切れてしまい、衝動に駆られて意に反して暴力をふるってしまうことをするでしょうか?

 そんな心境に追い込まれている状況というのは、全く逆に、『学校では、いついじめにあうかわからない恐怖とともにあり、級友とも感情を傷つけないようにかかわるので、自分の気持ちを相手に分かってもらうことなんかない。先生だってキャリアに傷つけないことだけを大切にしていて、問題があっても見て見ぬふりで信じられない。家に帰っても、みんな暗い顔で、機嫌が悪く、自分のことで手いっぱい。たまに会話しても冷たさしか感じない寂しさの中、自分も他人も大切には思えない』、そんな心境で心がいっぱいになってしまった子供たちが、きっと問題を起こしてしまうのだろうと思います。この問題は、学級崩壊やいじめ、登校拒否や様々な教育問題ともかかわっているのではないでしょうか。

 どうしてこんな問題が起こってしまったのでしょうか?世界中で、日本だけなのです。これは、ひとえに教育をリードしてきたリーダーたちの問題、ある意味で失敗といえるのではないでしょうか。こういう問題をよく理解して、文科省や教育に携わる人間は、私も含めて、猛反省すべきですよ。そして、早くこうした問題を解決できるように努めるべきだと思いますね。

 しかし、こうした問題に対処する方法として報道されることは、全国テストなどの競争の強化、厳罰主義、ゼロトレランス(不寛容)方式、など、おおよそ、ますます分離感と冷たさを助長する政策ばかりが目につきます。どんなに優秀な施策でも、さらなる分離感や脅迫を感じる方法は、子供たちにとってはますますの不信感を強化する働きかけと感じ、さらなる孤独感をもたらすでしょう。

 大切なことは、信頼感の回復。シンプルに会話の回復、愛の回復なのです。これができるのは、子供たちの主体性ではなく、大人たちのリーダーシップによるのですから、大人たちが、体を張ってこうした教育に取り組む必要があるのだと私は思いますね。

 信頼と愛の回復の教育。本当に実現するためには、とてつもない勇気とエネルギーと努力が必要だと思いますが、私自身は、ライフワークとして挑戦していきたいと思います。大切なことは、子供たちの自信と元気の回復なのです。子供たちには、自分で素晴らしい人生を切り開く限りない可能性を秘めている。それを引き出すのは自分自身の力であり、そんな自分の力に気づき、自らの足で立てるように支援することが本当の教育なのだろうと思います。ぜひ政府もこうした意見に耳を傾けて、政策に反映させてほしいと思いますね。

学習性無力感

 ”学習性無力感”とは、米国心理学者M.セリグマン(1943~)によって発見されたユニークな心理理論であり、教育に携わる私たちにとって、多くの教訓を示してくれる考え方だと思いますのでご紹介します。
 なお、以下の文は、『オプティミストはなぜ成功するか』(M.セリグマン 講談社文庫)を参考にして、書いております。

<心理学を志す>
 セリグマンは、13歳の時に、父が病気により体が麻痺すると同時に、うつ状態となり、不幸な晩年を送ったことを契機に、父親のような人たちの助けとなりたいと思い、心理学を志すようになり、1964年、ペンシルバニア大学の大学院に進学しました。
 その頃の、心理学は、”行動主義”と呼ばれる考え方が主流となっておりました。
 行動主義とは、「おおよそ、生物は、”刺激→反応”のパターンを観察、計測し分析することで、その行動を説明し、コントロールすることが出来る。」と言う考え方に基づいていたのです。
 現代では、生命は、そのような単純なものではなく、”刺激→有機的存在→反応”と言う複雑なプロセスを経て主体的かつ個性的な行動をする存在であると言う考え方が主流であり、行動主義心理学は、心や意識を無視し、主体性をないがしろにしているとの理由で批判されることが多いのですが、当時は、一種の暗黙の規範のように、「”行動主義的”な考え方でなければ心理学ではない。」と言えるほどの強い権威を持った考え方だったのです。

