月別アーカイブ: 2010年11月

信頼関係は隠し事をなくすことを通して

     米、情報管理体制の見直しを指示 機密流出で
                2010/11/30 8:13 日経新聞 nikkei.com

 【ワシントン=弟子丸幸子】米ホワイトハウスが内部告発ウェブサイト「ウィキリークス」に大量の公電などの機密文書が流出した問題を受け、機密情報の管理体制を見直すよう全省庁に指示したことが29日、分かった。米行政管理予算局(OMB)が通達を出した。省庁ごとに情報分野の専門家によるチームを立ち上げ、機密情報の取り扱い方法の総点検にあたる。

 OMBは通達でウィキリークスへの文書漏洩(ろうえい)は「米国の安全保障への重大な損害」と強調した。機密情報へのアクセス権限を徹底して見直すとともに、持ち運びが可能な記録媒体へのデータのダウンロードを大幅に制限することなどを検討する。各省庁が特設するチームはインテリジェンス(情報)対策、安全保障、情報保全の専門家で構成するよう指示した。

 今回、ウィキリークスに流出した文書は約25万点にのぼる。28日の公開を皮切りに、米国の在外公館発の公電内容が続々と明らかになっており、米政府が対応に追われている。

 

 

 政府の機密が暴露されてきていることで、大騒ぎになっていますね。個人的には、こうした暴露は、大いに賛成です。だいたい、政治や外交に隠し事やうそが必要だという考えが当然で一般的であるという認識自体がおかしいのですよ。日常の家族や友人、ご近所同士の関係で、国家が抱えているような大量のうそや隠し事があるでしょうか?もしそんな闇が日常にあったとしたら、相当なストレスになりますし、正直、生活しづらくてしょうがないですよ。そもそも国民には真実を知る権利があるのですから。

 信頼関係というものは、取り繕ったり演技をしたりしてはぐくむものではなく、うそや隠し事のない正直なコミュニケーションを通してはぐくむことができるもの。この一件で、米国は信頼を失ったといわれていますが、その意味では、こうした暴露は、世界に蔓延している相互不信の雰囲気を逆に改善していくのではないかと私は思いますね。

 温暖化、戦争、飢餓、テロ、など、今の世界は、待ったなしの危機にさらされています。そんな世界に蔓延する闇を解決していくためには、闇に闇をぶつける(戦う)ことではなく、闇に光を当てること、暴露することが一番効果的な方法の一つであると私は思います。うそや隠し事のすべてをオープンにする必要はないとは思いますが、今の政治には隠し事が過剰なほど多いと感じています。願わくば、こうして強引に暴露するやり方ではなく、自発的にオープンにしていくスタイルに変わっていってほしいと願います。

キャリア教育「グループワーク面接対策講座」が始まりました

J大学で、就活対策 グループワーク面接対策講座が始まりました。2種類の授業をそれぞれ3回ずつ計6回にわたる講座です。概要は以下の通り。

 

【グループワーク面接対策講座】

<1回目>

(ねらい)

1.グループワーク面接を突破するためのスキルを学ぶ。

2.就活に必要なコミュニケーションスキルを学ぶ。

 

(内容)

1.採用面接の進み方と対策

2.グループワーク面接に立ち向かうために

 ①グループワークの基盤は信頼関係
 ②感情に支配されるのではなく、感情の主人となる
 ③勝つ人や目立つ人が採用されるわけではない
 ④小さな勇気が未来を開く
 ⑤初期の面接は減点法

3.グループワーク面接の採用基準とチェックポイント

4.チームワークの要素と自分の強み

5.実習「ポスターを復元せよ」

6.就活を勝ち抜くためのポイント

 

<2回目>

(ねらい)

1.グループディスカッション面接を突破するためのスキルを学ぶ。

2.就活に必要なコミュニケーションスキルを学ぶ。

 

(内容)

1.グループディスカッションとは

2.グループディスカッションに参加する心構え

3.グループディスカッションの標準的な展開

4.私のグループディスカッションへのかかわり方

5.グループディスカッションの討議テーマとかかわり方

6.演習「グループディスカッション」

7.グループディスカッションに立ち向かうための3カ条

 

各回に80名ほどの学生が集まってくれています。やはり厳しい環境を背景として、危機感を持って真剣に立ち向かってくれる学生ばかりです。学生たちにとって少しでも糧になる勉強となるように一生懸命に頑張りたいと思います。

