月別アーカイブ: 2014年9月

御嶽山の目覚め

 9月27日正午頃、御嶽山が噴火しましたね。ちょうど紅葉のシーズンと相まって、登山客もたくさんいらしたとのこと。死傷者もたくさん出られています。亡くなられた方にはご冥福を、おけがをされた方にはいち早いご回復をお祈り申し上げます。また、まだ取り残されていらっしゃる方がいらっしゃるとのこと。心からご無事をお祈り申し上げます。

 御嶽山は、私にとっては、大切な御山で、私にとって、とても大切な体験と学びを得た場所が、まさに御嶽山だったのです。

 私は、1990年に南山短期大学人間関係学科主催のTグループに参加しており、その際に、「自分自身は欠点だらけのダメ人間ではなく価値ある尊い存在であり、人間関係も決して醜悪な戦いではなく、その本質は、暖かく柔らかく心地よく、自分を元気にしてくれる尊いものだ」という気づきを得ることができました。それまでの私は、自分も人も嫌いだったので、そうした気づきは、自分自身にとって人生をひっくり返すような大きな衝撃だったのです。まさに自分と他者への深い次元での信頼回復が起こった特別の体験でした。

 御嶽山は、そうした私の心のドラマを温かく見守ってくれた山で、私自身は、御山の大自然の迫力と優しさと気高さの中だからこそ、そうした貴重な体験を得ることができたと実感しており、御嶽山が大好きで、感謝しているのです。

 そんな御嶽山が今回噴火したとのことで、他人事とは思えない強い衝撃を感じています。

 そもそも御嶽山は、強い信仰の御山であり、たくさんの結界と守護のもとで大切にされている場所であり、私自身は、特別な組織宗教に属しているわけではないし、信仰を持っいるわけではありませんが、そんな聖地が噴火するということは、全く普通ではない、なにか本当に特別なことが起こっているように私には感じます。

 御嶽山の御祭神には、国之常立神(くにのとこたちのかみ)と仰る神様がいらっしゃって、詳しくは存じ上げませんが、天地開闢に関わるこの世の根本の神様でいらっしゃるそうです。

 私には、御嶽山の噴火は、国之常立神の目覚めのようにも感じます。地球の今の悲しい現状、飢餓、戦争、環境汚染、原発問題、犯罪、搾取、支配、暴力に対して、地球創造の神様がきっと怒っていらっしゃるように私には感じます。

 願わくば、これ以上の大災害につながりませんように。願わくば、飢餓、戦争、暴力、犯罪が祓い清められて、より良き世界がやってきますように祈りたいと思います。

大学後期の授業(2014)

 大学の後期の授業が始まりました。授業は、キャリア形成論という半期の授業であり、単なる就活講座ではなく、長い人生をどう生きるのかと言った生き方を探求する講座です。

 自分らしく力強く輝く人生、幸せな人生、そんな人生を生きるために必要な知識やスキルを学ぶことが狙いとなります。

 とはいえ、そういうことの答えを私が持っているわけではなく、学生たちとともに、さまざまな体験や対話から共に探求する展開となります。

 先日、第一回目の授業を実施してまいりました。同じ授業を2教室担当しているのですが、どちらの教室も60名弱、多くの学生が受講してくれました。シラバスでは、やる気のないものは受講しないでほしいなどの厳しいことを書いているので、それを理解して授業を選択してくれた学生たちであり、しっかりとした志をもった学生が多く、第一回目の授業も、とても集中して講義を聞いてくれました。初めから、私が目標とする静かで穏やかでパワフルな教室となりました。やはり、T大学の学生たちは、すばらしい学生たちが多いですね。

 講座は、全13回。来年の1月まで続きます。学生たちにとって、人生の糧となるような、本当にそう生きた生き方の後押しができるような、よき授業となるよう頑張りたいと思います。

名古屋の労組でコミュニケーション研修(20140916)

 先日、名古屋で、労組のコミュニケーション研修を担当してまいりました。

 研修の概要は以下の通りです。

【S労働組合コミュニケーション研修概要】

<テーマ>「コミュニケーションを改善し、チーム力を高める。」

 

<ねらい>

   1.コミュニケーションの基盤となる自尊心の重要性を学ぶ。

   2.コミュニケーションの重要性を学ぶ。

 3.コミュニケーションの改善ポイントを学ぶ。

 

<プログラムの内容>

 セッション1「自尊心の重要性」      

 セッション2「コミュニケーションの重要性」

 セッション3「コミュニケーションの改善ポイント」

 

