月別アーカイブ: 2010年7月

キャリア講座を担当します

 来週の2日(月)~4日(水)の3日間にわたり、S大学のキャリア講座を担当します。大学1~2年生向けの長期的に人生について考えることをテーマとした講座であり、ざっくりとした概要は以下の通りです。

<テーマ>「自分らしく輝くキャリアを形成していくための心構えや知識、スキルを体得する」

<内容>

 初日「自分自身を探求する」

 2日目「人間関係を学ぶ」

 3日目「志を定める」

 

テーマにあります通り、自分らしく幸せに輝いて生きるために必要な基礎知識やスキルを体得する講座となります。受講生は51名。全13コマの授業(半期分、2単位)を3日間で集中的に学んでいく展開となります。

 本講座は、すでにT大学で担当しているキャリア形成論の内容と同じものですが、キャリア形成論は半年間にわたりゆっくりとしたペースで講座を展開するのに対して、今回は、3日間の集中講座となります。学生にとっては、こんなに長丁場の講座を受講したことがないので、大変かもしれませんが、集中をとぎらすことなく自分や自分の人生についてじっくりと考えることのできる時間を持てることは、理想的なこととも言えます。せっかくの素晴らしいチャンスなので、充実した素晴らしい学びの場となるように頑張りたいと思います。

 そのような事情で、来週は、前半は更新できません。頑張ってよい講座にしたいと思います。結果は、終了後にまたご報告いたしますね。

アトランティックプロジェクトを担当しました(20100730)

 大手IT企業で、インターンシップ講座としてのアトランティックプロジェクトを担当しました。研修の概要は以下の通りです。

<プログラム名>アトランティックプロジェクト

<日程>10:00~5:30

<テーマ>企業人に必要な知識やスキルを学び、学生から企業人への第一歩を踏み出す。

<ねらい>

1.企業活動の全体像を学ぶ

2.企業人に必要なコミュニケーションとチームワークのスキルを学ぶ。

3.企業人に必要な知識やスキル(仕事の進め方、会社の仕組み、損益の仕組み、など)を体得する。

 

夏休みという貴重な時間を押して集まってくれた学生諸君とともに、素晴らしく充実した一日を過ごすことができました。学生の皆さんは、みな真剣で一生懸命であり、正直でさわやかな方々ばかりでした。私自身も終日担当してとてもすがすがしい気持ちになりました。学生の皆さんありがとうございました。

一日という短い時間でしたが、いろんな気づきがあったと思います。ぜひその体験とご縁を大切にしていただければと願っております。

中でも、会社というものは、確かにリスキーであり、利益を上げることは至難の業であり、大変な努力が必要であるけれども、その本質はロマンであり、胸をわくわくさせる壮大な冒険なのだということ。

働くということは、確かに大変であり、時間に追われ、膨大な問題解決に追われ、クオリティを問われる試練でもあるけれども、本質的に、とてつもない喜びなのだということ、その達成感は何にも勝る宝なのだということ。

人間関係は、確かに痛みが多くてつらいことが多い要因でもあるけれども、決して捨てたものではないということ、たった一日で初対面の人たちとこんなにも素晴らしいチームを作れるということ、正直に正面から向き合えば、こんなに分かり合えるということ、その可能性は無限であるということ。

何よりも、自分自身も捨てたものではないということ、こんなに立派に仕事をやり遂げる力が十分にあるのだということ、その可能性と潜在性は、想像以上に大きいのだということ。

そんな事柄を学んだのではないかと思います。

これから、就活に向けて、いろんな大変なことがあるかと思いますが、今回の学びを活かして、ぜひとも幸せなキャリアに結び付けてもらいたいと願っております。学生のみなさん、頑張ってください!

インターンシップ講座を担当します

 明日は、大手IT企業において、アトランティックプロジェクトを担当します。今回、アトランティックプロジェクトは、インターンシップ講座として利用されています。会社や仕事について、体験的な理解が短時間で深まる良い方法であると考えてご起用いただいた次第です。

 今年は、本講座が十数回開催されますが、その初回だけ私がお手伝いに上がる次第です。どんな学生の皆さんと会えるのかとても楽しみです。頑張っていってまいります。

就活対策講座「自己PRを作るための心構え」④ あなたなら大丈夫!

