月別アーカイブ: 2017年1月

成長の2つの方向性

成長には、水平的成長と垂直的成長の2種類の方向性があると考えられています。

水平的成長とは、ヨコの成長であり、現在の自分に役に立つであろうさまざまな技術や知識を学び、体得していく方向性の成長です。コンピューターに役に立つアプリをダウンロードして使いやすい環境を整えていくことに例えられましょう。

一方で垂直的成長とは、タテの成長です。現在の自分の在り方そのものを高めていこうとする成長であり、より度量が大きく、理解が深く、複眼的な視点からより正確にものごとを認識することができるようになるという人格の成長、人間の器の成長、人間としての根本の部分の成長を言います。

PCに例えると、さながら、水平的な成長がアプリを増やすことだとしたら、垂直的な成長は、OSのバージョンアップだと言えましょう。根本的に今ではできなかったことができるようになる本質的な成長です。

・今までは、嫌いだと言って口もきこうとしなかった人を受け入れ対話できるようになる。

・今までは気にも留めなかった人の気持ちを配慮するようになる。

・今までは認識できなかったより精妙な雰囲気を感知できるようになる。

・今までは人の悪意にしか目が向かず、かたくなに閉ざしていた心が緩まり、人の善意や愛にも気づけるようになる。

・今まではできないと思い込んでやらなかったことを、できるかもしれないと考えを変えてやってみる。

・今までは全く聞く耳を持てなかった人の話に耳を傾けることができるようになる。

・今までは憎み憎悪していた相手を許し、そうした相手の立場や動機を理解できるようになる。

・自分だけではなく多くの他人の立場で物事を見て複眼的に理解することができるようになる。

・より現実をありのままに見れるようになるので、打つ手がタイムリーで適切となる。

こうした成長は、その人そのものを変えるわけではありませんが、その人を制限していた制約条件(思い込み、恐怖、懸念など)を解きほぐし、その人のもともと持っていた素晴らしい人間性、能力、可能性を引き出す可能性のある成長であり、直線的な成長と言うよりは革命的な成長と言えましょう。

現在、日本の多くの企業で成長が頭打ちになっているという論調が多く主張されています。以前は存在していた人のライフスタイルを変えてしまうような革新的な創造、発明、新商品の開発が今ではすっかり影を潜めてしまっていると言われています。こうした問題の背景には、この成長の問題が潜んでいるような気がします。

今の在り方を踏襲したままでは、もはや小さな改善やスケールの小さな改良が限界であり、目標や理想としているような変化をもたらすことはできないのです。

今までにはないような新鮮で魅力的な新商品を開発していくためには、今までにはないようなあり方が必要です。無理、不可能と言う呪いを解きほぐし、より高度な視点、深い理解、精妙さに対する気づき、複眼的な視野に立つ高くて深い意識から創造に立ち向かっていくという本質的な成長=垂直的成長が必要なのではないでしょうか。

私が感じる限り、相当前から日本は、垂直的成長を求められてきたにもかかわらず、対処法として水平的成長しかもたらさない教育のみに注力してきたような気がいたします。語学教育、技術教育、問題解決法教育、各種手法教育、法律知識教育、などなど、水平的な教育は、メニューも多く魅力的であり今すぐに役立ちそうなものばかりであり、投資効果を目に見える形で表したいと考えた場合は、こうした教育に注力してしまうのは無理もないと思います。

垂直的な教育は、理想的には必要とされているものの、そのような教育をしたからと言って、本当に人の潜在能力を引き出すことができるのか?、人の器は本当に成長できるのか?、人格の成長なんてあり得るのか?という懸念や不信は根強く、説明責任を果たしづらいものでもあるので、なかなか実践できていないのだろうと思うのです。

しかし、私は、そのような教育は可能だと思います。人は本質的に成長を志向する存在であり、機会に恵まれれば自らの力でより大きな存在へと変わることができる力を内在していると考えているのです。そして、そうした垂直的成長をもたらす方法の一つが「自尊心教育」にあると考えています。

「私とは何か」「私の存在価値とは何か」「私の使命とは」「今の私の限界とは何か」「私の課題とは」「人生を輝かしいものにするために必要なこととは」などの深く哲学的な問いに対して真剣に向き合う時、人はきっと本質的な成長がもたらされるのだろうと考えているのです。

2017年になって、世界経済、社会政治状況、自然災害、異常気象など、ますます世紀末的な様相を呈してきた観がありますが、そうした状況であるからこそ、真のリーダーシップや創造的な問題解決が必要になってくるだろうと思っております。

私どもヴィーナスアソシエイションは、そんな問題に対して、垂直的な成長にこだわり、自尊心と言う直球勝負で立ち向かっていきたいと思います。

願わくば、私どもの教育が、自分の可能性に目覚め、自分の真の魅力を引き出し、自分らしく力強く輝いて活躍する多くの人たちの後押し、勇気づけとなることができますように。

あけましておめでとうございます(2017)

img_3094

新年あけましておめでとうございます。

今年の初もうでは、当地横須賀の叶神社という神社さんに行ってきました。

叶神社とは、平安時代の末期、文覚上人と仰るお坊さんが、源氏の再興を祈願して作られた神社さんだとのこと、現代では、その名の通り、願いがかなう神社としてパワースポットとなっているようです。

お正月も、地域柄(失礼ながらとても田舎)にもかかわらず、とてもたくさんの人たちがお参りに来ていましたね。

叶神社は浦賀にあるのですが、何故かはわかりませんが、浦賀の湾の東側と西側に2つの叶神社があり、両方にお参りするとより願いがかなうそうです。

私どももご利益にあやかろうと思って両方お参りしたのですが、東は何とか社殿までたどり着けたものの、西はそのお参りの行列の長さに圧倒されてしまい、遠くからお参りした次第です。

昨日は、普段はめったにいけない千葉にフェリーで行ってきました。

img_3133

 

いろいろと観光を楽しんできましたが、何より素敵だったことが、この景色!

img_3139

 

お分かりいただけるでしょうか、海の向こうに見事な富士山が見えました。

見事な夕焼けも見ることができましたよ。

img_3168

 

 

夕焼けに映えて、富士山も見事に美しくドラマティックになっていました!

img_3158

 

今年一年も、いろんなことに挑戦したいと願っております。

昨年同様、日常の様々なお仕事、いただいた教育研修のお仕事を丁寧に、最前最高のクオリティで実施していきたいことはもちろんのこと、

新しい実習やプログラムにも挑戦していきたいし、売り上げをもっともっと伸ばしていきたいし、新規のお客様ももっともっと増やしていきたい。

kindleの本にも数冊挑戦してきたいと思っております。

昨年同様、今年も良き年となるようにがんばっていきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。