月別アーカイブ: 2009年11月

火星から来た隕石に命の痕跡

     「火星からの隕石 微生物の痕跡」  2009年11月28日朝日新聞朝刊

 【ワシントン=勝田敏彦】英紙タイムズ電子版など英メディアは26日、米航空宇宙局(NASA)の研究チームが、火星から地球に飛んできた隕石(いんせき)に微生物が存在した痕跡を見つけた、と報じた。同じチームはかつて「勇み足」とされる発表もしているが、「今回は信頼性の高い証拠だ」としているという。

 チームは、南極で見つかったソフトボールほどの大きさの隕石に含まれる磁鉄鉱の結晶を電子顕微鏡で調べ、結晶構造の約25%は細菌が作り出す化学物質と見なせる構造を見つけたといい、「やはり微生物による構造という考えに戻ることになる」という結論に達したという。

 チームがこの隕石から見つけて1996年に発表した「生命の証拠」は現在は疑問視されているが、タイムズの報道では、NASAが新発見を30日に正式発表するという。そこで示される証拠の信頼性が焦点になりそうだ。

 

 これが本当だったら、地球外に生命が存在することを公式に証明する初めての発表となるのではないでしょうか。今まで、地球以外には命は存在しないといわれてきたので、ある意味で、コペルニクス的な発表となると思います。

 最近、NASAが、月に水があること、しかも結構大量に存在することを公式に発表しましたが、しだいしだいに、今までは否定されてきた宇宙に関することが、肯定される公式発表がなされるようになってきましたね。真実が明らかになってくること、思い込みが修正されていくことは、とても素晴らしいことだと思います。

 個人的には、夜空を見上げた時に空一面に光る星星の中で、こんなに無限とも思える大宇宙の中で、生命が存在しないだとか文明が存在しないと思うことのほうが無理があると思いますね。

 かつては、地球が丸かったと主張した人たちが、地球は平らだと信じ込んでしまった(信じ込ませたかった)人たちから迫害され、殺されたことがありました。科学は進歩し、技術は驚くほど進化した我々は、この世の多くをわかったようなつもりでいますが、実は、わからないことだらけであり、逆にわかったと思っていることでも、単なる思い込み、信じ込みである可能性もかなり大きいのです。かつて地球は平らだったと思いこんだ人達の愚を再現してはいけません。心を柔らかにして、未知な宇宙のいろんな可能性を考えてみることも素敵なことだと思います。

 

短大で就活支援講座を担当しました(20091126)

J短期大学で、就職活動支援講座「就活に役立つコミュニケーション講座」を担当しました。概要は以下の通りです。

【就職に役立つコミュニケーション講座】

<目的>

1.就活におけるグループワーク面接のスキルを高める。

2.就活に必要なコミュニケーションスキルを高める。

 

<内容>

第1講「オリエンテーション」
  ?就職活動とは
  ?就職活動に向けての心構え=自信と誇りの重要性
  ?私のヴィジョン
第2講「コミュニケーションの重要性」
  ?面接とは
  ?コミュニケーションとは
  ?コミュニケーションと創造性

第3講「効果的なコミュニケーション」
  ?グループワーク面接対策とは
  ?効果的なコミュニケーションに必要なこと
第4講「3人寄れば文殊の知恵」
  ?意思決定の実習について
  ?ダイアローグについて

第5講「答えのないコンセンサス」
  ?価値観について
  ?価値観の対話について

第6講「ディスカッションスキル①」
  ?グループディスカッションについて
  ?グループディスカッション演習

第7講「ディスカッションスキル②」
 ?プレゼンテーションについて
 ?グループディスカッション演習

 

 毎週水曜日、4時30分から6時に開催される講座で、全7回、7週間にわたって担当しました。

 本講座は、当校において、初めての試みとなる講座でしたが、温かいキャリアセンターのスタッフの皆さんのご支援と、真剣に本講座に長丁場にわたって受講してくれた素晴らしい学生たちのおかげで、本当に素晴らしい講座として終了することができました。本当にありがとうございました。

 最終講では、「未来に向けて成長する企業の要件」と題して、今後成長するであろう企業に必要な要素についてグループディスカッションをするエクササイズがあったのですが、このグループワークとプレゼンテーションが素晴らしかった!

