カテゴリー別アーカイブ: 2010年

ヴィーナス通信2010年春号「志の重要性」

ヴィーナス通信は、弊社からリリースしているメールマガジンです。

先日、2010年春号を発表しましたので、ご紹介します。

 

 

<ヴィーナス通信2010年春号>

春の嵐もようやくひと段落、東京の桜の開花も宣言されましたね。

みなさんお元気にご活躍のことと存じます。

ヴィーナスアソシエイションの手塚美和子です。

寒かった冬を乗り越え、弊社の桃の花もようやく咲きはじめました。

これから入社式や、新入社員研修などで忙しい時期に入りますが、ひととき、ヴィーナス通信をお読みになっていただき、何かのヒントにして戴ければ幸いです。

今回のテーマは、「こころざしの重要性」です。

弊社代表手塚芳晴が担当している大学の授業(プレゼンディスカッションスキル演習)の最終講で学生に配っている資料より抜粋したものです。

それでは、春のパワーとともにヴィーナス通信春号発信です!!

 

※ヴィーナス通信は、ヴィーナスアソシエイションにご縁のあった方々にお送りしているメールマガジンです。

配信中止を希望される方は、下記連絡先までご連絡ください。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆テーマ「こころざしの重要性」☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(プレゼンディスカッションスキル演習の最後にあたって)

 さて、講座の最後に当たって、みなさんに改めてこころざしの重要性についてお話したい。

「私は一体何のために生きるのだろう?」

この問いは、とても厳しい問いである。

いったん問いかけたら、答えが出るまでは、止むことはない。

しかし、その問いにだけは、満足のいく答えを出すことなど不可能だ。

だからこそ、「何のために生きるのか?」の問いかけは、危険が大きく、立ち向かっていくためには勇気が必要である。

しかし、みなさんには勇気をもって、この問いに取り組んでもらいたい。

 

難しい問題だからこそ、危険な問題だからこそ、真剣に向き合う時には、強烈なエネルギーと情熱が心の奥底からやってくる。

この情熱こそが青春の証なのだ。

危険を避けて、どうせ考えても無駄だからと、この問いから背を向けて、流される生き方を選んだ時から、ひそかに老化が始まるのだ。

 

「戸を叩け、されば開かれん。」

聖書の言葉にもあるとおり、問いをかけられたものには、必ず答えはやってくるものである。

「何のために生きるのか?」この真剣な問いかけに対する今の自分の答えとなるものこそがこころざしである。

志は、自分の理想、夢、あこがれ、育みたい人間性、哲学、最高のバージョンの人生である。

 

志を手にした者は、自分の輝かしい未来についての青写真を手に入れたことになる。

あなたが手に入れたその青写真は、とてつもなく価値あるものである。

地球上のどんなに美しい建物であっても、最初は、そっけない鉛筆書きの設計図から始まっていることを忘れてはいけない。

今は、手書きの頼りないメモのように見えるかもしれないが、それが種となり、芽を出し、茎をのばし、葉を広げ、ついには今は想像もつかないような美しく大きな花を咲かせるのだ。

 

ただし、たんに設計図があるからと言っても、それを行動に移さなければ、けっしてその後のプロセスは、展開することはあり得ない。

ヴィジョンに向けての具体的な行動への第一歩を踏み出す必要があるのだ。

その際に、必要となるものが、信念だ。

「苔の信念岩をも通す」のことわざどおり、「私のこころざしは必ず実現する」という信念をもって行動に当たれば、必ずいつかは花を開かせることになる。

しかし、「夢なんてどうせ実現するはずがない」と信じて事に当たれば、途中で遭遇するはずの困難にいとも簡単に屈服してしまい、素晴らしい可能性への道は閉ざされてしまうだろう。

 

夢の実現への道は、平坦ではない。

その過程で出会う人や出来事は、礼儀正しいお客さんばかりとは限らないのだ。

目の前に立ちはだかるだろう想像を絶する痛みや苦悩、困難は、1度や2度に限ったことではないだろう。

世に言われる成功者たちは、このような困難に遭遇したことは、枚挙に暇が無い。

成功とは、失敗しないことでも苦しまないことでもない。

失敗してもあきらめないことが、最終的には成功につながるのだ。

 

人が成長するためには、どうしても「痛み」と向き合う必要がある。

苦労が多ければ多いほど、その人の慈悲の深さと、揺るがない前向きな信念と、多くの人を受け入れる広さと度量が育まれてくるのだ。

学問に王道がないように、人生にも抜け道はない。

試練を潜り抜けてこそ人は大きくなっていくのである。

 

自らのこころざしを実現するためには、そのような厳しい道を歩む必要があることをしっかりと理解して、信念をもって事にあたろう。

どんなに困難な試練であったとしても、あなたがあきらめずに、前向きに粘り強く立ち向かっていけば、必ず道は開けてくる。

 

チャンスとピンチは、準備が整ったものにやってくるのだ。

 

だから、実のところ、立ちはだかった壁がどんなに高いものであったとしても、乗り越えられないものは存在しない。

あなたの試練は、あなたが乗り越えられる準備が整ったからこそやってきた。

だから、これからもあなたが生きていく上で、あなたが乗り越えられないような困難は、決してあらわれることはない。

その意味で、あなたが出会うであろう障害は、あなたにとってのよき教材であり、成長への貴重な踏み台なのだ。

 

人は、たいていの場合人が想像している以上の存在である。

あなたの可能性は、今は想像できないくらいに大きい。

自分の人生を信じて、自分が選ぶ道を堂々と力強く歩いていこう。

あなたには、それをやり遂げる充分な力があるのだから。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆ヴィーナスアソシエイション講座案内☆☆☆☆☆☆☆

 

<大学・短大向けキャリア教育プログラムj説明会>

○開催日  第1回開催  2010611()

       第2回開催  20107  9()

○時 間  午後1:005:00

○会 場  稲城市立iプラザ(東京都:京王線若葉台駅下車3分)

○参加費   無料

○ 概 要

大学・短大向けのキャリア教育プログラムの説明会を開催します。

ご紹介するプログラムは、長年大学教育に多くの実績をもつヴィーナスアソシエイションが提供する以下の3つのプログラムです。

 

1.キャリア教育講座…主に大学12年、短大1年生を対象とした、人間力形成をテーマとした長期的な生き方を探求するプログラムです。

2.実践就活対策講座…主に大学34年、短大2年を対象とした、実践的な就活スキルを体得する就活戦線を勝ち抜くための支援講座です。

3.サークルリーダー講座…大学・短大の新任のサークルリーダー養成講座です。

 

本説明会では、これらのプログラムを一部体験を交えながらご紹介いたします。

貴校の新しいキャリア教育の参考となる貴重な情報を提供いたします。

ぜひご参加ください。

 

 

<お申し込み方法>

参加する講座(商品)を明記の上、会社名、氏名、ご連絡先を以下のメールにて

お送り下さい。

mailto:reference@venus-association.com