月別アーカイブ: 2014年3月

アトランティックプロジェクトの英語版

 グローバル人材育成プログラムとして、アトランティックプロジェクトの英語版を発表しました。

 ⇒Global Training Program “Atlantic Project”

 コミュニケーションとチームビルディング、グローバルリーダーの養成をテーマとした総合プログラムとなります。

 全体で2部構成となっており、狙いと組み合わせによって、3時間から1日のプログラムとなります。

 従来のアトランティックプロジェクトは、おかげさまで好評をいただいており、多くの研修の場で高い評価をいただいております。その実績を踏まえて、今回、そのグローバル版を開発した次第です。

 以前、外資系の企業さんで、全社員を対象にアトランティックプロジェクトを実施したことがあり、その際に参加されたイギリス人の方から、「このプログラムは、すばらしいよ。本国でも、見たことがないよ。」と、うれしい感想をいただいたことがあります。

 自画自賛で恐縮ですが、アトランティックプロジェクトは、世界を舞台にしても、決して引けを取るようなプログラムではないと思っております。というか、世界一のプログラムなんだろうと思っております。

 そんなプログラムを、世界中の人たちに体験していただきたい。世界中の人たちが、このアトランティックプロジェクトを通して、相互理解を深め、よき仲間となり、よきチームとして、平和で幸せな地球の未来に向けてよき仕事をするお手伝いをしたい。

 そんな志をもって、Global Training Program “Atlantic Project”を広めていきたいと思います。

Exercise“Mt.Bottle Gourd” Facilitator’s Manual(English version)を出版しました。

実習「ひょうたん山」ファシリテーターズマニュアルの英語版、Exercise “Mt.Bottle Gourd” Facilitator’s Manual(English version) を出版しました。

それに伴って、弊社のwebも、一部修正しました。

グローバル教育ページ

Exercise “Mt.Bottle Gourd” 

 

実習「ひょうたん山」は、体験学習による問題解決型の実習であり、長年にわたって弊社の教育教材として活用してきた実習です。

弊社も、今後、グローバル教育への参入をこころざしており、本マニュアルは、その方向性への第一歩の試みと言えます。

グローバルな舞台におけるコミュニケーション教育に、実践的な語学教育に、など、効果的に活用してもらえると思います。

願わくば、本書籍が、世界を舞台とした多くの場で活用されますように!

ヴィーナス通信2004年春号

弊社より定期的にリリースしているヴィーナス通信を転載します。

以下、ヴィーナス通信2004年春号です

<2004年ヴィーナス通信春号>

梅の花も咲き始め、春の足音がしてきました。みなさんお変わりありませんか、

ヴィーナスアソシエイションの手塚美和子です。

三寒四温、早く暖かい季節になるといいですね。

これから忙しい時期に突入されることと思います。

ひとときヴィーナス通信で息抜きしてください。

 そして春にふさわしい新しいお知らせが4つあります。

 ①ヴィーナスアソシエイション オンラインショップをオープンしました!

 ⇒ http://venus-association.com/shop/html/

②コンセンサス実習「高価な薬」講師用マニュアルを発刊しました!

 ⇒ http://venus-association.com/shop/html/products/detail25.html

③実習「ひょうたん山」講師用マニュアルを発刊しました!

 ⇒ http://venus-association.com/shop/html/products/detail24.html

④体験学習実習集「ダイアローグコミュニケーション」を発刊しました!

⇒ http://venus-association.com/shop/html/products/detail6.html

今回、2014年春号のテーマは、「分離感について」です。弊社代表手塚芳晴の寄稿です。

それでは、気分も新たに2014年春号の発信です!

