アトランティックプロジェクト説明会を実施しました

 先日、アトランティックプロジェクトの説明会を実施いたしました。参加人数は、12名、さまざまな業種の企業さんの人事ご担当者に皆さんにお集まりいただきました。ずいぶん多くの方々にご参加いただけて、大変光栄でした。
 当説明会では、単に解説をしていくというだけではなく、実際に実習の一部をご体験いただきながら、プログラムの内容や雰囲気、効果をご理解いただくようになっており、今回は、2チームを組んで実際にアトランティックプロジェクトを実施していただきました。
 初対面で、しかも即席のチームであり、アトランティックプロジェクトのような大がかりの組織実習を成功させることは非常に困難であるにもかかわらず、両チームともに素晴らしい成果物を完成させて、プロジェクトを大成功に導かれました。さすがは、人事担当の皆さんですよね。
 教育研修のプログラムには、さまざまな哲学や考え方、性質のものがありますが、アトランティックプロジェクトは、明らかに温かく勇気づけていく系のプログラムです。「何とかなる、大丈夫だ、未来は開ける」そんな前向きで健康なメンタリティをさまざまな視点から育んでいく工夫がなされています。
 今回の説明会でも、そうした哲学をしっかりとお伝えすることができたと思います。やはり類は友を呼ぶと言うのでしょうか、ご参加いただいた皆さんも、やはり、そうした考え方を基盤に持っていらっしゃる方々で、私どもの考え方に快く共感いただき、プログラムを楽しんでいただけたと思います。
 昨今、新入社員研修で自殺者を出してしまった事件があったようですね。教育は、虐待やいじめと紙一重、意図がどうあれ、脅迫、暴力、虐待、操作、浸食的指導、洗脳など、自分がされて嫌なことは慎まなければなりません。有意義な学びは、決して外部からのプレッシャーではもたらされません。意味のある学びは、常に内面の気づき、主体性から生まれてくるのですから。
 願わくば、アトランティックプロジェクトの自尊心の考え方、前向きで健康な魂を温かく応援していけるスタンスが広く早く認められて、多くの場で活用してもらえますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)