異常ともいえるほどの厳しい就活環境であり、こんなに苦しい体験を強いられる学生たちが本当にかわいそうですが、人生に起こることで意味のないことなどないとよく言われています。学生たちも、いつかは、この時代に生まれてよかったと心から思える時がきっと来るのだろうと思います。そう思えるような人生を送る手助けができればと願っております。頑張っていってまいります。
 

リーダー研修とコミュニケーション研修を担当しました(20101126)

大阪のN社にて、リーダー研修とコミュニケーション研修を担当しました。概要は以下の通りです。

 

N社リーダー研修

<プログラムの目的>

  テーマ「力強く魅力的なリーダーとなるために。」
      1.価値観の対話のポイントを学ぶ。
      2.志の重要性を学ぶ。

 

<プログラムの内容>

セッション1「価値観の対話」 

 ①価値観の対話の留意点

 ②実習「高価な薬」

 ③小講義「受け入れることの重要性」

 

セッション2「志の重要性」

 ①新しいマネジメントの在り方

   「あめとムチによるマネジメント」から「ヴィジョンによるマネジメント」へ

 ②私のヴィジョン  

 

【N社コミュニケーション研修】

<プログラムの目的>

 テーマ 「チームの持っている素晴らしい可能性を引き出し、チーム力を高める。」

 ねらい  ①チームや組織を活性化するために必要な要素を学ぶ。
      ②コミュニケーションとリーダーシップのスキルを学ぶ。
      ③効果的なマネジメントに必要な要素を学ぶ。
      ④経営センス(感覚)について理解を深める。

 

<プログラムの内容> 実習「プロジェクト”C”」

 

 

 前回の記事でも書いたとおり、N社の研修は、今年で5年連続5回目となります。全社員を対象としている年一回の行事的な研修でもあり、とても大切な位置づけとなっており、そのような場を担当できますこと、本当に光栄に思っております。今年のプログラムは、事前に先方のスタッフの皆さんと何度も打ち合わせをして練りに練ったプログラムでした。事前のトライアルなど、多くのお手数と御意見打ち合わせをしていただいたおかげで、本当に素晴らしい学びの場を展開できたのではないかと思います。ご支援いただいた皆さん、本当にありがとうございました。心から感謝申し上げます。また、プログラムが無事に成功できただけではなく、おかげさまで、新しい実習も開発できたという弊社にとってうれしいイノベーションも起こりました。本当にありがとうございました。

 さて、ここで、少しN社をご紹介させてください。N社は、大手生保の特例子会社という位置づけの会社です。社員の大半の方々が障がいを持たれた方であり、会社は、障がい者の皆さんに対して、仕事をしやすい環境を整備し、バックアップしていく体制を整えているのです。ですから、社屋全体に徹底した気遣いが行き届いており、コピー機の高さ、トイレの設計、バリアフリーなどはもちろんのこと、たとえば、階段に関しても、車いすを利用できるような設計になっています。もちろん手すりも完備されています。

2010112208460000.jpg

 

また、廊下も、色覚に障がいのある方のために、壁と床と天井の違いがはっきりとわかるようなデザインとなっています。
2010112208470000.jpg

 N社は、その業績が認められて、業容を拡大し、実は、昨年、旧社屋の隣に新しい社屋を建て増ししました。新社屋は、ちょうど旧社屋と同じ大きさなので、従来の2倍の大きさになった次第です。これだけの特例会社の規模は、日本においては他にはありません。まさに、日本一の会社となったわけです。新社屋の建設に伴って、旧社屋の内装もすべて改築してきれいになりました。

2010112208460001.jpg

まるでホテルの様な落ち着いたオフィスです。

 こうした気遣いと思いやりは、単にハードウエアに限ったものではなく、経営陣や管理者のみなさんのマネジメントにも洗練されたクオリティの高い思いやりが行き届いています。社員スタッフに深い関心を持ち、よく理解して、本当に必要な支援を丁寧にしていく素晴らしいリーダーの皆さんです。

 今回の研修では、難しいグループワークを導入し、できるできないは別として、難しい課題に挑戦する運びとなったのですが、受講された皆さんは、皆さん情熱的にその課題に挑戦し、見事に乗り越えることができました。そのグループワークを観察させていただきわかったことは、まさに、思いやりと心遣いが全社に行き届いているのだということ。お互いに痛みを知っている人間として、クオリティの高い優しさと思いやりをもって人とかかわっているのです。まさにコミュニケーションとはこういうことを言うのだろうと改めて実感いたしました。きっと、この会社で起こっている思いやりを日本全体の会社で実現できたら、きっと国力が大幅に高まるでしょう。さらに、全世界に広げたら、必ず平和ですべての人が幸せに生きられる別世界が実現できることでしょう。思いやりには、相当大きな可能性があると思いました。