☆☆☆ テーマ「分離感について」 ☆☆☆

1.分離感とは

分離感とは、他者と私が分離しているという感覚である。

人は、多かれ少なかれ、誰もが分離感を持っている。それがなければ、自分を認識できないからだ。  

「私は、背が高い」と認識するためには、背の低い他人が必要であり、 

「私は、強い」と認識するためには、弱い他人が必要であり、

「私は、正義である」と認識するためには、悪である他人が必要であり、

「私は、私である」と認識するためには、私ではない他人が必要である。

  分離感は、寂しさの原点でもあるが、自己認識の原点でもある。さまざまな悲しみの原点でもあるが、個としての成長の原点でもある。ネガティブとポジティブ、裏腹な性格を持つ分離感。やっかいではあるが、絶対に避けるわけにはいかない分離感について、考察を進めていきたい。

分離感にはどんな特徴があり、どのようにかかわればいいのか?そんなテーマに挑戦したい。

 

2.分離感の状態

分離感は、境界の性質とその状態の2つの視点から特徴を捉えることが出来る。

 (1)境界の性質

自他の境界は、時と場合に応じて変化する。自分と大変親和的で自分が受け入れやすい対象に対しては、境界線は柔軟であいまいになる。例えば、自分の大好きな食べ物は、自分の口の中に受け入れ、ついには自分の体と同化し、自分の一部になる。自分の大好きな人とは”もらい泣き”のような共感が起こり、自他の感情の共鳴と相互理解が起こる。逆に、自分と親和しない受け入れづらい対象に対しては、境界線は固くはっきりと浮き上がり、まるで戦争当事国同士の国境線の様に緊張と対立が起こる。

 (2)分離感の状態

①戦いの状態

 “他”に対して脅威や反感を感じ、”自”を守ろうとする状態であり、”自分”が、 “他”の脅威にさらされて萎縮し弱い犠牲者のように感じる。自他の境界線は厚くなり、固く、高い壁ができた状態となる。個の状態になると、基本的に”他” は、どんな存在であれ、潜在的な敵であり、どんなフレンドリーな装いをしていてもいつかは攻撃に回る信用のならない拒絶すべきよそ者となる。だから、他からの働きかけは、どんなにそれに愛があるように見えようが、それは何かを奪おうとしている操作や攻撃に感じ、あらゆる働きかけにプレッシャーを感じる。結果、人間関係は、競争とサバイバル、戦闘と防衛の関係となる。

②日常生活の状態

社会的に常識とされている人と人との間の距離感の状態。表立って戦い合っているわけでもなく、かといって、肉親のように親しく感じているわけでもなく、お互いに、社会的な関係を維持できる関係性の状態である。自分と他人の境界線は、比較的はっきりとしており、自分と他人の関係性は、協力関係というよりはむしろ取引関係である。自分対他人を比較的平和的に体験できる場であり、自我の成長の場ともなる。しかし、分離感の反映である疎外感や孤独感は絶えることなく、主要な社会性の特徴の一つとなる。

③共感の状態

他者に強い親しみを感じ、気持ちを分かち合うことができる状態である。もはや、”自”は、”他”と異なるものというよりは、本質的には同じものと感じる。 “他人”のいたみは”自分”のいたみであり、”他人”の喜びは”自分”の喜びである。人間関係において、相互の感情や意向など、ノンバーバルの領域について、共感的にはっきりとわかるので、そこには、うそやごまかし、隠し事の入る余地はない。関係の中で起こっている様々なあらゆることが、オープンとなり、受け入れられ、誤解なくありのままに理解される。そのような関係性の中では、隠し事、演技、うそ、ごまかしで自分を演出する必要はまったくない。自分は、他人から、ありのままを受け入れられ、すべてをそのまま愛される。愛されるために自分を変える必要が全く無いのだ。他者に対しても同様であり、自分は他者の中で起こっていることを、客観的にではなく、体験的に理解できる。他者の悲しみを自分の悲しみとして体験し、他者の喜びを自分の喜びとして体験する。そのような体験にケチをつけて、”本来ならばこうあるべきだ”などと説教しようなどとは思いもよらない。そのような体験をそのまま受け入れて誤解なく理解し、そのままを心から愛することができるのだ。このような共感の状態において、人は初めて自分らしさを自由に謳歌し表現することができる。そのような関係性に一体化した自分自身を初めて心から幸せと感じることができるのだ。