 参加メンバーのみなさんは、総勢40名弱。4時間にわたる講座でした。

 スタッフの皆さんの心強いご支援と、すばらしいメンバーの皆さんに恵まれて、楽しく充実したよき学びの場をともに共有することができました。みなさん本当にありがとうございました。

 午前中に会議があり、研修は、午後からの開始となりました。

 メンバーのみなさんは、研修の始まる前から、和気あいあいとした雰囲気があり、フレンドリーでよく通じ合えるものをもっていらっしゃるご様子で、普段からコミュニケーションを大切にしていらっしゃるんだなぁと実感いたしました。

 メンバーのみなさんにとって、研修日は休日であり、休日を押してのご参加にもかかわらず、研修当初から、真剣に、集中してプログラムに参加してくださいました。

 やはり、普段からコミュニケーションを大切にしていることもあり、メンバー個々人のみなさんのコミュニケーションスキルやチームスキルは高く、即席のチームに関わらず、あっという間にまとまりのある力強いチームとして様々な課題に取り組んでいただきました。

 お互いに気のおけない仲間として受け入れ、心を開き、本音で語り合うメンバーのみなさんを見て、まさに信頼関係の重要性とその大きな力、可能性を実感することができました。メンバーに恵まれた素晴らしい組織だなぁと実感した次第です。

 最近の経営学の傾向では、強欲で酷薄な施策や行き過ぎた成果主義などが、失敗し、非難されるようになってきており、人間性の重要性が改めて主張されるようになってきています。私も、全く同感であり、人や組織が、本当の意味で成長し、活躍していくために必要なことは、暗い陰謀ではなくて、もっともっと単純でシンプル、分かりやすくて暖かい、まさに信頼、思いやり、気高いこころざし、まさに人間性なんだろうと思います。

 今回担当させていただいたS労組さんは、全国組織でもあり、実は、他の地域でも研修を担当させていただいているのですが、そんな関わりから、当労組さんは、まさにそうした人間性を大切に、体を張って信頼の大切さを訴え、愛と絆を守ってきている組織だと思います。そうした普段からのご努力が、こうしたイベントにまさに具体的に反映されていらっしゃる。

 今回も、こうした素晴らしい方々の研修を担当させていただいたこと、大変光栄に思っております。

 厳しい時代の中で、大切な価値を守り通すことは、簡単なことではありませんが、私どもも同志と考えております、共にがんばりましょう!

いのちのうた

 

 先日9月4日の朝日新聞で、古木涼子さんのことを紹介した記事が載っており、とても興味を持ったので、いろいろと調べてみました。

 さっそく「まだ見えなくてもあなたの道は必ずある」青春出版社 古木涼子著 を取り寄せて、今読んでいるところです。

 古木さんは、「イエスのカリタス修道女会」の幹部だそうです。

 絶望しやけっぱちになり、売春、シンナー、薬物に手を出した少女が、周囲の理解ある大人の愛ある関係性の中で立ち直り、ようやく夢に向かって一歩踏み出そうとしたその矢先に、感染していたエイズが悪化し、ついには亡くなってしまった。そんな日本のドキュメンタリーを見たときに、この「いのち」と言う歌ができたそうです。

 朝日新聞の記事によると、この歌は、

「口コミやネットを通じて共感を呼び、今も広がりを続けている。各地で教会の聖歌隊や園児、児童が合唱曲に選び、昨年末はドイツの合唱団が日本語で歌い上げた。」朝日新聞朝刊2014年9月4日より引用

 とのことです。

 私も、買った本の添付CDにあったこの歌を聴きましたが、とても素直で力強いメッセージが、まっすぐ胸に飛び込んでくるような感動を受けました。

 私自身は、自尊心の重要性と言う形で、命の大切さ、気高さ、すばらしさを訴えているのですが、この歌は、まさに私の訴えたいメッセージが、素直にわかりやすく、あたたかく伝えられているように思えます。

 Youtubeで動画で公開されているものを見つけましたので、冒頭でご紹介しました。

 それから、もう一つ、素敵な歌「弱い者の信仰宣言 クレド」もご紹介します。これは、ニューヨークのリハビリテーション研究所の壁に書かれた詠み人知らずの誌(詠み人知らずの詩は、当ブログでも、以前にご紹介しています)をもとに、古木さんが作られたそうです。温かいメッセージで、私の疲れて固くなっていたハートの一部が癒されるようでした。