<きっかけとなった心理実験>
 セリグマンが、進学時に大学院で行われていた実験も、まさにこのような”行動主義心理学”に基づいた実験でした。
 実験は、「パブロフの犬」に代表される条件付けの実験であり、犬に”刺激→反応”のパターンを学習させることを目的とした実験だったのです。
 実験は、3段階で構成されており、まず、第一段階として、”高い音”をならした直後に電気ショックを与えることを繰り返し、犬が、高い音と不快なショックを結びつけるようにして、後で、犬が音を聞いただけでショックを受けたときと同じように恐れて反応することを学習させると言った条件付けを行ないます。
 第二段階として、犬は、シャトルボックスに入れられます。シャトルボックスは、2区画に仕切られ、間に低い仕切り板があり、犬が望めば、飛び越えることが出来る高さとなっています。
実験は、シャトルボックスの片側にいる犬に、電気ショックを与えるが、仕切り板を飛び越えて、隣室に入るとショックが止まることを繰り返し、「電気ショックが起これば、仕切り板を飛び越え、隣室に入ると、ショックを止めることが出来る」ことを学ばせることです。
 そして第三段階は、電気ショックを与えずに、高い音がなれば、音だけで仕切りを飛び越えることができるかどうかを試みることが実験企画の全体の内容でした。
 セリグマンが、大学院に進学したそのときに、ちょうどこの実験が行われていたのですが、実は、実験はもくろみの通りに進んでおらず、諸先輩が、困っているところだったのでした。
第二段階において、犬は、電気ショックを与えても、ただ鼻を鳴らしているだけで、ショックから逃げるために、シャトルを仕切る板を飛び越えようとせずに、ただ座り込んでいたのでした。
その時、セリグマンは、犬の様子を見て、「父のうつ状態」と似ていると直観しました。
 セリグマンは、この実験の犬は、どんなに逃げても、この電気ショックからは逃れられないことを理解し、無力感にさいなまれ、うつ状態になったのではないかと考えたのです。

<学習性無力感>
 セリグマンのこの直観は、行動主義心理学に教化されていた諸先輩からは、「勘違いだ」「動物が、そんなに高度な精神活動はしていない」と否定されましたが、セリグマンは、めげずに、実験を繰り返し、ついに「動物であっても、自分でコントロールできない避けがたい出来事を多く体験すると、無力感を学習し、無抵抗なうつ状態になる」ことを論文で発表しました。
 この論文は、支配的だった行動主義の考え方に強烈な一撃を加えることになり、当時の心理学会に大反響を与えることになったのです。
 犬が体験したうつ状態は、後に「学習性無力感」と呼ばれ、このセリグマンの考えは、広く一般に認知される心理学の理論となりました。

<学習性無力感の教え>
 ”学習性無力感”…学習(狭義の)によって、うつとなり無力になる、とはなんと皮肉なことでしょう。
 学習性無力感は、ある意味、”あめとムチ”で他者をコントロールしようとする試みは、決して教育にはつながらず、結局他者をうつ状態にしてしまうことにつながってしまうことを証明する理論でもあると言えましょう。
 人は、自分らしく輝いているときには、想像もつかないような大きな仕事をやり遂げる力がありますが、うつ状態に陥れば、考えられないような失敗や問題行動を起こしてしまう可能性があります。
 厳罰によって従業員の行動を管理しようとした2005年4月25日に起こったJR西日本の尼崎における大事故は、そのことを象徴しているようにも思えます。

・問題解決に必要なことは、恐怖ではなく信頼である。
・人は、不安で怖いから有能になるのではなく、自由で楽しいからこそ輝く。

 学習性無力感の理論は、教育やマネジメントを考えるに当たって、私たちに、強く気をつけなければならない教訓を示してくれているといえましょう。

 

<関連書籍>

単行本『To be Yourself』より抜粋

 

<関連プログラム>

リーダーシップ研修”To be a Hero”

コミュニケーション研修”アドベンチャー トゥ エンカウンター”

体験型新入社員研修”アトランティックプロジェクト”

人生への絶望感 脳卒中誘発?

   人生への絶望感 脳卒中誘発 (朝日新聞 2009年9月1日)

 【ワシントン=勝田敏彦】人生に絶望する気持ちがあると、頸動脈(けいどうみゃく)に病変が起き、脳卒中や心臓病を起こす危険が高いことが米ミネソタ大の研究でわかった。米心臓協会の医学誌「ストローク」の最新号に論文が掲載された。

 研究チームは、循環器病にかかったことがない中高年女性559人を対象とした研究で、人生に対して前向きかどうかを質問。この回答と、超音波検査で測った頸動脈の壁の厚みのデータを分析した。

 頸動脈は脳に血液を送る血管。動脈硬化で壁が厚くなると、脳卒中などの原因となる血栓ができやすくなる。

 分析の結果、人生に最も前向きな集団と、最も絶望感が強い集団とでは、壁の厚みに0.06ミリの差があった。研究チームは「この差は、臨床的に重要である可能性があり、絶望感が強い集団は将来、心臓病や脳卒中になる危険が高い」と分析している。

 絶望感と頸動脈の壁の厚みとの間の生理学的な関係ははっきりしていないが、研究チームは、絶望感が強い人にはカウンセリングなどを勧めている。

 

 人生に対して悲観的である人たちは、前向きである人たちに比べて、動脈硬化で頸動脈の血管壁が厚くなり、0.06ミリの差があったとのこと、この差は、脳卒中や心臓病などの危険性を高めるとのことです。

 自分で自分の人生をどう思おうが、それこそ個々人の自由であり、人にとやかく言われる筋合いのものではないのですが、こういうデータを見ると、過度な悲観は気をつけなければならないと思いますね。

 基本的に、人生は、決して甘くはないものであって、それを心配しようと思ったらいくらでも心配することもできますが、そんな不安と恐怖の罠にはまって憂鬱となることは、やはり慎まなければならないと私自身は自戒しています。