 3.分離感にまつわる思い込み

現代社会は、分離感がその基盤の一つとなっていることは、間違いないと言えよう。以下、分離感の哲学を提示していこう。

 <以下「共感の時代」フランス・ドゥ・ヴァール著より引用>

・「自然の尽力はもっぱら、そのような人(競争に負けた不適者、貧乏人)をつまみ出し、世の中から一掃し、もっと優れた者たちのための余地を作ることに向けられている」ハーバード・スペンサー(「適者生存」という言葉を生みだした政治哲学者)

・エンロンのCEO、ジェフ・スキリングは、リチャード・ドーキンスの『利己的な遺伝子』の大ファンで、自分の企業内で冷酷無比な競争をあおり、意図的に(彼らの信じ込んだ弱肉強食の)自然をまねようとした。・・・従業員はエンロンの社内環境で生き延びるために、たがいにせっせと蹴落とし合い、その結果、内部はぞっとするような不正行為、外部では情け容赦ない搾取を特徴とする社風が生まれた。

・(行動主義心理学の父ジョン・ワトソンは)母性愛の意義に関しては特に懐疑的で、それを危険な道具と考えた。・・・社会はこれほどの温かさは不要で、もっとしっかりした仕組みが必要だというのだ。・・・ワトソンは、自らが「キスされすぎた子供」と呼ぶものの撲滅運動を展開し、1920年代には非常に世評が高かった。」

上記の引用文献である「共感の時代」の著者フランス・ドゥ・ヴァールは、動物学者である。彼の幾多の動物研究によれば、自然界は、上記のようなゆがんだ競争社会ではなく、もっと愛と思いやりと自己犠牲と社会性のあるものであり、上記のような考え方は、自然界のほんの一部の暗い側面だけを取り出して、人間社会のひずみを正当化しようとした詭弁であると語っている。フランス・ドゥ・ヴァール氏の考えは、正しいのだろうか?その答えは、今の日本や世界を見れば一目瞭然であろう。諸国間のいがみ合いと戦争、飢餓、格差問題、自然破壊・・・、分離感の哲学が生み出した社会は、自然の美しさを反映した社会であるとは、決して誰も言うことはできない。

5.自然本来の社会性

一方、動物学者フランス・ドゥ・ヴァ―ルは、動物たちが自然に持っている社会性を研究している。以下、動物たちの共感の力が発揮された事例をご紹介しよう。

・たとえば、二匹のサルに同じ課題をやらせる実験で、報酬に大きな差をつけると、待遇の悪いほうのサルは課題をすることをきっぱりと拒む。・・・どんなに少ない報酬でも、もらえないよりはましなので、猿も人間も利潤原理に厳密に従うわけではないことが分かる。(サルの不公正を嫌う性格について)

・野生の馬やジャコウウシは、オオカミに襲われると、幼い者たちの周りをぐるっと囲んで守ってやる。

・アルゼンチンのブエノスアイレスでは、あるメス犬が、捨てられた人間の男の子を自分の子たちと一緒に世話をして救って有名になった。オオカミに育てられたという双子、・・・このような異種間の養子関係は、動物園ではよく知られている。ある動物園のベンガルトラのメスは、豚の子供たちを引き取って育てたという。母性本能は、驚くほど寛大なのだ。

・人間や動物は、利己的な理由からしか助けあわないということにはならない。・・・たとえば、人間が見知らぬ人を救うためにレールの上に身を投げ出したり、犬が子供とガラガラヘビの間に飛び込んで重傷を負ったり、サメが出没する海域で泳ぐ人の周りをイルカが囲んで守ったりする。

・猫のオスカーは、・・・老人用診療所で、毎日アルツハイマー病やパーキンソン病などの患者のために回診する・・・オスカーは、部屋から部屋へと回りながら、患者を一人一人注意深く観察し、その匂いを嗅ぐ。誰かがもうすぐなくなると判断すると、その傍らで身を丸め、ゴロゴロと喉を鳴らしながら、そっと鼻を押し付ける。そして、患者が息を引き取ると、ようやく部屋を後にする。オスカーの見立ては正確そのものなので、病院のスタッフにすっかり頼りにされている。・・・彼が患者の脇で番を始めると、看護師はすぐに家族に電話をかけ、家族は・・・急いで病院に駆けつける。オスカーはこうして25人以上の死を予測してきた。・・・スタッフは、彼が救いの手を差し伸べているのだと解釈している。