 こうした素晴らしい会社の研修を担当できましたこと、心から光栄に思っております。N社の皆さん本当にありがとうございました。また、来年、プログラムを練り上げて挑戦したいと思います。また来年お会いしましょう。

来週は、関西出張です

 来週は、大阪のN社で、全社研修を担当します。研修概要は以下の通りです。

<N社リーダー研修>

プログラムの目的

  テーマ「力強く魅力的なリーダーとなるために。」
      1.価値観の対話のポイントを学ぶ。
      2.志の重要性を学ぶ。

プログラムの内容(使用する教材の抜粋)

セッション1「価値観の対話」   実習「高価な薬」

セッション2「志の重要性」

 ①新しいマネジメントの在り方

   「あめとムチによるマネジメント」から「ヴィジョンによるマネジメント」へ

 ②私のヴィジョン  

 

<N社チームワーク研修【プロジェクトC】>

プログラムの目的

 テーマ 「チームの持っている素晴らしい可能性を引き出し、チーム力を高める。」

 ねらい  ①チームや組織を活性化するために必要な要素を学ぶ。
      ②コミュニケーションとリーダーシップのスキルを学ぶ。
      ③効果的なマネジメントに必要な要素を学ぶ。
      ④経営センス(感覚)について理解を深める。

 

 N社の研修を担当させていただくのは、今年で5回目となります。毎年1度の実施となりますので、5年連続となります。こんなに長い間、大切な研修を担当させていただけますこと、大変光栄です。貴重な学びの場を充実したものにできるよう、一生懸命に努めてきたいと思います。

 さて、そのようなわけで、来週は、関西に出張いたします。帰社は木曜です。ですから、当ブログも、その間、更新ができません。出張後の報告をお楽しみに!

 

忠実であるということ

「人は、自分のヴィジョンの忠実でなければなりません。

 ・・・この想念の種子が外部の人たちの不信に左右されることを断じて許してはなりません。

 ・・・これを守り、信じ、そして遂に信じるがごとくに成るのです。」

 

  「ヒマラヤ聖者の生活探求 第一巻」 

  ベアード・T・スポールディング著 より

 

紅葉が美しい

2010111512130000.jpg

 私が非常勤講師として担当している大学には、隣に関係する大きなお寺があります。私は、授業の前に、毎回このお寺にお参りしているのですが、この時期は、紅葉が美しい!

 禅のお寺でもあるので、雰囲気があり、手入れも行き届いています。

2010111512150000.jpg

 素敵ですね!

この時期になると、大学の授業も折り返し地点です。おかげさまで、素晴らしい学生たちと素晴らしいお寺のご利益で、授業は順調です。本当にありがたいこと。後半もしっかりと頑張ります。

新しい銀河系の形

     天の川銀河の中心部にガンマ線の「泡」
    AFPニュース 2010年11月12日 13:05 発信地:ワシントンD.C./米国

 
   【11月12日 AFP】天の川銀河の中心部に、ガンマ線を放射する2つの巨大な「泡」を発見したとする論文が、9日の天体物理学誌「The Astrophysical Journal」に発表された。

 米ハーバード・スミソニアン天体物理学センター(Harvard-Smithsonian Center for Astrophysics)の天文学者Doug Finkbeiner氏らが、米航空宇宙局(NASA)が公開したフェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡の観測データを分析していたところ、2個の「泡」を発見した。

「泡」が広がっている範囲は、おとめ座からつる座までの5万光年、全天の半分以上に及んでいた。起源は数百万年前までさかのぼるとみられる。

■エネルギー源の謎

 ガンマ線は、光線の中で最もエネルギーが高い。08年に国際プロジェクトとして観測を開始したフェルミ・ガンマ線宇宙望遠鏡には、これまでで最高のガンマ線検出能力がある。

 研究チームは現在、これらの「泡」の成立過程について分析を進めているが、2個の縁がいずれもはっきりしていることから、大量のエネルギーが比較的短期間に放出された跡と推測されるという。

 放出されているエネルギーの源は謎のままだが、研究チームは2つの可能性を指摘する。1つは、ほかの銀河でも観測されているように、天の川銀河中心部の超大質量ブラックホールが放出したジェット粒子である可能性だ。あるいは、爆発的な星形成の際のガス流出によってこれらの「泡」が生じた可能性もあるという。(c)AFP/Jean-Louis Santini