 回を追うごとにコミュニケーションのスキルを高めてきた学生たちは、最終回には、今までに学んだすべてをいかんなく発揮して、最高の形でチームワークを発揮してくれたと思います。最終セッションは、初回のそれと比べて、発言や言動、自由さや大胆さ、作品のクオリティなど、格段の違いがありました。

 未来に輝く企業の要件として挙げてくれた学生たちの結論は、「エコや国際協調など、現在社会問題化している事柄に真剣に立ち向かおうとする企業が成長する」「顧客だけでなく、社内においてもコミュニケーションを活性化し、人を大切にする企業が成長する」。こうした結論は、企業経営者がまさに今学ぶべき重要なポイントだと思います。学生たちを先生にして、企業の役員や経営者は、謙虚に耳を傾けて学んだほうがいいですね!

 7回にわたって共に学んだ学生たちは、元気で明るく、正直で若い情熱に溢れています。こんなに素敵な子たちがこれから厳しい就職活動という戦場に立ち向かわざるを得ないのだと思うとかわいそうになりますが、こればっかりは致し方がありません。ちなみに、来年の3月には、全1年生を対象に、自己PRと志望動機の書き方の講座を担当する予定です。戦場でボロボロにされないように、始終有利に戦いを進められるように何とかバックアップしてあげたいと思います。

 悲しいけれども、人は、痛みから大きく成長できるもの。当面は、とてつもない試練と直面することになると思いますが、一生懸命に頑張れば必ず道は開けるもの。私も応援しますから、ともに頑張りましょう!

5秒に1人の子供が餓死している

2009.11.17 CNNwebより引用

 

餓死する子供、5秒に1人 食糧の不均衡分配が原因と

 世界では現在、多くの子供たちが飢餓状態にあり5秒に1人が餓死していると、潘基文(バン・キムン)国連事務総長が16日、同日開幕した世界食糧安全保障サミットで明らかにした。

 国連食糧農業機関(FAO)が主催する同サミットには、全世界の60カ国・地域から首脳が集まり、3日間の会期で世界の食糧問題を討議する。

 潘事務総長によると、世界で餓えに苦しむ人々は10億人以上に達し、子供の死者は年間6000万人。1日あたり1万7000人が死亡しており、5秒に1人の割合で餓死しているという。

 事務総長は2050年には世界の人口が91億人に増加すると予測されていると指摘。食糧の不均衡な分配が続けば、さらに餓えに苦しむ人々がさらに増えると懸念を表明した。

 また、地球温暖化の影響でヒマラヤ山脈の氷河がとければ、農作物の収穫量が減り、中国だけで3億人分の食糧に影響、アジア全体では10億人が食糧難になるとしている。

 人口の増加と急速な温暖化の面から、食糧問題は緊急の課題だとして、問題解決に向けた対策を話し合う。

 

 「世界で餓えに苦しむ人々は10億人以上に達し、子供の死者は年間6000万人。1日あたり1万7000人が死亡しており、5秒に1人の割合で餓死している」

 なんとも恐ろしい数字です。今こうしている真っ最中にも、飢えで苦しみながら子供たちが死んでいっていることになります。

 いったいなぜ、こんな悲劇が起こっているのか?よく思い浮かぶことは、「人口が多すぎるから」「不毛の土地にすんでしまっているから」「生産性が低いから」などの理由ですが、これらの理由は、単なる思い込みであって、本当の原因ではありません。地球の生産性は想像以上に大きく、世界の食料供給の総量は、今でも、地球の全人口を養うに十分な量が確保できているのです。餓死が起こる原因は、人口の多さや地球の生産性の問題ではなく、ひとえに分かち合うことができないシステムにあるのです。

 たとえば、餓死が起こっている地域は、不毛どころか農業地域であることのほうが多いのです。農業従事者であれば、作物がふんだんにあるので、それを食べれば餓死するはずがないのですが、現実にはたくさん悲劇が起こっている。なぜかと言えば、せっかく作った作物を自分たちで食べることができずに、輸出に回さざるを得ない現状にあるからです。現代農業は、絶対にお金が必要な仕組みになっています。種苗会社や肥料会社などが、毎年お金をかけなければ絶対に作物を作れない仕組みを作っているからです。もちろん、100年前は、今年実った作物の種を植えれば来年の収穫も保障されたし、肥料もそれほど特殊なものは必要なく自然に作物が実るので、お金をかけずに農業を営めたのですが、営利企業が、種に処理を施して、単年しか実らない種を開発し、毎年種を買わなければならない仕組みを作ったので、昨年実った種を今年植えてももはや作物は実りません。新たに種を買わなければならないのです。また、品種改良と称して、特殊な肥料や農薬を使わなければ絶対に育たない品種しか販売していないので、種だけではなく肥料や農薬など膨大なコストがかかってくるのです。ですから、来年も農業を営むためには、どうしてもお金が必要であり、餓死する人を犠牲にしてまでも、作物を輸出に回さざるを得ないのです。