・私(動物学者コーツ博士)が泣きまねをして、目を閉じ涙を流すふりをすると、ヨニ(チンパンジー)は、自分のしている遊びなどの活動を直ちにやめ、興奮して毛を逆立てながら、急いでかけてくる。家の屋根や織りの天井といった、家の中でも特に離れていて、しつこく呼んだり頼んだりしても降りてこさせられなかったような場所からやってくるのだ。・・・私の周りをせわしなく走る。私の顔をじっと見て、一方の手のひらで優しく私の顎を包み、指で顔にそっと触れるのは、何が起きているのかを理解しているかのようだ。・・・・私がいかにも悲しそうに、絶望したように泣くほど、ヨニはますます同情を示す。・・・ヨニは、(両手で目を覆う)その手を取りのけようとし、彼女の顔に向けて唇を突き出して、じっと見入り、かすかに唸り、鼻を鳴らす。

・ラブラドール・レトリバーのマーリー・・・ジョン・グローガンの『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』に出てくる暴れん坊でお騒がせの札付き犬だが、グローガンの妻ジェニーが、流産したのがわかって泣いていたときは、頭を彼女のおなかにぴったりと押し付けて、微動もせずに立っていた。

 事例にもある通り、人間を含めた動物には、生来の正義感、思いやり、共感の力を持っている。

・弱い者は、滅びるままにすべき。

・強いものが弱いものを犠牲にして成長することが正義

・思いやりや愛は、不自然であり、間抜けな人の特徴

前述の分離感の哲学は、必ずしも真実ではない。強欲の資本主義が間違っており、反省すべきだと考えられてきたのは、つい最近のことではないだろうか。むき出しのエゴイズムが暴露・糾弾され、業績悪化につながると同時に、自制心と思いやりのある高い意識の経営が台頭する傾向が強まってきている。

6.人と組織の新しい可能性

人には、他者と共感し、一体感を感じることができる能力がある。その力は、他者とは他人であるという強い分離感があるときには潜在化してしまい、機能不全となるが、凝り固まった分離感の思い込みから自由になり、肩の力を抜いて、素直に他者と向き合おうとしたときに自然に発動する。

サッカー場で応援する人たちの一体感、

共に協力し合って目標に立ち向かう職場、

コンサートホールで共に歌い、踊り、楽しむことによって増幅される感動、

旧友と分かち合う楽しいひと時、

結婚する二人をみんなで祝福する聖なる瞬間、

愛し合う2人の間で起こる言葉の必要ない相互理解。

 そのような状態の中では、人は他者をもはやどうでもよい他人とは思えない。他者の痛みは、自分の痛みであり、他者の喜びは自分の喜びである。他者がほほ笑むと、私も微笑み、他者が悲しみで涙を流す時には、自分の胸も悲しみが満ちて涙が流れる。

他者が苦しんでいた時には、見返りがほしくて助けるのではない。他者の苦しみが自分でも体験できるから手を差し伸べざるを得ないのだ。

 こうした共感の能力は、人間の新しい可能性である。それらの体験は、日常的ではないかもしれないが、不自然ではない。

 もしも、すべての人が、自分と他人とが違う人ではなく、本当に体験を分かち合える同士であることを直覚したならば、強いリアリティと喜びの中で、すべての人や世界と一体感を感じながら生きることができたとしたならば、世界は、途方もない変容を遂げることだろう。そんな認識の中では、うそや詐欺、犯罪や搾取、独裁や支配、自然破壊や戦争は、もはや不可能である。

人の新しい可能性、大いなる夢、わくわくする未来を感じることができる。  そんな未来は、不可能ではない。分離感と言う幻想に迷い込んだら見えなくなる境地がある。分離感の幻惑を見極めて、素直になれたとき、その時にこそ、人の本来の偉大なるあり方が開花するのかもしれない。それこそが、人と人の社会の新しい可能性なのではないだろうか。そんな大いなる可能性を信じてみたい。