2010111122-1s.jpg

                     Image:NASA Goddard

 

 

 最近は、宇宙に関して、どんどん新しい事実が明らかになってきていますね。月や火星には従来の想定以上に水があること。暗黒物質や暗黒エネルギーの発見。そして、今回は、銀河系の新しい姿が発見されたとのこと。これは、すごいことですよ。従来の銀河系のイメージががらりと変わりますよね。それにしても5万光年にわたる泡!とてつもない大きさです!そもそも泡って何なんでしょうか?いったいなぜできて、どんな物質からできていて、その中ではどんなことが起こっているのか?謎は深まります。今後の研究に期待したいですね。

内定率57.6%

   大学生の内定率57・6%と最低 氷河期並みの前年下回る 

        共同news2010年11月13日(土)   

   http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/life/CO2010111201000941.html

 

 来春卒業予定の大学生の就職内定率は、10月1日現在で前年同期に比べて4・9ポイント減の57・6%で、調査を始めた96年以降で最低となったことが12日、文科、厚労両省の調査で分かった。来春卒業分の大学生の就職内定率が判明したのは初めて。00年前後の「就職氷河期並み」とされた昨年より悪い数字となり、長引く不況で学生が引き続き過酷な就職活動を余儀なくされている実態が浮かんだ。

 

 内定率が、就職氷河期を下回って、過去最低とのこと。これは、就活生にとっては、本当に過酷ですよ。さまざまな原因によってこうした事態になってしまっているんだろうと思いますが、学生たちも、かわいそうですが、被害者意識に入り込まずに、できる限りの対策を練って、自分のキャリアをはぐくむ必要があります。一つには、徹底的に武装して、就活戦線に勝ち抜くということ。これは、徹底的な準備があればある程有利になる。努力は裏切らないので、いい加減な気持ちではなく真剣に立ち向かうべきだと思います。また、もう一つには、他人を頼らない生き方を志すということ。いきなり最初から起業したり自営業をすることはこんなんでしょうけれども、近い将来(5年以内)程度を目途に、スキルを磨いてたくましく自営業者として生きていく方法です。安定性のない仕事ではありますが、自由と自立と冒険の生き方でもあります。本来であれば、雇用されるという生き方のほうが、人によっては何かと平和に有利に生きられるという思いはありますが、ここまで厳しい時代になると、腹を据えて、したたかにたくましく生きようと覚悟したほうが、よりよい未来が開ける気もします。どちらにしても厳しいことには変わりはありません。こんな時代に就活に向かわざるを得ない学生たちにはかわいそうですが、頑張るしかありません。私も一生懸命にバックアップしてあげたいと思います。

手話通訳者のコミュニケーション研修のオファーをいただきました

 東京のとある区役所より手話通訳者の皆さんを対象としたコミュニケーション研修のオファーをいただきました。当該区役所さんとは、ずいぶん古くからのお付き合いで、今回で確か5回目くらいとなるかと思います。

 手話通訳の皆さんは、障害を持たれている方々のお役に立ちたいという志を持って一生懸命に勉強されてきている方々です。今回の研修も、その一環として、コミュニケーションスキルを高めようとする御意志でご依頼いただいたものであり、大変光栄に思っております。せっかくお越しいただける皆さんのために価値ある学びの場となるように一生懸命に頑張りたいと思います。

 実施は、来年1月の末となります。また、素晴らしいメンバーの皆さんとお会いできることが楽しみです!

アトランティックプロジェクトの活躍

 弊社より発表しております組織実習「アトランティックプロジェクト」を新規でご利用いただいた金融大手の担当者の方から、昨日ご連絡をいただきました。

 若手を対象とした研修の中で、3時間程度を、組織実習としてご利用いただいたもので、ファシリテーターは、当該企業のご担当の方が勤められました。

 流れを作ってご利用いただくというよりは、唐突に組織実習として短時間でご利用いただいたので、運営には難しい部分が多々あったかと思いますが、結果、受講された方々の反響は、意義深い学びを得られたと同時に、歓声が上がる楽しい実習であり、評価が高かったと喜んでいただきました。こうしたプログラムは、プログラムの力が3割で、7割はファシリテーターの力量によるものです。その意味で、ご担当の方には、実習をよく愛し大切にしていただけて大変光栄に思っております。本当にありがとうございました。

 こうした、楽しく意義のある学びの場を提供できることは、本当にありがたく光栄なことです。今後とも営業を頑張って、弊社の大切な大好きなプログラムを広めていきたいと思います。