 そうして輸出に回された作物は、動物の飼料として使われたり、加工食品に使われますが、その膨大な量が毎日廃棄されていきます。ちなみに日本における2002年の食糧総廃棄量は、約二千三百万トンであり、世界の食糧援助の総量を上回っているのです。

 知らないとはいえ、私たちはとんでもない悪魔のシステムを構築してしまっています。このような仕組みは、何とかして変えていかなければなりません。そのためには、もっとこの飢餓の問題に関心を持つことが必要なのではないかと思います。私たちはどこかで、こうした飢餓問題は必要悪であり、弱い人たちが犠牲になるのは仕方がないという意識があるのではないでしょうか。だから、5秒に一人の子供たちが餓死しても普通でいられるのだと思います。もし、「豚インフルエンザで5秒に一人が死んでいる」となったら、私たちも普通ではいられないでしょう。大パニックが起こるはずです。

 5秒に一人の子供が餓死する必要悪などありません。そんなことが当たり前であるわけがないのです。そんな犠牲は必要ないし、たった今でもその問題を解決しようと思えばできるのですから。

 この問題、これからも注目していきたいと思います。

新しい時代の問題解決方法

 2009年 11月21日NHKの追跡!A to Zにおいて、「 なぜ増える?”ゴミ屋敷”トラブル」と題して、ごみ屋敷の問題を取り上げていましたが、その中のごみ問題に対する問題解決の方法としてユニークな事例が報道されていましたので、こちらで紹介します。

 事例は、豊中市のソーシャルワーカー勝部麗子の試みであり、勝部さんは、今まで50件以上のごみ屋敷問題を解決してきたとのことです。

 勝部さんによると、ごみ屋敷問題は、単に問題を起こしている人を説得してごみをかたずけるだけでは本質的な問題解決にはならないと考え、ごみ問題を起こしている人の元気と社会的な絆の回復を伴う必要があると活動を展開されています。

 番組の最中に紹介された問題解決の方針は、以下の2つがあります。

1.人任せの苦情は受け付けない

2.節度あるおせっかい

 

 私が特に感心したのは、1の人任せの苦情は受け付けないという方針です。この方針の背景には、「問題は、問題を起こしている本人だけにあるのではなく、地域全体の問題でもある。」という考え方があるとのことで、「問題を解決するためには、本人に変わってもらうだけではなく、地域全体が変わる必要がある。」という方向性を持っているとのことです。

 私たちは、ややもすると、問題が起これば、その問題を自分とは切り離し、分析し、取り除いたり交換したりして解決を図ろうとしますが、勝部さんの方針は、そうではなく、問題が起これば、自分もその問題の一部であり、自分も含めて解決に向けて変わっていく必要があると考えるのです。

 人と人との関係性が薄まってしまった現代社会では、他人に対して基本的に温かい関心を持つことは少なくなりましたね。ましてや、「隣がごみ屋敷」のような境遇に置かれたら、その迷惑は計りしれませんので、どうしても問題を起こしている人を「困りもの」「敵」「加害者」「悪」として裁き、非難攻撃する立場になってしまいます。その心境はよくわかりますし、私もそうするだろうと思いますが、ごみ屋敷問題を起こす人たちの心理状態に共通してあるものは「寂しさ」であり、近所の敵意や攻撃は、こうした寂しさを助長してますます問題を深みにはめてしまうという悪循環につながってしまいます。

 勝部さんは、問題を起こしている人を非難したり叱ったりするのではなく、味方になって応援したいという意向を言い続け、信頼関係をはぐくむというアプローチをとります。 そして、ごみ捨てに合意してもらったとしても、一気に解決するのではなく、一部屋一部屋期間をおいてゆっくりと解決していくそうです。そのプロセスの中で、絆をはぐくみ、問題を起こしている人の社会復帰を促し、元気の回復を応援していくのです。

 本当に意識の高い愛のある問題解決方法だと私は思います。なかなか出来ることではありません。その活動に本当に頭が下がります。

 こうした活動を通して解決できたごみ屋敷は、それ以降は、ごみ屋敷化することはないとのことです。厄介な問題、時には、自分に火の粉が降りかかる困った隣人を、敵視して排除しようとするのではなく、自分も含めた全体として問題をとらえ、ともに成長を計る。厄介者を悪として裁き、正義の立場から戦うのではなく、ともに問題解決を計る仲間としてとらえ、高い意識と愛を持って解決に当たる。まさに21世紀的な問題解決の方法なのだろうと思います。私自身とても勉強をさせていただいたなぁと思いました。できるかどうかは別として、そのような方向性がきっとより建設的で効果的な方法なのだろうという理解のもとで、一つの大切な目標としたいと思います。

就職内定率62.5%!