(3)自分を応援する力強い視点で就職活動を勝ち抜こう

 私たちは、悲しいけれども、自分に対して、検事や裁判官として自分を理解し対応する事には慣れていて、上手ではあるけれども、友人や弁護士、広告宣伝局長として対応する事は、不慣れであり、とても不器用であるといえましょう。

 どんな見方をしてもそれは、基本的には個人の自由なのですが、こと就職活動に限っては、私は、肯定的な見方を最優先して、否定的な見方は控えるべきであると考えています。

 就職活動は、とても厳しい場であり、ある意味で戦場といえます。厳しい戦いの真っ只中で、単身矢面に立って立ち向かい、勝ち抜いていく必要があるのです。そんな厳しい環境の中では、自分の意気地をくじき、不安と恐怖を掻き立ててしまう検事や裁判官の立場は、自分の足を引っ張るマイナス要因になってしまいます。あくまでも、友人、弁護士、広告宣伝局長として、自分の弱みや欠点ではなく、強みや長所に着目して、それを伸ばそうとする視点、強みで勝負し、勝ち抜こうとする視点が必要なのです。自己PRは、自分を応援する力強い視点を大切にして作っていきましょう。

 

単行本『実践就活マニュアル』より抜粋

 

<関連記事>

・就活対策講座「自己PRを作るための心構え」①自信の重要性

・就活対策講座「自己PRを作るための心構え」②自分に対するネガティブな視点

・就活対策講座「自己PRを作るための心構え」③自分に対するポジティブな視点

・就活対策講座「自己PRを作るための心構え」④あなたなら大丈夫!

 

<関連書籍>

単行本『実践就活マニュアル』

電子書籍版『実践就活マニュアル 第1巻 就活に必要な心構え』

 

就活対策講座「自己PRを作るための心構え」③ 自分に対するポジティブな視点

(2)自分に対する2つの視点

 ②ポジティブな視点

他方、自分に対して、肯定的に温かい目で見る見方もあります。例えて言うならば、友人の視点であり、就職活動に必要な視点としては弁護士や広告宣伝局長の視点といえましょう。以下にその立場による見方の具体例を見て行きましょう。

 

A.友人の視点

 「自分は、いいやつだ。」「自分は、運がよい。」「自分の人生は、総じて言えばいい人生だ。」「失敗したって良いんだよ。」「自分は、世界でたった一人のかけがえの無い大切な人間だ。」「自分は、すばらしい環境がふさわしい。」「生きていてくれてありがとう」「自分は、大丈夫だ。何とかなる。」「自分は、限りない可能性と潜在性をもつ大きな存在だ。」「自分は、信頼に値する。」「つらければつらいほど幸せも大きい。」

 

B.弁護士の視点

 「今は出来ないが、きっと出来るようになる。」「完璧な人間なんていないし、誰も完璧なんて求めていない。だから、自分が欠点があっても何の問題も無い。」「自分は、悪くない。」「苦しいのは今だけだ。」「明けない夜は無い。」「自分は、負けてない。」

 

C.広告宣伝局長の視点
 「自分には、可能性がある。」 「自分は、きっとうまくいく。」「自分は、絶対成功する。」 「自分はこんないいところがある。」「自分の長所は、世界一だ。」「自分のすばらしさを語ろうとしても、言葉だけでは、その魅力のほんのかけらも表現できない。」「失敗は成功のもと」

 

 いかがでしょうか?自分に対して、とても優しく、とても力強く応援し、とても温かい目で自分を認識していますね。こうした言葉を他人から投げかけられたら、きっと嬉しくて、勇気付けられる事でしょう。しかし、不思議ですが、嬉しいにもかかわらすこうした声を自分に掛けてあげることはめったに無いのではないでしょうか。肯定的な視点は、前述の否定的な視点から比べると、驚くほど弱く、かぼそく、消え入りそうなはかなさを持っています。

 

単行本『実践就活マニュアル』より抜粋

 

<関連記事>

・就活対策講座「自己PRを作るための心構え」①自信の重要性

・就活対策講座「自己PRを作るための心構え」②自分に対するネガティブな視点

・就活対策講座「自己PRを作るための心構え」③自分に対するポジティブな視点

・就活対策講座「自己PRを作るための心構え」④あなたなら大丈夫!

 

<関連書籍>

単行本『実践就活マニュアル』

電子書籍版『実践就活マニュアル 第1巻 就活に必要な心構え』

就活対策講座「自己PRを作るための心構え」② 自分に対するネガティブな視点

(2)自分に対する2つの視点

 ①ネガティブな視点

 人は、”自分”に対して、いくつかの異なった立場で、自分を認識しています。

 大きく分けると、否定的な視点と肯定的な視点があるでしょう。否定的な視点とは、「私」に対して基本的に不満であり、欠点に注目し、糾弾し、裁き、変化を迫る視点です。例えるならば、検事と裁判官の視点といえましょう。以下にその立場による見方の具体例をみていきましょう。

 A.検事の視点

 「自分は、だめなやつだ。」「こんな事も出来ない自分は、無能だ。」「こんな馬鹿な自分は、死んだ方がよい。」「自分は、偽善者だ。」「自分は、うそつきだ。」「自分は、つみびとだ。」「自分は、失敗人間だ。」「自分は、最低最悪の人間だ。」 