 どんなに悩んでも未来のことは分からないものは分からないのです。人生とはそういうものであって、だからこそ不安でもありますが、だからこそ面白くもあるのです。

 人生は、ある意味でサスペンスとロマンの冒険でもあります。待ち受けているものがどんなものであれ、きっと何とかなっていくものですよ。せっかくならば、その冒険を思い切り大胆に楽しめるようにしたいものですね。

認知症と悲観主義の関係

2005年4月17日 Medical News Today.comにおいて、認知症と悲観主義傾向に関する調査研究の記事が掲載されました。

 この研究は、アメリカ・ミネソタ州メイヨークリニックのYonas Geda博士と同僚医師によるもので、研究の結果「悲観傾向や不安傾向の強い人は、30年から40年後に認知症となる危険性が30%~40%高まる」ことが分かりました。

 この研究は、1962年~1965年に、メイヨークリニックでの研究計画の一部として実施されたミネソタ多面的 パーソナリティ インベントリーを受けた50,000人から、Olmsted郡(ミネソタ)に住んでいるおよそ3,500の個人のサンプルを抽出し、医療データ収集や聞き取り調査を行い、どのようなタイプの性格や認知傾向が、認知症と関わっているのかを分析することを目的に実施されたものです。
 この研究の結果、「精神医学上の問題を持っているわけではないが、性格が悲観主義傾向にある人は、数十年後に認知症となる確率が30%高くなり、悲観傾向に加え、強い不安感を持っている人たちは、認知症となる危険性が、40%も高くなっていた。」ことが分かりました。

 Geda博士は、「この研究は、集団レヴェルの調査であり、それを個人レヴェルにそのまま適応できない」として「このように研究を解釈することに用心深くなければならない」としていますが、認知症が、性格や認知傾向と関わる可能性を示唆する大変貴重な研究と言えましょう。

 弊社では、自己効力感や認知傾向が、組織や個人のパフォーマンスに大きく影響を及ぼしていると考えており、健全でたくましい自己信頼感や人生に対する信頼、ありのままに認識する力の育成に取り組んでおりますが、悲観傾向や過度な不安が、単に生産性や創造性ではなく、認知症といった健康や生命にもかかわるような病気とつながっている可能性があると言うことは、衝撃的です。

 認知症の原因は、今の医学では、まだ分からないことが多く、いずれの理論も仮説として理解する必要があると思いますが、やはり、過度に悲観的になったり、不安にどっぷりと浸かってしまうことは、注意する必要があると言えましょう。やはり、明るく楽しく人生を謳歌することが、認知症の予防にもつながることは間違いないと言えましょう。
 人生において起こる事柄は、決して喜ばしいことばかりとは限りませんが、私たちは、断じて無力ではありません。闇の暗さに気が遠くなるときもありますが、光あってこその闇であり、また、光に勝る闇はありません。
 健康のため、豊かで幸せな人生のために、大いに前向きに生きようではありませんか。

自己イメージ

 自己イメージとは、「私は~である。」「私は○○ができて、△△ができない。」といった、自分で自分をどのように認識しているのかのありようを自己イメージと言います。
 この自己イメージは、そのありようによって、人間関係、健康、生き方など、本人に大きな影響を及ぼしているとされています。

 しかし、この自己イメージは、かならずしも本当の自分を反映しているとは限らず、むしろ、誤解や思い込み、偏見などによってゆがんでしまっている可能性が大きいとされています。
 特に、日本人の自己イメージは、諸外国に比べて、矮小で貧弱で、自分に対してとっても手厳しいというデータが出ております。

 「諸外国に比べて、日本人は、能力が劣っている」ことが事実ならば、現実をありのままに見ていることになり問題は無いのですが、同じ人間として生まれて、潜在性や可能性に違いなどあるわけがありません。
 できないと信じているのは自分だけの思い込みであって、もともと持っている可能性に優劣などあるわけが無いのです。
 しかし、全く同じ人物であっても、一方は「必ずできる!」と信じて、もう一方は「絶対にできない」と信じて長年活動したとしたら、結果には大きな違いができてしまうでしょう。

 私たちは、断じて欠点だらけの無力な存在ではありません。
 私たちの潜在力は無限であり、まどろんでいる可能性は途方も無く大きいと言えるでしょう。
 私たちは、自分らしく輝いて生きるに値する十分な力量と能力を持っています。
 そして、地球は広いといっても、私のような顔と体を持っている人は、私一人であり、
 宇宙の歴史が長いといっても、私の人生は、今までも、今後も、たったの一回であり、とてつもなく尊く価値があることを忘れてはいけません。

 基本的な態度として、自分の力と可能性と価値を信じるべきであると言えましょう。
 自分を信じるからこそ、他人も信じることができるでしょうし、自分を大切にすることができるからこそ、他人も心から大切にでき、真の顧客満足を提供できるのではないでしょうか。