 来春卒業予定の大学生の就職内定率(10月1日現在)は62.5%で、前年同期より7.4ポイント下回ることが18日、文部科学、厚生労働両省のまとめで分かった。下げ幅は、調査を始めた96年以降最大で、内定率も03年の60.2%、04年の61.3%に次いで3番目の低さとなっている。

 下げ幅が00年前後の「就職氷河期」より大きいことから、昨秋からの急激な不況による就職状況の悪化が、改めて浮き彫りになった形だ。

 調査は全国の国公私立大62校を抽出し、就職希望者に占める内定者の割合を調べた。男子は前年より5.4ポイント減の64.4%、女子は8.5ポイント減の61.6%だった。文系は61.2%(前年同期比9.2ポイント減)、理系は68.5%(同0.4ポイント増)と、女子と文系の学生の悪化が目立った。私立は59.6%(同9.4ポイント減)で、国公立の71.3%(同1.9ポイント減)との差が開いた。特に厳しいのが私立の女子学生の57.3%で、下げ幅は11.7ポイントと過去最大となった。

                                  朝日新聞 11月19日朝刊

 

 大学生の内定率が発表されましたが、下げ幅は最大で、就職氷河期並みの62.5%という低い数字になりました。内定率とは、分母が、全卒業生ではなく、卒業生の中の就職希望者の数なので、あまりの厳しさに就職をあきらめて他の道を選ばざるを得なかった学生も含めると、ほぼ50%程度ではないかと思います。2人に一人が就職できないとは、本当に深刻な事態です。

 卒業が迫りつつある状況で、一生懸命に就職活動をしても、どこにも内定を取れず、絶望の中にありながらも活動を続けざるを得ない学生たちの気持ちを考えると、胸が痛くなります。大変な困難に直面している若者たちには、やはり助けが必要だと私は思いますね。この苦境を一人で乗り切れというのは酷というものでしょう。政府も、就活対策施策を検討しているようですが、ぜひ早めに対応してあげて、絶対に見捨てないようにしてあげてほしいと切に思います。

 現在就活中の4年生たちは、本当に不運としか言いようがありません。嵐に翻弄される小舟のようです。しかし、苦あれば楽ありで、一生苦しいわけではありません。苦しみが大きければ大きいほど、のちにやってくる喜びは大きくなるものですよ。また、人間は、悲しいけれども、痛みから大きく成長できるもの。いまの苦しみは、決して意味のないものではなく、皆さんの今後の人生の大きな糧となると思います。人生は、何とかなるものですよ。自分の人生の力強さを信じて、自分の幸せを実現するのだという信念を大切にして、できることをしっかりとぜひ頑張ってください。何もできませんが、心から応援しています!

成果主義の功罪

 会社は、運命共同体です。私は家族だとさえ思っています。実際、伊那食品工業の社員たちは、自ら「伊那食ファミリー」と言っています。弟が力持ちでよく働けるからと言って、お父さんやお兄さんのごはんを減らして、弟に食べさせるでしょうか。弟さんにしたって、そんなことは嬉しくないはずです。家族それぞれが自分のできることを精いっぱいやって、共同で責任を持ち、ご褒美も家族みんなで分かち合うことのほうが、幸せではないでしょうか。

                 リストラなしの年輪経営(光文社) 塚越寛著 より引用

就職活動のためのコミュニケーション・グループワーク講座を担当しました

J大学の特別講座、「就職活動のためのコミュニケーション・グループワーク講座」を担当しました。概要は以下の通りです。

【就職活動のためのコミュニケーション・グループワーク講座】

<目的>

1.就活におけるグループワーク面接のスキルを高める。

2.就活に必要なコミュニケーションスキルを高める。

 

<内容>

1講目「コミュニケーションの重要性」
 ①面接突破法
 ②就活におけるコミュニケーションの重要性
 ③ コミュニケーションと創造性

2講目「コミュニケーションの改善ポイント」
 ①グループワーク面接の傾向と対策
 ②コミュニケーションをより自分らしく改善するために必要なこと

3講目「3人寄れば文殊の知恵」
 ①意思決定の実習について
 ②質の高いコミュニケーションのあり方

4講目「価値観の対話」
 ①価値観について
 ②価値観の対話をする上での留意点
 ③受け入れることの重要性

5講目「ディスカッションスキル」
 ①グループディスカッションによる面接の傾向と対策
 ②グループディスカッション演習 

 