 B.裁判官の視点

 「疑惑がある。」「裁かれるべき人だ。」「今のままではダメ人間だ。」「矯正し変わらなければならない。」「劣悪な環境がふさわしい人だ。」

 

 いかがでしょうか?自分に対して、とても厳しく、とても鋭く糾弾し、とても冷たい目で裁いていますね。こんな事を他人から言われたら、きっとけんかになるはずですが、不思議ながらも、自分では自分のことをこんな風に評価する人は少なくありません。いや、むしろ、自己イメージが矮小で否定的な日本人にとっては、こうした視点は、おなじみのものなのかもしれません。(続く)

 

単行本『実践就活マニュアル』より抜粋

 

<関連記事>

・就活対策講座「自己PRを作るための心構え」①自信の重要性

・就活対策講座「自己PRを作るための心構え」②自分に対するネガティブな視点

・就活対策講座「自己PRを作るための心構え」③自分に対するポジティブな視点

・就活対策講座「自己PRを作るための心構え」④あなたなら大丈夫!

 

<関連書籍>

単行本『実践就活マニュアル』

電子書籍版『実践就活マニュアル 第1巻 就活に必要な心構え』

就活対策講座「自己PRを作るための心構え」①自信の重要性

(1)自分をどう見るかは、人生そのものに大きな影響を与える

 自己PRを作る上で、どうしても必要な事は、自分に対する自信と誇りです。しかし、この自信の問題というものが、日本人にとっては厄介な問題であり。さまざまな意識調査の結果を分析すると、諸外国に比べて、日本人は、自己イメージがとても貧しく矮小で否定的であるといわれています。

 実は、自信は、単に自己PRを作る上で重要な要素と言うわけではなく、人間関係や健康、キャリアや人生にまで影響を与える重要な要素であると言われています。ですから、自分に自尊心を持ち、自分の人生を基本的に信頼できるという心理的な基盤は、自分らしく輝く力強いキャリアをはぐくむこと自体にとってきわめて重要な要素となるのです。人生にとって重要なターニングポイントとなる就職活動の激動期であるからこそ、改めて自分に対する見方を改めて見直してみましょう。(続く)

 

単行本『実践就活マニュアル』より抜粋

 

<関連記事>

・就活対策講座「自己PRを作るための心構え」①自信の重要性

・就活対策講座「自己PRを作るための心構え」②自分に対するネガティブな視点

・就活対策講座「自己PRを作るための心構え」③自分に対するポジティブな視点

・就活対策講座「自己PRを作るための心構え」④あなたなら大丈夫!

 

<関連書籍>

単行本『実践就活マニュアル』

電子書籍版『実践就活マニュアル 第1巻 就活に必要な心構え』

私は誰?

私は、だれ?と問うてみた。
         
名前が思い浮かんだが、名前は、単なる言葉であって、

私は、名前ではない。

顔や体を思い浮かべたが、顔や体は、年とともに変わっていくので、

私は、体ではない。

心の中で起こる様々な気持ちがそうではないかと思ったが、

感情は、起こっては消え、移ろいやすく、それが起こっていなくとも私は存在するので、

私は、感情ではない。

私は、いろんな体験を認識する主体。

だから、これが私ではないかと思った私は、認識される客体なので私の本質ではない。

だから、私が認識できるあらゆる対象は、私ではない。

では、私とは、認識しようのない幻なのだろうか?

そんなことはない。

私は、私を驚くほどの迫力で体験している。

この私という実感は決して幻ではない。

では、私を体験している究極の私とはだれ?

説明しようと思っても絶対に説明できないし、

見ようと思っても決して見れない私とはだれ?

本当のところ、私はだれ?

風土診断データ入力完了

 懸案の組織風土診断の件、昨日は、データ入力が終了しました。今回の診断は、3種類のツールを使って、多面的に状況を分析していこうとする試みであり、データがたくさん上がってきていたのですが、昨日はすべてのデータを入力することができました。

 ざっと上がった統計データを見てみましたが、やはりS医院は、いつも通り、風通しがよく、意識の高い風土であり、従来の優しさに加えて、しっかりしたたくましさも加味されてきているようです。

 これから分析に入ります。まとめのレポートを作成し、今月中には完成させなければなりません。頑張らなくっちゃ!

今日から本格的に風土診断分析

 今日から、S医院の風土診断分析に入ります。本来であれば、もうレポートを上げていなければならなかったのですが、先月からの猛烈な忙しさに押されて、期限を延期していただけるようにお客さまにお願いしていた懸案の仕事です。Sさん、本当にありがとうございました。

 再延長の期日は、今月末までです。おおよそ1週間程度、このレポートにかかりきりになるかもしれません。頑張って、良い作品を完成させたいと思います!