 毎週火曜日、4時から6時に開催される講座で、全5回、5週間にわたって開催されたわけですが、その最終講が、昨日無事に終了いたしました。

 就活をめぐる環境は、今年から、驚くほど厳しい状況に突入しています。11月13日に発表された高校生の内定率は、36・1%と、記録の残る限り95年以降最大の落ち込み幅とのことです。

 そんな厳しい現状を背景に、学生たちも真剣であり、講座も、回を増すごとに参加人数が増えてきました。また、まなざしも、真剣そのものです。

 J大の学生は、思いやりを持ったやさしい学生が多く、また一本筋が通ったしっかりしたたくましさも兼ね備えています。企業の中では、きっと、良きチームメンバーの一人として、明るく元気な雰囲気の源となり、問題に対してもぶれずに粘り強く当たっていくことだと思います。こうした素晴らしい側面を就活の場でいかんなく発揮して、本当に良いご縁にめぐり逢えたらと心から願っております。

 これから、人生における最大の試練に立ち向かおうとしている彼女たちに、その本当に幸せな生き方を力強く生きるために、何とか応援し背中を後押ししたいと思っています。頑張れ、J大生!

信頼による教育

(能力も態度も絶望視されている教室の生徒たちと、真剣に向き合い、信頼関係をはぐくみ、生徒の力強い生き方を後押しすることができた1教師の成功事例を受けて)

むろん、現場で教師をされている方々の中には「それはきわめて幸運な例に過ぎない。実際はそんなに上手く行くことなど滅多にあるものではない。」と思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし、ここで気が付いていただきたい点は、このような意見が出てくること自体、その人の心の中に、生徒に対するぬぐい去れない不信感があることを示しており、教育に対する否定的な固定観念にとらわれているという状況があるわけです。

教師がこのような迷った心の状態で生徒に接している限り、その人の信じていることが現象化され続け、生徒を犠牲にするだけで真の教育など決して成されないことを肝に銘じておいていただきたいと思います。教師が観るべきものは、いかなる表現をする生徒の中にも必ず存在している神性であり、その働きに対する全面的な信頼なのです。

 

黎明 下巻 葦原瑞穂著 より引用

N社でコミュニケーションとリーダーシップ研修を担当しました(200911)

大阪のN社で、コミュニケーション研修とリーダーシップ研修を担当しました。それぞれの概要は以下の通りです。

 

コミュニケーション研修

<ねらい>「コミュニケーションを学び、チーム力を高める。」

 ①コミュニケーションスキルの基盤となる自尊心の重要性を学ぶ。

 ②対話力を磨く

 

<概要>

 ①自尊心の重要性

  ・古来から伝わる自尊心の重要性

  ・自尊心と傲慢さの違い

  ・自尊心と傲慢さの生み出す人生の違い

  ・健全な自尊心のはぐくみ方

②対話力を磨く

  ・実習「脱出!探検隊」

  ・3人寄れば文殊の知恵

 

【リーダーシップ研修】

<ねらい>「自分らしく輝く力強いリーダーとなるために。」

 ①チーム力を引き出すためのポイントを学ぶ。

 ②信頼関係をはぐくむためのポイントを学ぶ。

 

<概要>

①チーム力を引き出す

  ・実習「ひょうたん山」

  ・チーム力を引き出すためのポイント

②信頼関係をはぐくむ

  ・実習「風の卵の物語」

  ・褒めることの重要性

 

 N社における研修は、今年で4年目となります。こんなに長くお付き合いいただけますこと、大変光栄に思っております。

 N社は、経営トップ自らが、人を大切にすること、人間性をはぐくむことの重要性を訴え、地道にコミュニケーションを改善し良い会社を育てることの情熱を燃やしていらっしゃいます。経営陣初めスタッフの皆さんや社員の皆さんは、私の尊敬する大好きな素晴らしい方々ばかりです。

 ちなみに、N社は、現在の社屋の隣に新社屋を建設中で、来年の5月には、社屋が現在の2倍となります。社員も積極的に採用し、中期的には、現在の1.5倍程度まで増やす予定です。この不景気の時代に、このような成長路線を歩まれていること、本当に立派なことだと思います。私は、ひとえに、こうした経営陣の姿勢と会社の温かい人間的な企業文化がもたらしたものと感じております。

 帰り際、「来年は、もっと大きな会場で研修ができます。」とおっしゃっていただけて、大変光栄でうれしく、わくわくする思いでした。来年に向けて、私もスキルアップを図り、プログラムを磨いて、また伺おうと思っています。本当にありがとうございました!